2022年12月

2022年12月23日

【愛媛県総合科学博物館】2月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
企画展「植物」 (1)

植物2

企画展「標本で観る 季語の植物 -春夏編-」
■日 時  2月18日(土)〜4月9日(日)
■場 所  1階企画展示室
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
季語とは、俳句や連歌等に欠かせない特定の季節を表す言葉で、四季折々の自然を表す様々な季語があります。その数多くある季語の中から植物分野の季語を取り上げ、名前の由来や語源、よく似たもの同士の見分け方から種の多様性などを標本で紹介します。

展示内容
,海譴世嘘个┐突儻貊

学問的に植物を観察するためには専門用語を覚える必要があります。
ここでは展示をより理解するために必要な最低限の専門用語を解説します。

⊆錣梁人誉
季語で扱われるウツギ、タンポポ、サクラ、ツツジ、スミレ等は、植物学的に観ると多くの種類に分けられます。
愛媛県内で観察できる種類を標本を用いて紹介します。

似た者同士の見分け方
「ハルジオン」と「ヒメジョオン」、「ビヨウヤナギ」と「キンシバイ」等、同じように見える種類の見分け方を標本を用いて解説します。

こ个方のコツ
植物の見分け方や名前等を覚える上での様々な方法を紹介します。

〈企画展関連イベント・ワークショップ〉
関連イベント「ギャラリートーク」

■日 時  3月25日(土)・26日(日) 14:00〜14:30
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券で参加できます。
■定 員  10名(当日受付・先着順)
■内 容  担当学芸員が展示解説します。

関連イベント「自然観察会 〜早春の野辺歩き〜」
■日 時  4月2日(日) 14:00〜17:00
■場 所  博物館周辺
■料 金  50円
■定 員  20名
■対 象  小学生以上
       ※小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要です。
■内 容  博物館周辺で春の草花を観察します。約5km歩きます。
■申 込  博物館HP申込フォームより申込可能です。
       応募者多数の場合、抽選。
■締 切  3月17日(金)
■備 考  荒天時中止。

関連イベント「きって、はって、楽しく遊ぼう!」
■日 時  3月21日(火祝)
       10:30〜12:00  13:30〜15:00
■場 所  第1研修室
■料 金  850円
■定 員  各回20名
       ※小学3年生以下は保護者同伴。
■内 容  ドライフラワーと布、ボタンなどを使って、
       楽しくコラージュしよう。
■講 師  近藤 容子氏(キルト教室 La palette主宰)
■申 込  博物館HP申込フォームより申込可能です。
       応募者多数の場合、抽選。
■締 切  3月6日(月)

ワークショップ 「おはなクリップ」

ワークショップ「おはなクリップ」
■日 時  2月18日(土)〜4月9日(日)までの土日祝
       10:30〜12:00(受付11:30まで)
       13:30〜15:00(受付14:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  30名
■料 金  150円
■内 容  フェルトでお花を作って、クリップに貼り付けます。

ワークショップ 「木のチップ」

ワークショップ「木のチップであそぼう」
■日 時  2月18日(土)〜4月9日(日)までの土日祝
       10:30〜12:00(受付11:30まで)
       13:30〜15:00(受付14:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  30名
■料 金  200円
■内 容  木材チップに色をぬってあそぼう。

ワークショップ 「フラワー石けん」

ワークショップ「フラワー石けん」
■日 時  2月18日(土)〜3月12日(日)までの土日祝
       10:30〜12:00(受付11:30まで)
■場 所  エントランスホール
■定 員  10名
■料 金  300円
■内 容  色々な花の型で石けんを作ります。

科学イベント
「みんな集まれ!わくわくサイエンス広場」
■日 時  2月4日(土)・5日(日)10:00〜17:00
■場 所  企画展示室ほか
■料 金  無料
■内 容  親子で一緒に実験や工作を体験することで、
       科学の不思議、楽しさを感じることができる
       参加体験型の科学イベントです。全て参加無料です。

サイエンスショー 紙

サイエンスショー
「なるほど ザ ペーパーワールド
〜紙のはたらきってなんだ!?〜」

■日 時  1月14日(土)〜4月9日(日)
       13:00〜  /  15:00〜
       3月29日(水)、4月5日(水) 13:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  今回のサイエンスショーでは、紙の性質に着目して、
       紙が私たちの身近などのようなところに役立てられて
       いるかを紹介します。

■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
3月29日、4月5日 13:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】

プラネ・名探偵コナン

「名探偵コナン 灼熱の銀河鉄道(ギャラクシーレイルロード)」

宮沢賢治の世界を再現したテーマパーク、イーハトーブワールドの銀河鉄道列車に乗ることになったコナンたち少年探偵団と蘭、園子。幻想的な星空の世界を満喫していると突然、キッドからの予告状が届く。繰り広げられる、キッドとのお宝争奪戦!しかしそこには思いもしない罠が仕掛けられていた。あの大人気アニメのプラネタリウム版最新作がついに登場!

