2008年03月

2008年03月26日

愛媛県総合科学博物館イベント情報

■催し物:天体写真展 「星空への招待」

愛媛総合科学博物館080111

■時期:平成20年3月29日(土)〜5月25日(日)
■観覧料:無料
■内容:星座、星雲・星団、彗星、オーロラなどの天体写真約100点と天体望遠鏡・大型双眼鏡などの観測機材を展示するとともに、博物館友の会「天文クラブ」の活動の様子を写真で紹介します。


■イベント:GWイベント

 屬錣わくミュージアム」

スライムポンポン船

ドラム缶つぶし


■日 時:平成20年5月3日(土)〜5月5日(月)10:00〜16:30(予定)
■場 所:エントランスホールほか
■参加費:無料
■内 容:誰でも無料で自由に参加できる科学工作や科学実験を行います。
(予定内容)スライムづくり、ポンポン船づくり、大気圧実験など


太陽をみよう (天体写真展「星空への招待」の関連事業)

■日 時:平成20年5月3日(土)〜5月5日(月)10:00〜15:00(予定)
■場 所:屋上展示場
■参加費: 無料、自由参加
■内 容:晴天時に天体望遠鏡で太陽のプロミネンス(紅炎)、黒点の観察などを行います。


イベント:プラネタリウム

春番組『ボクたちの新・竹取物語 月周回衛星かぐや』

愛媛県総合科学博物館080107

■時 期:20年2月2日(土)〜20年6月8日(日)
■観覧料:大人(高校生以上)500円、小中学生250円(団体割引あり)
■投影開始時間:

■投影所要時間:約45分(途中の入退場はできません。)
■内 容:「月」は、私たちにとって、一番身近な天体でありながら、多くの謎を秘めています。現在、月の周りを回って、月の最新データを送り続けている衛星「かぐや」について、ロケット打ち上げから月周回までを紹介し、「かぐや」に搭載された15の目(観測機器)と6つの目的を探っていきます。



■博物館講座講座(5月中応募締め切り)

自然観察会‘嫉格の植物

■開催日:5月25日(日) 9::30〜16:00 ※雨天中止
■内 容:日浦からの登山道をゆっくり歩きながら、ツガザクラやアカモノなど、様々な植物を観察します。往復約6時間歩きます。
■対象者:小学生以上(小学生は保護者が同伴参加のこと、保護者も要申込)
■人 数:25人
■場 所:新居浜市別子山 ※現地集合(日浦登山口〔別子山〕)
■参加費:無料、傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:5月11日


自然観察会⊃∧の観察

■開催日:6月8日(日) 13::30〜16:30 ※雨天、曇天の時は、博物館で講義を行います。
■内 容:博物館周辺を散策しながら、ウツギやノイチゴなどの植物を観察し、名前語源や利用について解説します。
■対象者:小学生以上(小学生は保護者が同伴参加のこと、保護者も要申込)
■人 数:20人
■場 所:博物館周辺
■参加費:無料、傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:5月22日


星空観察会春の星座と土星(博物館友の会共催)

■開催日:5月31日(土) 20:00〜21:30
■内 容:星座の接し方や星について紹介します。惑星や星雲星団を望遠鏡で観察してみよう。
■対象者: 小学生以上(小学生は保護者が同伴参加のこと、保護者も要申込)
■人 数:30人
■場 所:博物館天文台 ※雨天時はプラネタリウムで星空の解説
■参加費:無料、傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:5月15日


科学工作教室/道劼妊船礇譽鵐検でっかい風船ロケットを飛ばそう

■開催日:6月1日(日) 13::00〜15:00
■内 容:風船やビニール袋などの身近な素材を使ったロケットを飛ばしてみよう
■対象者:幼稚園年長〜小学生 (保護者が同伴参加のこと、保護者も要申込)
■人 数:20人
■場 所:博物館科学実験室参加費:100円、傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:5月15日


