2021年12月

2021年12月28日

【愛媛県総合科学博物館】2月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。

エレベーター更新工事について

2022年3月下旬まで、館内エレベーターの更新工事中です。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

企画展「貝」チラシ_S

企画展「貝」_S

企画展「見たことあるカイ?知ってるカイ?〜貝の世界・不思議発見〜」
■日 時  2月19日(土)〜4月10日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます
■内 容
これまでに愛媛県総合科学博物館で寄贈・移管を受けた様々な標本の中から「貝」にスポットを当て、四国沿岸の身近な貝や世界の美しい貝、人々に利用されている貝など、多様で不思議な貝の世界を紹介します。また、貝の研究や普及、標本収集に打ち込んだ愛媛の人々やそのコレクションを紹介し、今なお私たちを魅了してやまない貝の不思議に迫ります。

■展示内容

ヽの世界を知るために

主な展示内容 主な展示物等
貝は巻貝と二枚貝だけ!?貝は海に棲むとは限らない!?貝殻を持たない貝がいる!?何でこんな形の貝がいる!?世界最大の貝ってどれくらいの大きさ!?ここでは、実際の貝を用いて、多様な貝の世界を知るためのポイントを紹介します。 ・貝の種類 巻貝と二枚貝,貝殻を持たない貝,陸に棲む貝
・日本・四国は貝のパラダイス

∪こΔ粒・四国の貝

主な展示内容 主な展示物等
貝は世界中で約10万種、日本の沿岸には約1万種の貝がいるとされています。環境の豊かな日本の海は貝の宝庫です。ここでは、四国沿岸の貝や世界の変わった貝などを紹介します。 ・世界の貝
・四国沿岸の貝
・陸貝

3と私たち

主な展示内容 主な展示物等
海に囲まれた日本では、人々は古くから貝を利用してきました。ここでは、食用や装飾に用いられる貝を中心に紹介し、愛媛で盛んな真珠の養殖についても解説します。 ・食べる貝
・装う貝
・飾る貝

ぐι欧粒人

主な展示内容 主な展示物等
貝の魅力に深く取りつかれた人のことを、愛好家たちは「貝人」と呼びました。ここでは、愛媛で活動していた貝人たちの貴重なコレクションを展示します。 ・村上次郎氏収集標本
・鈴村竹雄氏収集標本
・真鍋克己氏収集標本

ァ岾的生活」

主な展示内容 主な展示物等
貝の面白さ、貝の魅力をより深く知るためには、貝殻を手にとって見るのが近道です。ここでは、貝の探し方や標本の作り方など、貝を楽しむポイントを紹介します。 ・コレクションの楽しみ
・ビーチコーミング
・調べてみよう

【企画展関連イベント・ワークショップ】

ギャラリートーク
■日 時  3月26日(土)・27日(日)14:00〜14:30
■場 所  企画展示室
■定 員  10名程度 ※当日受付・先着順
■料 金  常設展示観覧券で参加できます
■内 容  担当学芸員が展示解説します。

自然観察会「海辺で貝殻をさがしてみよう」
■日 時  4月3日(日) 14:00〜17:00
■場 所  大角海浜公園(今治市波方町)※現地集合
■対 象  小学生以上 ※小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要
■定 員  20名
■料 金  50円
■申 込
ホームページの申込フォームより要事前予約。
応募者多数の場合は抽選。3月18日(金)締切
■備 考  荒天時:中止

ワークショップ・フォトフレーム_S

ワークショップ「貝殻フォトフレーム」
■日 時
2月19日(土)〜4月10日(日)までの土日祝
10:30〜12:00(受付11:30まで)/13:30〜15:00(受付14:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  30名程度
■料 金  300円
■内 容  フォトフレームを貝殻で彩ります。

ワークショップ「貝殻キャンドル」
■日 時
2月19日(土)〜3月13日(日)までの土日祝
10:30〜12:00(受付11:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  先着10名
■料 金  500円
■内 容  ヒオウギ貝の殻を使って、キャンドルを作ります。