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ・新恐竜大進撃(要版権確認)

「新・恐竜大進撃」

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!
私たちが住むこの日本にも恐竜たちの王国がありました。日本の恐竜史上最大級の丹波竜。大きさは全長10数メートルにも。丹波竜はのんびり動かない超スローライフを送っていたことが判明しました。弱肉強食の恐竜世界で、どうやってスローライフを実現させたのでしょうか?
さらに最新の研究によってティラノサウルスの謎が明らかになってきました。
恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

「ほしぞらパレット」 ※1月27日開始!

スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空と天文トピックスをご紹介します。今回のトピックスは、「星の一生」です。

■投映スケジュール
2/1(水)〜2/28(火)

  10:30 12:00 14:00 16:00
平日
(下記を除く)
(団体専用) 恐竜大進撃 ヒーリング
アース
名探偵コナン
2/10(金)
2/24(金)
(団体専用) ほしぞら
パレット
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝
(下記を除く)
恐竜
大進撃
ヒーリング
アース
恐竜
大進撃
ヒーリング
アース
名探偵
コナン
2/11(土)・12(日)
23(木)・25(土)
26(日)
ほしぞら
パレット

【博物館講座(2月開講講座)】

〈親子自然教室〉

げ柔个鯆瓦戮茲Α植物化石
■日 時  2023年2月11日(土)10:30〜12:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し、保護者1名の参加が必要です。
■定 員  6組12名
■場 所  科学実験室
■参加費  小学生1050円・保護者50円
■締 切  1月27日(金)

2月の休館日
7日(火)、13日(月)、14(火)、15日(水)、20日(月)、27日(月)



2022年12月15日

【愛媛県美術館】追悼 白川義員写真展「天地創造」

20221213_ehime-art

※画像をクリックすると詳細が見られます。

開催概要
展覧会名
追悼 白川義員写真展「天地創造」


会期
2023年1月14日(土)〜3月12日(日)


開館時間
9:40〜18:00(入場は17:30まで)


休館日
月曜日 ※ただし、2/6(月)、3/6(月)は開館し、2/7(火)、3/7(火)は休館。


会場
愛媛県美術館 本館1階企画展示室1・2


主催
追悼 白川義員写真展「天地創造」実行委員会(愛媛県、愛媛新聞社、愛媛朝日テレビ)


企画協力
東京都写真美術館


協力
凸版印刷、小学館


協賛
伊予銀行、大一ガス、大王製紙、鹿島建設、梅錦山川


後援
愛媛県教育委員会、四国中央市、四国中央市教育委員会、松山市、松山市教育委員会、愛媛県市町教育委員会連合会、(公財)愛媛県文化振興財団、愛媛写真家協会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、愛媛県文化協会、NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛CATV、四国中央テレビ、愛媛県CATV協議会、FM愛媛


観覧料
【一 般】当日:1,300円 前売:1,100円
【高大生】当日:800円  前売:600円
【小中生】当日:500円  前売:400円
※前売券の販売は2023年1月13日(金)まで。
※団体(20人以上)は前売料金。
※満65歳以上の方は当日1,200円(年齢がわかるものをご提示ください)。
※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料です。
※マチカカードとマチカアプリをご利用いただけます。
※本券でコレクション展をご観覧いただけます。


前売券販売場所
愛媛県美術館、愛媛朝日テレビ、愛媛新聞旅行、愛媛CATV、いよてつ眦膕亜▲侫献哀薀鶲ι恩内全店(エミフルMASAKI、川之江、新居浜、西条、今治、松山、重信、大洲、北浜、北宇和島)、コープえひめ生活文化サービス、明屋書店県内各店(一部店舗除く)、ローソンチケット(Lコード62412)、チケットぴあ(Pコード686-260)、セブンチケット(http://7ticket.jp)、e+(イープラス)ほか

〈取り寄せ〉愛媛新聞社県内支社(東予支社四国中央除く)、愛媛新聞エリアサービス、四国中央テレビ


開催趣旨
愛媛県四国中央市出身の写真家・白川義員(1935-2022)は、世界各地の荘厳な大自然を被写体とし、長年発表を続けました。「アルプス」「ヒマラヤ」「アメリカ大陸」「聖書の世界」「中国大陸」「神々の原風景」「仏教伝来」「南極大陸」「世界百名山」「世界百名瀑」「永遠の日本」に続く、全12シリーズの集大成であり、また最期のシリーズとなったのが今回展示する「天地創造」です。近年注目されるアメリカの景勝地「ザ・ウェーブ」やボリビアのウユニ塩湖他最晩年の作品も含め、およそ50年にわたり撮影した作品の中から作家本人が選んだ196点を紹介します。