(申込み方法)
往復ハガキ、ファックスまたは博物館ホームページ「参加する」のフォームから、下記の事項を明記してご応募ください。
ヾ望講座名と開講日
希望者全員の氏名と年齢(児童・生徒は学校名と学年も)
住所と電話番号
な嵜先ファックス番号またはメールアドレス(ファックスまたはインタネット
 でお申込の方のみ)

(問い合わせ・申込み先)
愛媛県総合科学博物館 振興課 企画普及係
郵送:792-0060  新居浜市大生院2133−2
電話:0897−40−4105 FAX:0897−40−4101
ホームページ  http://www.sci-museum.niihama.ehime.jp

【徳島県立近代美術館】2008年4月 展覧会・アートイベント情報

特別展情報1----------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル 特別展  

TOKUSHIMA REDISCOVERY BY FINE ART IWANO MASAHITO
現代アートによる徳島再見


■会期:2月9日[土]-3月23日[日]

 この展覧会は徳島出身の造形作家岩野勝人氏のコンセプトによるものです。
岩野氏が徳島県内各地を訪れ、それぞれの地域で出会った自然や文化、産業をもとに構想を練っていき、その様々な成果を展覧会場でご紹介します。
こうした岩野氏の活動は、現代アートという視点を通じて、徳島の自然や文化、伝統産業を見つめ直す活動でもあります。また、身近なものがアートへと変貌していく活動を通じて、皆さんに現代アートを身近に感じていただける機会となるものです。


■料金:[特別展/一般600(480)円 高大生450(360)円 小中生300(240)円]
※(  )内は前売り及び20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。


■特別展関連イベント情報

●展示解説
3月23日[日] 午後2時-3時 近代美術館展示室3(2階)
講師 吉川神津夫(当館主任学芸員)
※要観覧券/申込不要


特別展情報2----------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル 特別展  

大正ロマン昭和モダン展 -竹久夢二・高畠華宵とその時代-

徳島県立近代美術館0804
竹久夢二/港屋絵草紙店(港屋版 木版画)

■会期 4月26日[土]-6月22日[日]

 大正から昭和初期は、挿絵画家たちが活躍した時代です。少年少女雑誌の挿絵を始め、絵葉書、装丁本などさまざまな大衆アートが、子どもから大人まで、幅広く人々の心をとらえました。大正と昭和という時代の色調を色濃
く帯びたこれらの作品は、現在の私たちの心もとらえて離しません。
展覧会では、一世を風靡した竹久夢二と高畠華宵のふたりを中心に、この
時代に活躍した作家たちの作品をご紹介します。


■料金:[特別展/一般600(480)円 高大生450(360)円 小中生300(240)円]
※(  )内は前売り及び20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。


所蔵作品展情報------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル  所蔵作品展 徳島のコレクション2008-II

■会期:3月22日[土]-6月15日[日]

「徳島のコレクション2008-II」では、会場に3つのコーナーを設け、
様々な視点からコレクションを紹介しています。

【20世紀の人間像】
【徳島ゆかりの美術】
【現代版画】

3月22日[土]-4月20日[日]〈始まりは、パリ 1〉
4月22日[火]-5月18日[日]〈始まりは、パリ 2〉
           

■料金:[所蔵作品展/一般200(160)円 高大生100(80)円 小中生50(40)円]
※(  )内は20名以上の団体料金。
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。
※祝日および振替休日は、所蔵作品展の観覧料無料。


■所蔵作品展関連イベント

●展示解説
4月29日[火・祝] 午後2時-2時45分 近代美術館展示室1・2(2階)
講師 吉原美惠子(当館主任学芸員)
※祝日のため、どなたさまも観覧無料/申込不要


■会場名    徳島県立近代美術館
■会場住所   徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号   088-668-1088
■URL     http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
■開館時間   午前9時30分から午後5時
■休館日    毎週月曜日
          (月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌日)

高畠華宵大正ロマン館 | 華宵のこども絵展

◆(展覧会名):華宵のこども絵展 〜ファンタジー世界のこどもたち〜

船の金1船の金2

◆(会 期):2008年4月5日(土)→6月30日(月)