ワークショップ・貝殻せっけん_S

ワークショップ「貝殻石けん」
■日 時
3月19日(土)〜4月10日(日)までの土日祝 10:30〜12:00(受付11:30まで) ■場 所  エントランスホール
■定 員  15名
■料 金  500円
■内 容  色んな貝殻の型で石けんを作ります。

わくわくサイエンス広場_S

科学イベント「みんな集まれ!わくわくサイエンス広場」
■日 時  2月5日(土)6日(日)10:00〜17:00
■場 所  企画展示室ほか
■料 金  無料
■内 容
親子で一緒に実験や工作を体験することで、科学の不思議、楽しさを感じることができる参加体験型の科学イベントです。全て参加無料です。屋外展示場の「働く車と機械」では、写真撮影ができるミニショベルカーが登場したり、昔の発動機運転会を行います。学芸員によるサイエンスカフェでは、「いろいろな永久磁石を触ってみよう」(2/5(土))、「ちょうちょのお話」(2/6(日))をテーマに楽しくお話しします。

謎解きゲーム_S

謎解きゲーム「愛媛県総合科学博物館に隠された財宝を探せ!」
■日 時
1月15日(土)〜3月21日(月祝)の土日祝
および3月25日(金)〜4月7日(木)
受付 10:30〜12:00/13:30〜15:00(答え合わせは16:00まで)
■場 所  エントランスホール、展示棟
■料 金
(初級・中級セット)500円/(初級・中級どちらか1つ)300円
および常設展示観覧券
■内 容
博物館に隠された財宝を探す、謎解きゲームです。中級全問正解者の中から抽選で10名様に素敵な景品が当たります。

サイエンスショー「ふるえて出てきた!不思議な模様や動き」
■日 時
令和4年1月15日(土)〜4月10日(日)の土日祝※3月20日(日)は除く
13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます
■内 容
私たちの身の回りには、ブルブルと振動しているものがあります。ものが振るえるとどうなるだろう?今回のサイエンスショーでは、振動することで発生する音や振動が作り出す模様、振動で発電するものの仕組みなどを実験でご紹介します。

■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝
※3月20日(日)は除く
13:00 15:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ・チコちゃん(要版権確認)

「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる!チコとキョエの宇宙大冒険! 無知との遭遇」

NHKの人気番組がプラネタリウムに登場です。永遠の5歳児・チコちゃんが全天周のドームスクリーンいっぱいに大活躍!「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と、おなじみの決めセリフも大迫力で飛び出します。宇宙に関する素朴な疑問を、目からウロコの解説で解き明かしていきます。チコちゃんプラネタリウムスペシャル、どうぞご期待ください!

01-L

「海竜王 モササウルス」

謎のベールに包まれていた恐竜時代の海。最新の研究で明らかになった恐竜とはまったく異なる進化を遂げた海棲生物。その頂点に君臨する最強の海竜モササウルス。彼らは、いかにして地球生命史の中でも稀にみる繁栄を誇ったのか。その謎を解くカギは、モササウルス流の子育てによるものだった!?最強海竜モササウルスの3千万年に渡る壮大な逆転のドラマを描く。

プラネ・ハナビリウム(要版権確認)

「ハナビリウム〜花火って、なんであるの?〜」

花火のこども、「ヒバナ」の冒険―。400年以上にわたり、花火師たちが命をかけてつないできた、知られざる文化と歴史の物語をひも解きます。そして、花火師以外は決して入ることのできない「花火の真下」からの360度実写映像!まるで星空のように花火に包まれる、初めてのプラネタリウム体験へようこそ。

【博物館講座(2月開講講座)】
※状況により内容・定員が変更となる可能性があります。

〈天文教室〉

こ愀欅と星空めぐり(冬)
■日 時  2月5日(土)18:00〜19:30
■対 象  小学生以上で天候にかかわらずご参加いただける方
(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  プラネタリウム、博物館天文台
■参加費  350円
■締 切  1月21日(金)
■備 考  悪天候時はプラネタリウムのみ。

