2021年09月17日

【愛媛県美術館】特別公開「忽那家文書」の世界―よみがえる中世瀬戸内海の武士団―

愛媛県美術館では、当館に寄託されている国指定重要文化財「忽那家文書くつなけもんじょ」の特別公開を行います。

1 テーマ
特別公開 「忽那家文書」の世界―よみがえる中世瀬戸内海の武士団―

2 公開期間
令和3年9月11日(土)〜10月17日(日)
毎週月曜日休館、ただし10月4日(月)は開館、5日(火)休館

3 会場
愛媛県美術館新館1階 企画展示室1(観覧無料)

4 内容
「忽那家文書」は、忽那諸島(現松山市中島町)を本拠とする忽那家に伝来した鎌倉時代から戦国時代にかけての中世の武家文書です。平成21年、9巻113通が国の重要文化財に指定され、令和元年に当館に寄託されました。
忽那氏は鎌倉時代から確実な史料に登場し、鎌倉時代末期には後醍醐天皇側に属して奮戦しました。南北朝時代には忽那義範が海上ネットワークを駆使して南朝側を助け瀬戸内海を縦横に活躍しました。今回の企画では、忽那氏や、忽那氏をめぐる諸勢力の動向を示す古文書約60点を一般公開します。
これまで「忽那家文書」は、研究者や学生等を対象に限定的に閲覧に供されてきたほか、松山市中島町でごく一部が公開されたことはありましたが、このように大規模に一般公開するのは初めてのことです。
本特別公開により、中世の瀬戸内海に躍動した忽那氏の足跡を辿るとともに、鎌倉幕府や後醍醐天皇をはじめ、様々な勢力から忽那家のもとに送られた中世の代表的な古文書の姿かたちをお楽しみいただければ幸いです。

【忽那家文書】
忽那家文書特別公開プレス030909_ページ_2_画像_0001
後醍醐天皇綸旨 建武元年(1334)12月20日
後醍醐天皇が、忽那氏の当主忽那重清に対し、忽那島(現松山市中島)の所領を保証したもの。天皇の意思を伝える綸旨(りんじ)は、「宿紙(しゅくし)」と呼ばれる、古い古文書を溶かして漉き返した灰色の紙が使われている。

忽那家文書特別公開プレス030909_ページ_2_画像_0002
大蔵大輔某奉書 正平3年(1348)4月1日
南朝方の忽那義範が、北朝方の拠点となっていた讃岐国塩飽島(現香川県丸亀市)の城郭を陥落させたことを賞賛したもの。12.9cm×14.8cmの大変小さなサイズで、秘密性の高い軍事関係等のやりとりに用いられた。

■会場名  愛媛県美術館
■会場場所 愛媛県松山市堀之内
■TEL   089-932-0010
■URL   https://www.ehime-art.jp/
■開館時間 9:40〜18:00(入室は17:30まで)
■休館日
毎週月曜日(祝日及び振替休日にあたる場合は、その翌日。ただし、第1月曜日は開館、翌火曜日休館)及び12月29日〜1月3日

2021年09月13日

【愛媛県美術館】企画展「生誕200年 三輪田米山展―天真自在の書―」の開催について

愛媛県美術館では、令和3年10月2日(土)より11月30日(火)まで、幕末明治期に活動し、独自の奔放な書で名をはせた松山出身の三輪田米山(1821-1908)の大回顧展を開催します。