◆(会 場):高畠華宵大正ロマン館(愛媛県東温市)

◆(休館日):毎週水・木曜日

◆(開館時間):午前10時〜午後5時

◆(入館料):一般(中学生以上) 500円(20名以上の団体は400円)
        小学生 300円/身体障害者手帳をお持ちの方 400円
        「華宵会」会員 無料

◆(主 催):高畠華宵大正ロマン館

◆(共 催):華宵会

◆(協 力):財団法人 日本近代文学館

◆(後 援):愛媛県・東温市教育委員会・愛媛新聞社





◆(会期中のイベント):大人のための読み聞かせ
              〜原画と朗読で楽しむ「しあわせの王子」〜

幸せの王子
 
◆(日 時):4月20日(日)/5月4日(日)/6月1日(日)
        いずれも午後2時〜

◆(内 容):<ミニレクチャー> オスカー・ワイルドについて(当館学芸員)
          <朗読>    「しあわせの王子」ほか (おはなしウーフ)

◆(会 場):高畠華宵大正ロマン館第2展示室

◆(聴講料):無料/但し入館料が必要です。

◆(定 員):各回20名/予約優先



(お問い合せ)          
791-0222愛媛県東温市下林 高畠華宵大正ロマン館
(TEL) 089-964-7077 (FAX) 089-964-7222
(E-mail) museum@kasho.org (URL) http://www.kasho.org

2008年03月07日

ホームページ上でカードラリー参加者説明用VTRの動画配信を開始しました!!

今般、「ミュージアム88カードラリーin四国」の概要について、皆様に少しでも興味を持って頂けるよう、カードラリーの事業内容について解説したVTRをインターネット上で閲覧できるように動画配信を開始しましたので、お知らせ致します。

配信するVTRは、カードラリーの事業内容について、本事業の主旨、参加申込方法、マスター賞・ポイント賞の内容および応募方法等を6分程度でまとめ、皆様への理解を深めて頂ける様、作成しておりますので、ぜひご覧下さい。

なお、今回配信する動画は、「Windows Media player」でのみ再生可能でありますが、今後、「Quicktime」(Mac用)にも対応する予定です。

動画へのリンクはこちら。

ご意見・ご感想などありましたら、お気軽に右下の「Comments」欄をクリックして、ご投稿くださいますようお願いします。


museum88 at 13:11|PermalinkComments(0)clip!事務局便り 

2008年03月01日

愛媛県総合科学博物館 | 3月イベント

■科学イベント「サイエンス広場」

サイエンス広場チラシ

ポンポン船果物電池昆虫

■時 期:平成20年3月22日(土)、23日(日)10:00〜16:30
■参加料:無料
■内 容:サイエンス広場は、とっても楽しい科学実験や科学工作がいっぱい!空気砲遊びやビリビリ静電気実験、空気で空き缶やドラム缶をつぶす実験を行ったり、昆虫グライダーやブーメランを作ったりするコーナーがずらりと集まります。また、ポンポン船を作って進む速さを競う「ポンポン船競争大会」なども行います。
どなたでも自由に参加体験できます。

■博物館講座講座(3月中応募締め切り)

産業講座θ幡浜の水産業
〜魚市場見学とかまぼこ製造体験〜

(概要)
■開催日:3月20日(木・祝) 8::30〜17:00
■対象者:小学生4年生以上(小学生は保護者が同伴参加のこと、保護者も要申込)
■人数:40人
■場所:八幡浜市 ※博物館からバスで移動します。
■参加費:〔大人〕1,000円、〔中学生以下〕800円 傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:3月5日

科学実験教室
いいにおい!すてきなオリジナル芳香剤をつくろう!