【博物館講座(2月締切講座)】
※状況により内容・定員が変更となる可能性があります。

〈自然観察会〉

➈海辺の漂着物ウォッチング
■日 時  3月6日(日)14:00〜17:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  大角海浜公園(今治市波方町)※現地集合
■参加費  50円
■締 切  2月18日(金)
■備 考  荒天時:中止。 約3時間歩きます。

【レストラン 季節限定メニュー】

春🌸待ちスパゲッティフェア
■日 時
2月9日(水)〜2月27日(日)
平日 11:00〜16:30(L.O)
土日祝 10:30〜17:00(L.O)
■定 員  各日先着10食
■料 金  800円
■内 容
スパゲッティ、ミネストローネスープ、サラダの期間限定セットです。海鮮トマトソース、明太クリーム、豚肉とクリームの和風スパゲッティの3種類から、お好きな味を1つお選び頂きます。

2月の休館日
8日(火)、14日(月)〜16日(水)、21日(月)、28日(月)



2021年12月23日

【徳島県立近代美術館】2022年2月展覧会・アートイベント情報

【展覧会情報(1)】

◇イベント名
所蔵作品展 徳島のコレクション 2021年度第3期
岡本神草〈洗い髪〉_S

岡本神草《洗い髪》1925(大正14)年
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

・20世紀の人間像
・現代版画
 新世紀から見る1 ピカソ (12月11日[土]〜1月10日[月・祝])
 新世紀から見る2 マティス(1月12日[水]〜2月6日[日])
 新世紀から見る3 ダリ  (2月8日[火]〜3月13日[日])
 新世紀から見る4 ルオー (3月15日[火]〜4月10日[日])
・徳島ゆかりの美術

◇会期
12月11日(土)〜2022年4月10日(日)

◇内容
今期の20世紀の人間像では、女性をめぐる多様な表現を展観します。
岡本神草や藤田嗣治など大正・昭和期に活躍した作家の日本画や洋画、さらに靉嘔や篠原有司男など、現代美術をリードした作家の版画を出品します。
その中でも、特に単身あるいは複数の女性、および男女の情愛が描かれる場面に着目します。

◇料金
※所蔵作品展 料金

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008898.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(2)】

◇イベント名
フリースペース チャレンジとくしま芸術祭 2022

2021展示部門 グランプリ 早渕太亮

2021展示部門 グランプリ 早渕太亮
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

2021パフォーマンス部門 グランプリ たけと愉快な仲間たち

2021パフォーマンス部門 グランプリ たけと愉快な仲間たち
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

◇会期
2022年1月25日(火)〜2月6日(日)

◇内容
徳島発のアーティストの発見と支援を目的とした芸術祭です。今回で13回目です。
絵画、彫刻、工芸などの「展示部門」と、音楽、ダンス、芸能などの「パフォーマンス部門」があり、参加者は公募。徳島県出身または在住者であれば、年齢、経験不問、事前審査なし。
審査で各賞が決まるコンクールです。今年はどのようなチャレンジがみられるでしょうか。
受賞者発表会(3月12日、13日)も開催します。
※21世紀館との共催。

◇料金
無料

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008904.html

◇特設サイト
https://art.bunmori.tokushima.jp/challenge/2022/

----------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(3)】

◇イベント名
PICFA アートの仕事展
本田雅啓 モモタロウ HONDA_1 2 2

本田雅啓〈モモタロウ〉
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

◇会期
2022年2月10日(木)〜2月27日(日)

◇内容
創作活動に特徴のある障がい者福祉施設を紹介する展覧会です。
今回は佐賀県基山町にある障害福祉サービス事業所PICFA(ピクファ)をとりあげます。
そこでは、障がい者の創作活動を仕事として展開することで福祉につなげています。
障がい者による創作活動の多様性や魅力とともに、創作活動の社会的展開を紹介します。

◇料金
無料

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008952.html


------------------------------------------------------------------------------------------------------

