2020年08月

2020年08月27日

徳島県立近代美術館2020年10月展覧会情報

新型コロナウィルス感染の拡大防止のお知らせ
状況に応じて営業時間を変更している場合がございます。
今後の状況については、ホームぺージでお知らせいたします。
https://art.tokushima-ec.ed.jp/



【展覧会情報】

◇展覧会タイトル
開園30周年記念「ドイツ 20世紀 アート」-人・対話・みらい-
〜フロイデ! ドイツ・ニーダーザクセン州友好展覧会〜

■会期 2020年10月17日[土]〜2020年12月6日[日]

20世紀のドイツ美術の魅力を、クレー、カンディンスキー、エルンストら巨匠から、ボイス、リヒター、キーファーなど現代作家まで約150点で紹介します。
徳島県は第一次世界大戦下の板東俘虜収容所でのドイツ人捕虜と住民との交流を端緒に、ドイツとの交流の歴史を深めてきました。当時のドイツ人捕虜が制作したイベントプログラムやそれに影響を与えたヨーロッパ美術も展示します。

※所蔵作品展 料金
観覧券が必要 一般1,000(800)円 高・大学生750(600)円 小・中学生500(400)円
○( )内は20名以上の団体料金
○身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
○小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、及び秋期休業日の観覧料が無料になります。
○大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。
○未就学児は無料です。
○当展の観覧券で所蔵作品展もご覧いただけます。



20200526kindai_01


ドイツ展チラシ

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。





20200526kindai_02


ヴァシリー・カンディンスキー〈尖端 1920年、大原美術館蔵〉

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。





20200526kindai_02


クルト・シュヴィッタース
〈メルツ394、ピナコテーク、1922年、広島県立美術館蔵〉

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。





20200526kindai_02


板東俘虜収容所関係資料
〈M.A.Kオーケストラ(弦楽)第30回コンサート、1919年5月11日、鳴門市ドイツ館蔵〉

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。



------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名  徳島県立近代美術館 
■会場住所 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    https://art.tokushima-ec.ed.jp/
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌平日)

愛媛県歴史文化博物館2020年9月〜11月展覧会情報

【特別展】

◇「戦国乱世の伊予と城−国史跡 能島城・湯築城・河後森城の世界−」

■2020年9月19日(土)〜11月23日(月・祝)



rekihaku2020009img-01


「戦国乱世の伊予と城−国史跡 能島城・湯築城・河後森城の世界−」

※画像をクリックすると詳細が見られます。


東予・中予・南予それぞれに所在する国の史跡指定を受けた戦国時代の3城(能島城・湯築城・河後森城)にスポットをあて、歴史資料や考古資料をもとに、三者三様ともいえる城、城主、取り巻く歴史などを紹介します。


rekihaku2020009img-02

紫糸威曲輪(今治市村上海賊ミュージアム蔵)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。




rekihaku2020009img-03


道後湯月城之図(松山大学図書館蔵)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。




rekihaku2020009img-04


河原淵教忠掟書(照源寺蔵・松野町教育委員会保管)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。


料金:特別展観覧料/高校生以上550円 65歳以上、小中学生280円
※団体料金(20名以上)や、常設展とのお得なセット券もあります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

【テーマ展】

◇「戦後75年 伝えたい10代の記憶」

■2020年9月12日(土)〜10月25日(日)

今年の夏で終戦から75年。今回の展示では、中学生や女学生など10代の若者たちを取り上げます。思春期の多感な時代を戦時下に生きた少年・少女たちの学校生活・予科練生活・空襲体験を、当時の日記・日誌・作文・アルバムや聞き取り調査の成果などから紹介し、戦争の悲惨さと平和の尊さを考えます。



rekihaku2020009img-05


空襲で焼け残った松山中学校の明教館
(昭和20年/故山内一郎氏撮影/当館蔵)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。




rekihaku2020009img-06


女学生の日記・日誌(昭和10年代/当館蔵)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。


料金:常設展観覧料/高校生以上520円、65歳以上270円、小中学生無料

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【テーマ展】

◇「伊予市高見I遺跡とその時代−四国最古級の旧石器時代遺跡−」

■2020年9月12日(土)〜10月25日(日)