芳香剤

(概要)
■開催日:3月30日(日) 13:30〜15:30
■対象者: 小学3年生〜中学生
■人数:20人
■場所:博物館科学実験室
■参加費:材料費500円、傷害保険料1人あたり50円
■応募締切:3月16日

(申込み方法)
往復ハガキ、ファックスまたは博物館ホームページ「参加する」のフォームから、下記の事項を明記してご応募ください。
ヾ望講座名と開講日
希望者全員の氏名と年齢(児童・生徒は学校名と学年も)
住所と電話番号
な嵜先ファックス番号またはメールアドレス(ファックスまたはインタネット
 でお申込の方のみ)

(問い合わせ・申込み先)
愛媛県総合科学博物館 振興課 企画普及係
郵送:792-0060  新居浜市大生院2133−2
電話:0897−40−4105 FAX:0897−40−4101
ホームページ  http://www.sci-museum.niihama.ehime.jp

企画展「第2回 愛媛の現代工芸作家展」 | ミウラート・ヴィレッジ

■企画展「第2回 愛媛の現代工芸作家展」開催要項

1.趣旨 
昨年、第46回日本現代工芸美術展の開催をきっかけとして、愛媛の現代工芸作家12人展を開催させていただきました。作家の皆様から、この展示会を通じて愛媛の工芸美術に関わる作家の作品発表、展示の場として、毎年これがあって欲しいとの強いご希望が寄せられました。日々精進されている作家の皆様のご努力の成果は、確かに毎年拝見してこそ理解できるものと思います。
またその際、来館され、ご覧頂いた皆様からも、それに近いご要望をいただきました。愛媛の現代工芸作品の展示の場として、当美術館が双方から認めていただけたものと理解し、可能な限りご期待にお応え致したいと考えます。この展示会が、愛媛の現代工芸の発展に、少しでもお役に立つことが出来れば幸いです。
                                             
2.会期:2008年3月1日(土)〜4月6日(日)
休館日:月・火曜日
時間:午前9時30分〜午後5時まで(入館は午後4時45分まで)   
          
3.会場:ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)(松山市堀江町1165-1)  

4.主催:ミウラート・ヴィレッジ      

5.後援(予定):愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、愛媛新聞社、NHK 松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛

6.観覧料:一般500円、学生400円、未就学児無料

7.関連イベント 
陳列作品の解説会
  会期中の土・日曜日、午後1:30〜2:30まで作家による作品解説を行います。
  ※事前申込不要。入場料のみでご参加いただけます。

8.連絡先   三浦工業株式会社
  ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)
館長 白石省三 副館長 本浄嘉章 担当 学芸課 米屋、山本
 〒799-2651 愛媛県松山市堀江町1165-1
Tel.089-978-6838 Fax.089-978-0323
 E-mail fvbm2360@mb.infoweb.ne.jp

9.出展作家(順不同)
  岡田 威、永田公道、山田雅之、池田富士夫、山田公夫、 山田ひろみ
和田 毅、芥川正明、篠原大典、杉浦史典、永廣武都子、赤松絵里
曽我部千鶴子、滝本 修

ミュージアム88カードラリーin四国での詳細情報はこちら。                  


【徳島県立近代美術館】2008年3月 展覧会・アートイベント情報

特別展情報----------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル 特別展

TOKUSHIMA REDISCOVERY BY FINE ART IWANO MASAHITO 現代アートによる徳島再見


■会期:2月9日[土]-3月23日[日]
 
  この展覧会は徳島出身の造形作家岩野勝人氏のコンセプトによるものです。
岩野氏が徳島県内各地を訪れ、それぞれの地域で出会った自然や文化、産業
をもとに構想を練っていき、その様々な成果を展覧会場でご紹介します。
こうした岩野氏の活動は、現代アートという視点を通じて、徳島の自然や文化、
伝統産業を見つめ直す活動でもあります。また、身近なものがアートへと変貌していく
活動を通じて、皆さんに現代アートを身近に感じていただける機会となるものです。



■料金:[特別展/一般600(480)円 高大生450(360)円 小中生300(240)円]
 ※(  )内は前売り及び20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。