【所蔵作品展 料金】
観覧券が必要
一般   :200(160)円
高・大学生:100(80)円
小・中学生:50(40)円

◆( )内は20名以上の団体料金
◆65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が無料になります。
◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
◆小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の春・夏・秋・冬休み期間の観覧料が無料になります。
◆大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名  徳島県立近代美術館 
■会場住所 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    https://art.bunmori.tokushima.jp/
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日
     (月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌平日)

2021年12月17日

【愛媛県歴史文化博物館】2021年12月〜1月展覧会・イベント情報

テーマ展「弘法大師空海伝説と南予の四国霊場・遍路道」
2021年12月21日(火)〜2022年1月30日(日)

テーマ展「弘法大師空海伝説と南予の四国霊場・遍路道」

※画像をクリックすると詳細が見られます。


弘法大師空海が誕生し青年期に修行した四国には大師ゆかりの史跡や伝説が数多くあります。大師が修行した霊跡には四国八十八箇所霊場が開創され、それらを巡礼する四国遍路は江戸時代以降に盛んになりました。
本展では四国遍路の中心である弘法大師信仰が庶民に広く深く浸透していく背景や、愛媛の弘法大師空海伝説について関連資料と写真パネル等で特集します。また、愛媛県歴史文化博物館のある南予地方の四国霊場と遍路道についてもあわせて紹介します。

場所:企画展示室
料金:常設展観覧料
高校生以上:540円
65歳以上 :280円
小中学生 :無料
※団体料金は20名以上からです。


れきはくのお正月2022年
2022年1月2日(日)・3日(月)

れきはくのお正月2022年

※画像をクリックすると詳細が見られます。


お正月を歴博で満喫しよう!!
≪1月2日(日)・3日(月)のイベント≫

●「れきはく☆キーワードラリー」
館内を巡って展示物に隠されたキーワードを探そう!
正解者には歴博くじに参加できるよ♪
時間 :9:00〜17:00
参加費:常設展観覧券(当日券)が必要
※中学生以下は無料、高校生以上540円、65歳以上280円
※各日先着200名

●「ぜんざいのふるまい」
ご来館していただいたお客様に白玉入りのあったかぜんざいをプレゼント♪
時間 :10:00〜無くなり次第終了
場所 :レストラン内
参加費:無料

≪1月2日のみのイベント≫
●「歴博☆ジャンボかるた大会」
時間 :11:00〜12:00 13:30〜14:30
参加費:無料
定員 :各回15名(対象:小学生以下)

≪1月3日のみのイベント≫
●「コマ師匠と遊ぼう!」
コマに絵付けをして、コマ師匠と一緒に回してみよう!
時間 :13:00〜15:30
場所 :エントランスホール
講師 :岡本 豊氏
材料費:300円 ※先着20名

≪新春ワークショップ≫
時間:10:00〜11:30/13:00〜15:30
場所:エントランスホールまたはこども歴史館

「吹き戻しをつくろう!」材料費300円

「吹き戻しをつくろう!」
材料費:300円


「招き寅の貯金箱に絵付けをしよう!」材料費600円

「招き寅の貯金箱に絵付けをしよう!」
材料費:600円


「羽子板をつくろう!」材料費400円

「羽子板をつくろう!」
材料費:400円


会場名  愛媛県歴史文化博物館
会場場所 愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
TEL   0894-62-6222
URL   https://www.i-rekihaku.jp/
開館時間 9:00〜17:30(展示室への入室は17:00まで)
12月〜1月の休館日  
12月20日(月)、27日(月)、29日(水)〜2022年1月1日(土)
1月11日(火・祝)、17日(月)、24日(月)、31日(月)

2021年12月13日

【徳島県立近代美術館】2022年1・2月展覧会・アートイベント情報

【展覧会情報(1)】

◇イベント名
所蔵作品展 徳島のコレクション 2021年度第3期
岡本神草〈洗い髪〉_S

岡本神草《洗い髪》1925(大正14)年
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

・20世紀の人間像
・現代版画
 新世紀から見る1 ピカソ (12月11日[土]〜1月10日[月・祝])
 新世紀から見る2 マティス(1月12日[水]〜2月6日[日])
 新世紀から見る3 ダリ  (2月8日[火]〜3月13日[日])
 新世紀から見る4 ルオー (3月15日[火]〜4月10日[日])
・徳島ゆかりの美術