米山_チラシs-1

※画像をクリックするとPDFが開きます。

展覧会
1 展覧会名
生誕200年 三輪田米山展―天真自在の書―

2 内容
三輪田米山(みわだ・べいざん/1821〜1908)は、伊予松山の日尾八幡神社の長男に生まれ、その生涯を当地で神官として過ごしました。神職のかたわら、和漢のあらゆる学問を修め、書を書き、歌を詠み、そして酒を愛した人でした。書においては王羲之(おうぎし)を理想にかかげて独自の書風を確立しましたが、特に酔余の書は生前から伊予一円に高い評判を呼びました。何物にも捉われない天真自在のその書は、「近代書の先駆」として今なお独自の輝きを放ちます。
本展は、米山生誕200年という大きな節目に、その唯一無二の作品を一堂に紹介するものです。今日の米山評価を決定的なものとした大阪の実業家・山本發次郎(1887〜1951)の収集品(大阪中之島美術館所蔵)が31年ぶりに松山にまとまって里帰りするのをはじめ、県内外に伝わる代表作の数々、神名石(しんめいせき)・注連石(しめいし)の拓本、幟などを通して、米山芸術の尽きない魅力に触れていただく機会となれば幸いです。

3 会期
令和3年(2021)10月2日(土)〜11月30日(火)
・休館日 月曜日 ただし、10/4(月)、11/1(月)は開館し、10/5(火)、11/2(火)は休館。
・開館時間 9:40〜18:00(入場は17:30まで)
・会期中、一部作品の展示替えがあります。

4 会場
愛媛県美術館本館2階[常設展示室1・2]

5 主催
愛媛県美術館

6 共催
愛媛新聞社

7 特別協力
大阪中之島美術館、日尾八幡神社、三輪田米山顕彰会

8 企画協力
服部一啓(福岡教育大学教授)

9 協賛
大一ガス株式会社

10 後援
松山市、松山市教育委員会、愛媛県神社庁、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、朝日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、産経新聞社、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛、えひめリビング新聞社

11 助成
芸術文化振興基金、(公財)花王芸術・科学財団

12 観覧料
一般1,000円(前売・団体800円)
高齢者900円
高大生500円(団体300円)

※高齢者は、満65歳以上とする。
※中学生以下、及び障がい者手帳等の所持者とその介護者は、無料で入場できる。
※団体は20名以上。
※第70回秋季県展の観覧券提示により、団体料金で当日入場できる。

13 前売券販売所
愛媛県美術館(本館ミュージアムショップ、南館ふれあいアートセンター)、愛媛県歴史文化博物館ミュージアムショップ、愛媛県総合科学博物館ミュージアムショップ、三輪田米山顕彰会事務局(取り寄せ)
※販売期間9/2〜10/1


企画展講座

1 記念シンポジウム
日時:10月3日(日)14:00〜15:30
場所:本館(新館)1F 講堂
パネリスト:県内外の米山研究者・関係者を予定。
定員:60名
※参加無料。要申込。詳細は9月上旬頃、美術館ホームページ等でお知らせします。

2 連続講座「米山の書は、どう見れば面白い?」
日時:11月6日(土)、20日(土)各日14:00〜15:00
場所:本館(新館)2F 研修室
講師:長井 健(当館専門学芸員・担当係長)
定員:20名
※参加無料。申込不要。

3 親子ワークショップ「大きな紙に大きな字を書こう」
材料を用意しておきます。自由に書いてみましょう。
日時:・白に黒Ver.10月3日(日)、17日(日)、31日(日)
   ・黒に白Ver.10月10日(日)、24日(日)
   10:30〜11:30 14:00〜15:00
場所:南館アトリエ2
定員:各2組(一般の方1名からでもご参加いただけます。)
材料費:400円程度
※要申込。

4 対話型鑑賞プログラム
日時:10月10日(日)、24日(日)、11月7日(日)、21日(日)
   各日11:00〜11:30
場所:本館(新館)2階 研修室
ナビゲイター:当館作品ガイドボランティア
定員:20名
※参加無料。申込不要。

◎1、3は当館電話・FAX・HP(お問合せフォーム)からお申込ください。
◎新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。また、やむを得ず、展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。


連携事業

◎「米山生誕二百年記念シンポジウム」
 愛媛大学南加記念ホール 10月23日(土)
 問い合わせ先:愛媛大学地域連携推進室(089-927-8512)

◎「三輪田米山×小池邦夫in坂の上の雲ミュージアム」
 松山市坂の上の雲ミュージアム 9月28日(火)〜11月28日(日)
 問い合わせ先:三輪田米山生誕二百年記念事業実行委員会事務局
 (特別展担当:坂の上の雲ミュージアム089-915-2601)
 ※最新の開催状況は、各所へお問い合わせください。