今年3月21日に開通した松山自動車道中山スマートICの建設にあたっては、2017年1月〜6月に埋蔵文化財の発掘調査が行われました。その結果、四国で最古級に位置づけられ、県内でも最大規模である後期旧石器時代(2.8〜1.8万年前)の遺構・遺物が多数確認されました。このテーマ展では、伊予市高見軌篝2次調査の資料を中心に紹介します。四国に暮らした先人たちの足跡を感じていただければ幸いです。



rekihaku2020009img-07


高見軌篝彌佚收亟錙福文財)愛媛県埋蔵文化財センター提供)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます。


料金:常設展観覧料/高校生以上520円、65歳以上270円、小中学生無料

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名 愛媛県歴史文化博物館
■会場場所 愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
■TEL 0894-62-6222
■URL https://www.i-rekihaku.jp/
■開館時間 9:00〜17:30(展示室への入室は17:00まで)
■9月〜11月の休館日
9月8日(火)、14日(月)、23日(水)、28日(月)、
10月6日(火)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、
11月4日(水)、9日(月)、16日(月)、24日(火)、30日(月)

愛媛県総合科学博物館 10月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容が変更となる場合があります。


◎企画展「小川正孝 アジア人初の新元素発見者」」

企画展・小川正孝01

■日 時  10月10日(土)〜11月29日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  未定
■内 容  愛媛県出身の化学者小川正孝の没後90年を記念して、小川正孝の生涯について博物館資料を元に顕彰する企画展示。小川正孝は1908年、新元素(ニッポニウム)発見を報告したにもかかわらず歴史に名が残らなかった不遇の化学者であった。近年、75番レニウムの先駆的発見者としてその業績が再評価され、アジア人初の新元素発見者として元素関連の研究者には国際的にも知られる化学者となったが、一般にはまだ日本人にすらよく知られていない現状がある。そこで、近年の研究で発見された未公開資料を中心に充実した実物資料群で小川正孝の実像に迫り、小川正孝の業績を広く伝える機会を提供する。

企画展・小川正孝02

■展示内容
コーナー 主な内容
小川正孝
その業績と評価
ニッポニウム(レニウム片)、小川正孝肖像、ニッポニウムとは何か、櫻井賞牌メダル、ニッポニウム掲載周期表など
誕生・松山・東京 幼少期松山時代(小川家戸籍、松山中学成績表)、東京書生時代(東京予備門寄宿舎写真、帝国大学名簿、大学院進学、研究ノート)
研究者への道 静岡と帝大学士教員(静岡県辞令)、小川正孝の家族(家系図)、無給副手(帝大嘱託辞令)、第一高等学校教授(卒業写真)
ニッポニウムの発見 小川正孝を導いた人々、イギリス留学(ラムジの手紙)、ニッポニウムという元素(小川の分析手法)、アジア人の快挙(東京講師辞令)
東北帝国大学 学長そして総長(小川総長の実績)、小川正孝人となり(内藤鳴雪俳画)、ニッポニウムその後(小川記念園)
日本の新元素発見 ニッポニウム研究と評価(人類初の人工元素)、ニッポニウムの再評価(吉原賢二論文)、日本人の新元素発見(仁科芳雄、森田浩介)、小川正孝年表


◎企画展関連イベント
博物館講座 大人のための科学講座
「小川正孝の生涯 企画展講演会」

■日 時  11月7日(土)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(小学生以上の見学可)
■定 員  45名程度
■場 所  第1研修室
■申 込  不要 当日先着順
■料 金  無料

博物館講座 科学実験教室
「元素ハンター教室 科学実験で元素を探そう」

■日 時  [A]11月21日(土)13:30〜15:30
       [B]11月22日(日)13:30〜15:30
■対 象  小学生〜中学生およびその保護者
■定 員  各6組
■場 所  科学実験室
■申 込  11月6日締切
■料 金  300円
■備 考  受講は1回のみです。希望日(AかB)を選んでください

博物館講座 大人のための科学講座
「小川正孝の真実 企画展ギャラリートーク」

■日 時  11月23日(月祝)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(小学生以上の見学可)
■定 員  10名程度
■場 所  企画展示室
■申 込  不要 当日先着順
■料 金  無料