◇会期
12月11日(土)〜2022年4月10日(日)

◇内容
今期の20世紀の人間像では、女性をめぐる多様な表現を展観します。
岡本神草や藤田嗣治など大正・昭和期に活躍した作家の日本画や洋画、さらに靉嘔や篠原有司男など、現代美術をリードした作家の版画を出品します。
その中でも、特に単身あるいは複数の女性、および男女の情愛が描かれる場面に着目します。

◇料金
※所蔵作品展 料金

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008898.html


------------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(2)】

◇イベント名
所蔵作品展 体にやさしいユニバーサル展示:好きな目線で

黒川_Eros46_S

黒川弘毅〈Eros46〉2004年
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

中井_58-377ものはひらく_S

中井克巳〈58-377ものはひらく〉1986年
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

◇会期
12月11日(土)〜2022年1月10日(月・祝)

◇内容
誰もが楽しめる美術館をめざす展示の試み。
車椅子の目線や、作品やパネルの高さなど、作品鑑賞の目線に注目。新しいアイデアで展示します。
見上げる、見下ろすなど色々なタイプの作品鑑賞の方法を紹介。
座わる場所や、見る位置を変えて見比べるなどして、自分の特等席の目線を見つけてアートを楽しみましょう。

◇料金
※所蔵作品展 料金

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008901.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(3)】

◇イベント名
フリースペース チャレンジとくしま芸術祭 2022
2021展示部門 グランプリ 早渕太亮

2021展示部門 グランプリ 早渕太亮
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

2021パフォーマンス部門 グランプリ たけと愉快な仲間たち

2021パフォーマンス部門 グランプリ たけと愉快な仲間たち
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

◇会期
2022年1月25日(火)〜2月6日(日)

◇内容
徳島発のアーティストの発見と支援を目的とした芸術祭です。今回で13回目です。
絵画、彫刻、工芸などの「展示部門」と、音楽、ダンス、芸能などの「パフォーマンス部門」があり、参加者は公募。徳島県出身または在住者であれば、年齢、経験不問、事前審査なし。
審査で各賞が決まるコンクールです。今年はどのようなチャレンジがみられるでしょうか。
受賞者発表会(3月12日、13日)も開催します。
※21世紀館との共催。

◇料金
無料

◇URL
https://art.bunmori.tokushima.jp/article/0008904.html

◇特設サイト
https://art.bunmori.tokushima.jp/challenge/2022/

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【所蔵作品展 料金】
観覧券が必要
一般   :200(160)円
高・大学生:100(80)円
小・中学生:50(40)円

◆( )内は20名以上の団体料金
◆65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が無料になります。
◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
◆小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の春・夏・秋・冬休み期間の観覧料が無料になります。
◆大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名  徳島県立近代美術館 
■会場住所 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    https://art.bunmori.tokushima.jp/
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日
     (月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌平日)

2021年12月03日

【愛媛県総合科学博物館】1月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。

エレベーター・エスカレーター更新工事について

2021年11月〜2022年3月下旬まで、館内エレベーター・エスカレーターの更新工事を行います。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

【企画展】

企画展「磁石」(1)

企画展「磁石」(2)

「磁石工場をのぞいてみよう」
■日 時  12月11日(土)〜令和4年1月30日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容
永久磁石ができるまでの工程を紹介します。実験コーナーを通して磁石の不思議について体験するとともに、環境に応じた磁気特性を生かして設計された様々な磁石を展示します。わたしたちの身近にある永久磁石がどのようにして作られているのか、企画展示室内の仮想磁石工場を見て学び、磁石の科学について理解を深めましょう。
■展示内容

.磁石の科学

主な展示内容 主な展示物等(提供者)
・磁界を観察しよう
・巨大ネオジム磁石で実験しよう
・磁石の種類と磁力
・強力磁石による炭素シートの浮遊
立体磁界観察槽、 巨大ネオジム磁石、 磁力比較体験装置(当館)
炭素反磁性体験装置(産業技術総合研究所)

