2013年03月

2013年03月01日

愛媛県総合科学博物館 3月イベント情報

■企画展「磁石と日本人」
201303_01

■日程:2月23日(土)〜4月7日(日)
■場所:企画展示室
■内容:磁石の研究開発では、日本人科学者が大きな貢献をしています。磁石の歴史をひも解き、日本人と歩んできた物理学の発展を紹介します。
■料金:入場無料

■サイエンス工房「磁石で動く!磁性スライムをつくって遊ぼう」
201303_02
■日程:2月23日(土)、3月9日(土) 13時30分〜16時00分
■場所:展示棟3階 科学技術館「サイエンス工房」
■定員:各日 先着50名程度
■内容:磁石を近づけると、まるで生きているかのように動き出して磁石を飲み込んでしまう、不思議な“磁性スライム”を作ります。
■料金:参加無料(ただし、常設展観覧料が必要)

■サイエンス工房「でんぐりでつくる♪かわいいおひなさま」
201303_03
■日程:3月2日(土)、3月3日(日) 13時30分〜16時00分
■場所:展示棟3階 科学技術館「サイエンス工房」
■定員:各日 先着100名程度
■内容:愛媛で生産されている特殊な加工紙「でんぐり」を使って、リボンやスパングルで飾ったり、絵を描いたりして、かわいいおひなさま飾りを作ります。
■料金:参加無料(ただし、常設展観覧料が必要)

■プラネタリウム
■プラネタリウム番組「コズミック・コリジョンズ」
201301_e04
壮大な宇宙のスケールで起こるダイナミックな「衝突(コリジョンズ)」の歴史を、天文シミュレーションが描き出す迫力の映像で体感してください。

■投影スケジュール(1/4〜3/31)
  10:30 12:00 14:00 16:00
平日 団体専用 ハローキティ コズミック・コリジョンズ ダイナソーDX
土日祝日 ハローキティ ダイナソーDX
※3/25〜3/29(春休みの平日)は、土日祝日スケジュールで投影。

■星空ライブ解説「『すいせい』を見よう」
■日程:3月10日(日) 2回目・3回目投影の番組前半(約15分)

■サイエンスショー「すごいぞ!大気圧パワーで大実験」
■日時:1月25日(金)〜4月7日(日)
■場所:展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内容:普段あまり感じることのない空気の力「大気圧」をテーマに、身近な道具を使って様々な実験を行います。
■料金:参加無料(常設展観覧料は必要です)

■開演時刻 ※1回20分程度
  1回目 2回目
平日(金曜のみ) 13:00
土日祝日 13:00 15:00

■博物館講座(3月開講講座)
▼天文教室4 「コズミックカレッジ」ファンダメンタルコース
■日 時:3月3日(日) 13:30〜16:00
■内 容:体験型工作や実験などを行い、宇宙や科学に関する好奇心を高めます。
■対 象:小学3年生〜中学生
■定 員:30名
■場 所:研修室
■参加費:無料
■締 切:2月15日(金)
※共催:JAXA宇宙教育センター

▼産業講座4 博物館所蔵資料から読み解く四阪島煙害問題解決の歴史
■日 時:3月2日(土)、16日(土)、30日(土) 13:30〜14:30
■内 容:博物館が所蔵している曽我部右吉・四阪煙害関連資料を読み解き、四阪島煙害解決までの詳細に迫ります。
■対 象:中学生〜大人
■定 員:各50名
■場 所:研修室
■参加費:無料
※計3回のシリーズ講座です。
※申込み不要・自由参加(座席数には限りがあります)

▼かんたん工作教室
■日 時:1月13日(日) 13:30〜15:30
■内 容:申込不要の手軽な工作教室です。
■場 所:エントランスホール
■参加費:150円程度
※共催:博物館友の会
※講師:友の会科学クラブ

(開館時間)
午前9時〜午後5時30分(展示室への入場は午後5時まで)

(休館日)
月曜日(第1月曜日は開館し、翌火曜日が休館。祝日・振替休日にあたる場合は、直後の平日。)

【3月の休館日】
5日(火)、11日(月)、18日(月)
※春休み期間中は無休



【徳島県立近代美術館】2013年4月 展覧会・アートイベント情報

所蔵作品展情報------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル 所蔵作品展「徳島のコレクション2013-I」
藤川勇造「裸B」
■会期:2月2日[土]-4月7日[日]

近代美術館のコレクションには、3つの収集方針があります。この方針にそって「20世紀の人間像」「徳島ゆかりの美術」 「現代版画」のコーナーを設け、様々な視点からコレクションをご紹介しています。 今年度は3つのコーナーに加え、特集コーナーを設けます。

■特集
人らしきものたち (2月2日[土]−4月7日[日])

■現代版画
●彫刻家の版画II (3月5日[火]−4月7日[日])

■観覧料:一般200(160)円 高大生100(80)円 小中生50(40) 円]
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者及び介助者1名、高齢者(65歳以上) は観覧料が無料
※小・中・高生は土、日、祝日、振替休日
 および春・夏・秋・冬休み期間は観覧料が無料
※祝日および振替休日は観覧料が無料


■展覧会タイトル 所蔵作品展「徳島のコレクション2013-」

■会期:4月13日[土]-9月8日[日]

近代美術館のコレクションには、3つの収集方針があります。この方針にそって「20世紀の人間像」「徳島ゆかりの美術」「現代版画」のコーナーを設け、様々な視点からコレクションをご紹介しています。今年度は3つのコーナーに加え、特集コーナーを設けます。

■特集
新収蔵作品を中心に 4月13日[土]−7月15日 [日])

■現代版画
●アメリカの夢 4月13日[土]−5月26日[日])

■観覧料:一般200(160)円 高大生100(80)円 小中生50(40) 円]
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者及び介助者1名、高齢者(65歳以上) は観覧料が無料
※小・中・高生は土、日、祝日、振替休日
 および春・夏・秋・冬休み期間は観覧料が無料
※祝日および振替休日は観覧料が無料

■所蔵作品展関連イベント情報
●徳島のコレクションツアー
「新収蔵作品を中心に」
4月21日[日] 午後2時−2時45分 展示室1・ 2(2階)
展覧会の観覧券が必要


特別展情報-------------------------------------------------------------------

■展覧会タイトル 特別展「<遊ぶシュルレアリスム」 

■会期 4月27日[土]-6月30日[日]

20世紀前半のフランスにはじまり、現代も幅広い影響力を持つ芸術運動「シュルレアリスム」を紹介します。理論的で前衛的な運動であったために難解な印象を持たれることも多いのですが、シュルレアリストが行った様々な試みは、遊びの要素を含む自由で軽やかなものでもありました。この展覧会では、特にその「遊び」の要素に着目し、エルンスト、ダリ、マグリット、マン・レイなどの作品を通して、シュルレアリスムを楽しみと共に感受できることを目指しています。

■観覧料:一般600(480)円 高大生450(360)円 小中生300(240)円]
※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)は観覧料が半額、障害者
 及び介助者1名は観覧料が無料
※小・中・高生は土、日、祝日、振替休日
 および春・夏・秋・冬休み期間は観覧料が無料


■会場名  徳島県立近代美術館
■会場住所 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日
     (月曜日が祝日または振替休日にあたるときはその翌日)


阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)