◎ロビー展「森に親しむ博物館」
ロビー展
■日 時  9月26日(土)〜11月8日(日)
■場 所  愛媛県総合科学博物館 展示棟4階ロビー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容  西日本最高峰の石鎚山をはじめ、県土の多くを森林におおわれた愛媛県には、多種多様な動植物がすんでいます。森林の植物や、そこにすんでいる昆虫を標本で紹介するとともに、各種林産物について展示します。
      

◎パネル巡回展「こちら「はやぶさ2」運用室漫画版」
■日 時  10月31日(土)〜11月29日(日)
■場 所  愛媛県総合科学博物館 展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容  小惑星探査機「はやぶさ2」のミッションを漫画でご紹介。例えを使った解説やプロジェクトの内のエピソードを交えて、ゆるりと描かれています。また、「はやぶさ2」解説パネルではミッション概要の他、小惑星リュウグウの観測画像をご紹介します。

      

◎サイエンスショー「白熱電球vs蛍光灯vsLEDの大実験」
サイエンスショー・電球
■日 時  10月10日(土)〜令和3年1月3日(日)の土日祝
       13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  少し前まではあかりというと白熱電球や蛍光灯が広く普及していましたが、現在LED(発光ダイオード)を使ったあかりが主流となりつつあります。白熱電球、蛍光灯、LED電球にはいったいどのような違いがあるのでしょうか。発光の仕組みの違いや明るさ、消費電力の違いなどを実験で分かりやすく解説します。
■料 金  常設展示観覧券が必要
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度


◎サイエンスショー「うんちをつくろう!〜消化のしくみを学ぶ〜」
■日 時  7月11日(土)〜10月4日(日)の土日祝 13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  私たちが食べたものは体の中でどうなって行くのでしょう?口から入った食べものは、歯でかみ砕かれ、食道をとおって胃へ運ばれ、溶かされ、分解され、小腸で栄養分が吸収されます。そのうち消化・吸収されなかった残りものが大腸で貯蔵されて、最後に体の外へと排出されます。これが「うんち」です。
サイエンスショーでは、食べものが体の中で消化されてゆく様子を実験で再現します。そして「うんち」を作ります。実験やクイズを楽しみながら、唾液や胆汁の分泌物、胃や腸の働きを解説していきます。私たちの体の消化のしくみ、そして排泄の大切さを学びましょう!
■料 金  常設展示観覧券が必要
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度


《プラネタリウム》

■プラネタリウム番組「イルカのドビーと虹色の海」 9/26〜投影予定
planetarium-0901
イルカの国では年に一度、光り輝く石ヴァージン・レインボーを祀って繁栄を祈る『虹のお祭り』が開かれます。しかしお祭りの前日、ヴァージン・レインボーとイルカのアリーがサメにさらわれてしまい…。
はたして、弱虫イルカのドビーは、ヴァージン・レインボーとアリーを取り戻すことはできるのか…!?
可愛らしいイルカたちやたくさんの海の仲間たち、美しい海中の世界をお楽しみいただけるCGアニメーション作品です。

■プラネタリウム番組「ティラノサウルス 最強恐竜 進化の謎」
プラネ・ティラノサウルス
“史上最強の恐竜”と呼ばれるティラノサウルス。謎に包まれていた真の姿が、世界各地で相次ぐ化石の新発見と、最先端の科学解析技術から明らかになってきた。生物の常識を覆す、驚異的な身体能力。頭脳的な狩りを可能にする、著しく発達した大脳。さらに、祖先は小さくひ弱だったことも判明した。ティラノサウルスはどのように進化したのか。一億年に及ぶ壮大な進化の秘密を読み解いていく。

■プラネタリウム番組「ポラリス2」
ポラリス2
あの凸凹コンビが帰ってきた!オーロラの謎を解いたのも束の間、ポラリス号にいん石がぶつかっていきなりピンチ!!流れ星の謎を解くため、月に、小惑星に…え?!彗星も!伝説の「光の石」を探すハチドリのルシアも仲間に加わり、シロクマのレナードとペンギンのジェームズが新たなミッションに挑みます!