.磁石の不思議

主な展示内容 主な展示物等(提供者)
・磁石にくっつく不思議な液体
・磁気レインボーを楽しもう
・ガウス加速器で遊ぼう
磁性流体、磁気レインボーシート、ガウス加速器(当館)

.磁石ができるまで

主な展示内容 主な展示物等(提供者)
・ネオジム・サマコバ磁石工場編
・アルニコ磁石工場編
・フェライト磁石工場編
・いろいろな磁石製品
写真(株式会社マグファイン、株式会社マグナ、東京フェライト製造株式会社)
磁石材料(東京フェライト製造株式会社)
磁石製品(株式会社トーキン、当館)

.最先端の磁石研究

主な展示内容 主な展示物等(提供者)
・新型焼結磁石
・熱間加工磁石
・省Nd磁石搭載モーター
・超Nd磁石
新型焼結磁石、熱間加工磁石(大同特殊鋼株式会社)
省Nd磁石搭載モーター/ステーラとロータ、超Nd磁石(MagHEM)

【企画展関連イベント・ワークショップ】

科学講演会「ネオジム磁石〜どうやって見つけ、どうやって作り、何に使われるか〜」
■日 時  令和4年1月15日(土) 13:30〜15:00(開場13:00〜)
■場 所  多目的ホール
■定 員  100名
■講 師  佐川眞人(大同特殊鋼(株)顧問)
■料 金  無料
■申 込  博物館HPより事前申込。定員に達し次第受付終了。
■内 容
世界最強の永久磁石・ネオジム磁石を開発した佐川眞人さんを講師に迎え、ネオジム磁石の作り方を紹介し、改良の必要性についてお話し頂きます。

博物館講座 科学工作教室「モールス電信機と電磁石」
■日 時  令和4年1月29日(土) 13:30〜16:30
■場 所  科学実験室及び企画展示室
■対 象  小学4年生〜中学生 ※申込者以外の入室不可
■定 員  12名
■料 金  1,050円
■申 込  令和4年1月14日(金)締切

ワークショップ・磁石を食べるスライムづくり

ワークショップ「磁石を食べるスライムづくり」
■日 時  令和4年1月8日(土)〜10日(月祝) 10:30〜12:00
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着50名
■料 金  250円
■内 容  砂鉄を入れたスライムを作ります。
       磁石を近づけると生きているかのように動きます。

ワークショップ・ぷかぷか方位磁石

ワークショップ「ぷかぷか方位磁石」
■日 時  令和4年1月8日(土)・10日(月祝)
         /13:30〜15:00(受付14:30まで)
       令和4年1月15日(土)〜30日(日)の土日
         /10:30〜12:00(受付11:30まで)
         /13:30〜15:00(受付14:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着50名
■料 金  250円
■内 容  発泡スチロールと磁石で方位磁石を作ります。

【冬季イベント2021】

<新春イベント>オリジナル くりかえし使えるエコカイロプレゼント
■日 時  令和4年1月2日(日)・3日(月)9:00〜
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着100名
■料 金  常設展観覧券かプラネタリウム観覧券が必要

新春・化石発掘

ワークショップ「さがしてみよう!化石発掘体験」
■日 時  令和4年1月2日(日)・3日(月)・8日(土)〜10日(月祝)
       9:00〜11:45/13:30〜15:30 ※9:00から整理券配布
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着150名(1月8日のみ50名)
■料 金  500円
■内 容  砂にうまっている化石(アンモナイトやモササウルスの歯、
       サメの歯)を探します。制限時間内に見つけたものの中から、
       お気に入りの1個を持ち帰ることができます。

ワークショップ「福袋を釣ってゲット!」
■日 時  令和4年1月2日(日)・3日(月)9:00〜
       ※9:00から整理券配布
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着100名
■料 金  300円
■内 容  お正月を楽しく過ごせるお菓子や工作グッズが入っているよ。