01

《福禄寿》
明治40年(1897)愛媛県美術館蔵


02

《忠孝》
松山市立久米小学校蔵


03

《仁義》
町立久万美術館蔵


04

《三十六歌仙絵馬》のうち「山邊赤人」
東温市・徳威三嶋宮蔵


05

《無為》
大阪中之島美術館蔵
展示期間:10/2-24


06

《頤光山林》
大阪中之島美術館蔵
展示期間:10/2-24


07

《和歌(大王は…)》
大阪中之島美術館蔵
展示期間:10/2-24


08

《六曲屏風(履素、無違…)》
宇和島市・多賀神社蔵


■会場名  愛媛県美術館
■会場場所 愛媛県松山市堀之内
■TEL   089-932-0010
■URL   https://www.ehime-art.jp/
■開館時間 9:40〜18:00(入室は17:30まで)
■休館日
毎週月曜日(祝日及び振替休日にあたる場合は、その翌日。ただし、第1月曜日は開館、翌火曜日休館)及び12月29日〜1月3日

2021年09月07日

【徳島県立近代美術館】2021年10月展覧会・アートイベント情報

【展覧会情報(1)】

◇イベント名
所蔵作品展 徳島のコレクション 2021年度第2期(後半)

わたしと鳥と音楽と(8)_S

山下菊二《わたしと鳥と音楽と (8)病気のふくろうと御詠歌》
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

・特集「山下菊二の手法 イメージを誘発する」
・20世紀の人間像
・現代版画
  ハンガ入門:歌う (9月7日[火]–10月3日[日])
  ハンガ入門:重ねる(10月5日[火]–10月31日[日])
  ハンガ入門:写す (11月2日[火]–12月5日[日])
・徳島ゆかりの美術

◇会期
9月14日(火)〜12月5日(日)

◇内容
山下菊二は、戦争や差別など人権の問題を告発する作品を発表し、戦後日本美術を代表する画家の一人と目されます。
作品を特徴づけるのは、シュルレアリスムに根ざした表現の手法と、画面に取り込まれた迷信や伝説など日本の土俗的イメージです。
山下はどのように作品を発想し、形にしていったのか、制作の背景を探ります。

◇料金
→※所蔵作品展 料金

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008922.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(2)】

◇イベント名
特別展「子どものころ」

金田実生_彼の清らかな意思_S

金田実生〈彼の清らかな意思〉2003年、徳島県立近代美術館蔵
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

唐仁原希_過ぎ去りし日の思い出_SS

唐仁原希〈過ぎ去りし日の思い出〉2017年、徳島県立近代美術館蔵
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

◇会期
10月9日(土)〜11月28日(日)

◇内容
美術作品に表された子どもたちは、未体験のことだらけのこの世界でそれぞれが驚き、悩み、考えを深めています。それは現実の子どもたちも同じではないでしょうか。
この展覧会では、作品の中の子どもたちの姿を通して、今を生きる子どもたちの「子ども時代」をより幸せにするために私たちにできることは何か、問いかけます。

◇料金
一般 800円[640円]
高・大生 600円[480円]
小・中生400円[320円]
○[ ]内は20名以上の団体料金
○身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
○未就学児は無料です。
○小・中・高生は土・日・祝日・振替休日の観覧料が無料になります。
○65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が半額になります。
○当展の観覧券で所蔵作品展もご覧いただけます。

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008903.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【所蔵作品展 料金】
観覧券が必要
一般   :200(160)円
高・大学生:100(80)円
小・中学生:50(40)円

◆( )内は20名以上の団体料金
◆65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が無料になります。
◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
◆小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の春・夏・秋・冬休み期間の観覧料が無料になります。
◆大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名  徳島県立近代美術館 
■会場住所 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    https://art.bunmori.tokushima.jp
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日
     (月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌平日)


阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)