投影スケジュール
10月のスケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せ下さい。

博物館講座(10月開講講座)
※定員や時間、内容が変更となる可能性があります。

〈自然観察会〉

●秋の樹木ウォッチング
■日 時  10月3日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  えひめこどもの城 ※現地集合(駐車料金300円)
■参加費  50円
■締 切  9月18日(金)
■備 考  荒天時:中止
       約2時間半歩きます。

●渡るチョウの観察
■日 時  10月18日(日)10:00〜12:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  第1研修室、博物館周辺
■参加費  50円
■締 切  10月2日(金)
■備 考  荒天時:第1研修室で座学

〈天体観望会〉

●秋の星座と月・火星
■日 時  10月24日(土)[A]19:30〜20:10
       [B]20:30〜21:10
■対 象  小学生〜大人(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  各15名
■場 所  博物館天文台、研修室
■参加費  50円
■講 師  友の会 天文クラブ
■締 切  10月9日(金)
■備 考  悪天候時は研修室かプラネタリウムで星の話をします。
       受講は1回のみです。希望時間(AかB)を選んでください

〈科学工作教室〉

●よく飛ぶ紙飛行機を作って滞空時間12秒を目指そう!
■日 時  10月4日(日)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学工作室、臨時駐車場
■参加費  350円
■締 切  9月18日(金)
■備 考  雨天の場合は工作のみ

〈大人のための科学講座〉

●植物の見分けポイント!
■日 時  10月31日(土)14:00〜16:00
■対 象  高校生以上(小学生以上の見学可)
■定 員  15名
■場 所  松山総合公園 ※現地集合
■参加費  50円
■締 切  10月16日(金)
■備 考  荒天時:中止

博物館講座(10月締切講座)
※定員や時間、内容が変更となる可能性があります。

〈大人のための科学講座〉

●大人女子のための科学実験
オリジナル化粧水&ミツロウハンドクリーム作り&乳液作り

■日 時  11月14日(土)13:30〜15:00
■対 象  高校生以上
■定 員  10名
■場 所  科学実験室
■参加費  850円
■締 切  10月30日(金)

10月の休館日
6日(火)12日(月)19日(月)26日(月)



2020年08月05日

今治市村上海賊ミュージアム 日本遺産フェスティバル in今治プレイベント

【企画展】

◇「コミック版 村上海賊の娘の世界」


suigunmuseum_20200804




「コミック版 村上海賊の娘の世界」

※画像をクリックすると詳細が見られます。


■会期 2020年7月11日(土)〜8月30日(日)
■会場 今治市村上海賊ミュージアム
■特別協力 小学館ビッグコミックスピリッツ編集部
■観覧料  無料(ただし常設展示観覧の場合は有料)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
連載当時、僕はまだ作品を一本残しただけの新人漫画家でした。
新人漫画家の多くはいつも不安を抱えているもので、これは本当に面白いのか?打ち切りになるんじゃないか?この先うまくやっていけるのか?などと、朝方、居ても立ってもいられずに飛び起きるなんてことがあるものです。
自分もそうでした。
毎週、和田さんの原作を元に編集と打ち合わせをし、ネームを切り、原稿を描く。
そういう日々の中で僕は、景とともにその時代を生き、成長してきたように思います。
景が暴れる、笑う、斬る、吼える、怒る、そして泣く。
最後まで描いたときには自分の足元に大きな土台ができたように感じました。
連載が終わってから一年半が経ちますが、こういった形で再び景や七五三兵衛、景親など、村上海賊の戦友たちに会えてうれしいです。
機会を作っていただき、ありがとうございます。
この漫画は和田さんの作品を僕なりに形作った世界です。
原作を読んだ人それぞれが持つ村上海賊のイメージと比較して楽しんでいただけたら幸いです。
吉田史朗

------------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名 今治市村上海賊ミュージアム
■会場場所 愛媛県今治市宮窪町宮窪1285番地
■TEL 0897-74-1065
■URL https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/suigun/
■開館時間 9:00〜17:00(※入館は16:30まで)
■休館日 月曜日(8月10日(月・祝)は開館、翌11日(火)休館)


阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)