サイエンスショー

「ふるえて出てきた!不思議な模様や動き」
■日 時  令和4年1月15日(土)〜4月10日(日)の土日祝
       13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容
私たちの身の回りには、ブルブルと振動しているものがあります。ものが振るえるとどうなるだろう?今回のサイエンスショーでは、振動することで発生する音や振動が作り出す模様、振動で発電するものの仕組みなどを実験でご紹介します。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

サイエンスショー

「ころがるボールのおもしろアクション」
■日 時  10月2日(土)〜令和4年1月10日(月祝)の土日祝
       および1月3日(月)  13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容
重いボールと軽いボールはどちらが早く転がるの?転がり続けるとボールのスピードは必ず増える?
ぶつかったボールはピタッと止まることもある?転がるボールとその動きには、サイエンスがいっぱい詰まっています。それは常識?それとも意外でふしぎ?ボールが描く軌道や楽しいアクションを実験で確かめよう。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝
1月3日(月)
13:00 15:00

※各回 25分程度


【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ・チコちゃん(要版権確認)

「プラネタリウムでチコちゃんに叱られる!チコとキョエの宇宙大冒険! 無知との遭遇」

NHKの人気番組がプラネタリウムに登場です。永遠の5歳児・チコちゃんが全天周のドームスクリーンいっぱいに大活躍!「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と、おなじみの決めセリフも大迫力で飛び出します。宇宙に関する素朴な疑問を、目からウロコの解説で解き明かしていきます。チコちゃんプラネタリウムスペシャル、どうぞご期待ください!

01-L

「海竜王 モササウルス」

謎のベールに包まれていた恐竜時代の海。最新の研究で明らかになった恐竜とはまったく異なる進化を遂げた海棲生物。その頂点に君臨する最強の海竜モササウルス。彼らは、いかにして地球生命史の中でも稀にみる繁栄を誇ったのか。その謎を解くカギは、モササウルス流の子育てによるものだった!?最強海竜モササウルスの3千万年に渡る壮大な逆転のドラマを描く。

プラネ・ハナビリウム(要版権確認)

「ハナビリウム〜花火って、なんであるの?〜」

花火のこども、「ヒバナ」の冒険―。400年以上にわたり、花火師たちが命をかけてつないできた、知られざる文化と歴史の物語をひも解きます。そして、花火師以外は決して入ることのできない「花火の真下」からの360度実写映像!まるで星空のように花火に包まれる、初めてのプラネタリウム体験へようこそ。

【博物館講座(1月開講講座)】
※状況により内容・定員が変更となる可能性があります。

〈天文教室〉

E澆寮韻鮖1討靴茲
■日 時  令和4年1月22日(土)18:00〜20:00
■対 象  小学生以上で天候にかかわらずご参加いただける方
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  10名
■場 所  第1研修室、博物館天文台
■参加費  50円
■締 切  令和4年1月7日(金)
■備 考  悪天候時はプラネタリウムのみ。撮影機器はご持参ください。

〈科学工作教室〉

Ε癲璽襯洪号機と電磁石
■日 時  令和4年1月29日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学4年生〜中学生
■定 員  12名
■場 所  科学実験室および企画展示室
■参加費  1,050円
■締 切  令和4年1月14日(金)

〈かんたん実験工作教室〉

つ斬を作ろう
■日 時  令和4年1月9日(日)13:30〜15:30
■定 員  30名
■場 所  エントランスホール
■講 師  友の会科学クラブ
■参加費  350円
■申 込  不要

【博物館講座(1月締切講座)】
※状況により内容・定員が変更となる可能性があります。

〈天文教室〉

こ愀欅と星空めぐり(冬)
■日 時  令和4年2月5日(土)18:00〜19:30
■対 象  小学生以上で天候にかかわらずご参加いただける方
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  プラネタリウム、博物館天文台
■参加費  350円
■締 切  令和4年1月21日(金)
■備 考  悪天候時はプラネタリウムのみ。

1月の休館日
1日(土)11日(火)17日(月)24日(月)31日(月)




阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9104
(受付時間 平日10:00〜17:00)