■特別展関連イベント情報

●展示解説
3月8日[土]、23日[日]  午後2時-3時  近代美術館展示室 3(2階)
 講師 吉川神津夫(当館主任学芸員)
 ※要観覧券/申込不要

●ワークショップ 「くもならべ -2」
3月9日[日]  午後1時-4時  近代美術館ロビー(2階)
講師 岩野勝人(出品作家)
※一般対象(小学生以上)
※申込必要・先着順/定員20名程度
※お申し込み先:メールかお電話にてお願いします。

●とくしま近美 こども鑑賞クラブ 君こそアートの名探偵
「IWANO MASAHITO 現代アートによる徳島再見」展
3月15日[土]   午後2時-2時45分  近代美術館展示室3(2階)
対象 小学生(保護者同伴可)
講師 森芳功(当館専門学芸員)・竹内利夫(当館主任学芸員)・文化推進員
※参加無料/申込不要(保護者は要観覧券)
※受付午後2時まで

所蔵作品展情報1------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル:所蔵作品展 徳島のコレクション2008-I

■会期:12月20日[木]-2008年3月16日[日]

「徳島のコレクション2008-?」では、会場に3つのコーナーを設け、
様々な視点からコレクションを紹介しています。

【20世紀の人間像】
【徳島ゆかりの美術】
【現代版画】

2月19日[火]-3月16日[日]〈一原有徳〉

[所蔵作品展/一般200(160)円 高大生100(80)円 小中生50(40)円]
※(  )内は20名以上の団体料金。
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。
※祝日および振替休日は、所蔵作品展の観覧料無料。

■所蔵作品展関連イベント情報

●展示解説
2月24日[日]  午後2時-3時  近代美術館展示室1・2(2階)
講師 友井伸一(当館専門学芸員)
※要観覧券/申込不要

●美術を楽しむ・わたくし流 音楽物語「アナトール×アトナール」
3月1日[土]  午後2時-2時30分  近代美術館展示室1(2階)
出演 朗読:高島由里、バソン演奏:井村雅音、ピアノ演奏:粟田美佐
※要観覧券/申込不要

●美術館講座「版画家・一原有徳 孤高のヴィジョン」
3月2日[日]  午後2時-3時30分  近代美術館講座室(3階)
講師 竹内利夫(当館主任学芸員)
※参加無料/申込不要

●ボランティア参加型事業 美術館で遊び隊(2)「春だから・からだ色々フェスタ」
3月16日[日]  午後1時-4時  近代美術館展示室1・2(2階)、近代美術館ギャラリー(1階)
主催 徳島県立近代美術館、ボランティアグループ「ビボラボ」
対象 どなたでも(幼児は保護者同伴)
内容 ボランティアグループ「ビボラボ」によるイベント。所蔵作品展会場で、クイズなどを
して、作品を鑑賞し、そのあと、美術館ギャラリーを会場に、巨大らくがき遊びや
テラコッタ(素焼きの陶芸)粘土の体験やきせかえ人形づくりをします。
      
※幼児の保護者の方にはお手伝いいただく場合があります。
※受付場所は近代美術館1階ギャラリー前です。
※受付をされない場合、展覧会場へ入る際に、子ども以外は入場料金が必要です。
※参加は無料です。汚れてもいい服装でお越しください。


■所蔵作品展情報2------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル  所蔵作品展 徳島のコレクション2008-II
■会期       3月22日[土]-6月15日[日]

「徳島のコレクション2008-II」では、会場に3つのコーナーを設け、
様々な視点からコレクションを紹介しています。

【20世紀の人間像】
【徳島ゆかりの美術】
【現代版画】

3月22日[土]-4月20日[日]〈始まりは、パリ1〉

[所蔵作品展/一般200(160)円 高大生100(80)円 小中生50(40)円]
※(  )内は20名以上の団体料金。
※高齢者(65歳以上)・障害者は半額。
※小・中・高生は土・日・祝日・振替休日および春・夏・秋・冬休み中の観覧料無料。
※祝日および振替休日は、所蔵作品展の観覧料無料。


阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)