白川義員略歴
1935年愛媛県四国中央市生まれ。57年、日本大学藝術学部写真学科卒業、ニッポン放送に入社、文芸部プロデューサーとして勤務。59年にフジテレビに移籍、62年同社を一時休職し、中日新聞の特派員として8ヶ月間世界一周の写真取材を行う。同社退社後、フリーランスの写真家として活動を開始する。精力的に世界中を取材し、写真集『ヒマラヤ』(小学館、71年)により、72年、第13回毎日芸術賞、第22回芸術選奨文部大臣賞を受賞。79年から80年にかけての『聖書の世界』三部作(小学館)により、81年全米写真家協会最高写真家賞を日本人として初めて受賞した。88年、第36回菊池寛賞、95年、第27回日本芸術大賞を受賞。93年、83日間をかけて人類史上初の南極大陸一周に成功する。97年以降は世界の山岳関係者が選定した「世界百名山」プロジェクトに着手、世界の名峰127座をカメラに収める。99年、紫綬褒章を受章、2002年、国際連合郵政局が「国際山岳年」を記念して白川作品による記念切手を発行。14年、ふるさと愛媛の社会・経済の発展や文化振興に貢献した個人・団体に贈られる第62回愛媛新聞賞を
受賞した。20年、シリーズ12作目で集大成となる『天地創造』(小学館)を発行。生涯にわたり「地球再発見による人間性の回復へ」をテーマに地球の荘厳な姿を撮り続けた。22年に逝去。


本展の見どころ
〇 白川義員氏が80歳を超えてアメリカ、ボリビア、中国で撮影した写真を含め、半世紀以上を費やし、手掛けた全12シリーズの集大成。
〇 2022年に逝去された白川義員氏を追悼する展覧会を、ふるさと愛媛で開催。


展覧会全般に関するお問い合わせ先
白川義員写真展「天地創造」実行委員会事務局(愛媛新聞社企画事業部内)
〒790-8511 松山市大手町1-12-1
【TEL】089-935-2322
【FAX】089-941-8111


新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。また、やむを得ず、展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。


■会場名  愛媛県美術館
■会場場所 愛媛県松山市堀之内
■TEL   089-932-0010
■URL   https://www.ehime-art.jp/
■開館時間 9:40~18:00(入室は17:30まで)
■休館日  月曜日
     ※ただし、2/6(月)、3/6(月)は開館し、2/7(火)、3/7(火)は休館。

2022年12月05日

【愛媛県美術館】企画展 中川八郎没後100年「発見された日本の風景 美しかりし明治への旅」の開催について

愛媛県美術館では、来る令和4年12月1日(木)より令和5年1月29日(日)まで、明治日本の風景を200点を越える水彩画や油彩画によって紹介する企画展を開催します。
一般公開前日の11 月30 日(水)に特別鑑賞会を行います。

日本の風景_フライヤー_1003-1

※画像をクリックすると詳細が見られます。

展覧会
1 展覧会名
中川八郎没後100年 『発見された日本の風景 美しかりし明治への旅』


2 内容
今年は明治最後の年である1912年から110年後にあたります。本展では、西洋諸国との関わりから、日本全体が大きく変容し、また自らの意識も外に向かっていくこの時代の日本の風景を、画家のまなざしがどの様にとらえたのか、ひとりのコレクターが海外で収集した200点を超える水彩画や油彩画によってご紹介します。
これらの中には、内子町出身の洋画家、中川八郎(1877~1922)の初期代表作《雪林帰牧》をはじめとした13点の作品が含まれています。没後100年の節目に、本展にあわせて当館の中川作品もコレクション展にて一挙公開し、改めてその魅力をお伝えします。
時代という逆らえないうねりの中で、画家たちが発見した風景は、目新しいものではなく、そこにあった日常の暮らしでした。それらは、コロナ禍において、改めてこれまでの暮らしを見つめ直している私たちの「いま」に重なるものもあるのではないでしょうか。明治日本の風景を、旅をする様に楽しんでいただければ幸いです。


3 会期
令和4(2022)年12月1日(木)〜令和5(2023)年1月29日(日)

【開館時間】
9:40〜18:00(入場は17:30まで)

【休館日】
12月6日(火)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、
12月29日(木)〜1月3日(火)、10日(火)、16日(月)、23日(月)


4 会場
愛媛県美術館 本館2階 常設展示室1・2


5 主催
愛媛県美術館、京都国立近代美術館


6 後援
愛媛新聞社、朝日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、産経新聞社、NHK 松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM 愛媛、えひめリビング新聞社


7 協賛
大一ガス株式会社


8 観覧料
【一般】  900円
【65歳以上】800 円
【高大生】 500 円
【小中生】 無料
※満65歳以上の方は年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者手帳等の所持者とその介護者1名は無料です。
※団体は20名以上で適用されます。
本券でコレクション展も観覧いただけます。


特別鑑賞会のご案内
■日時:11月30日(水)15:00〜17:00
■場所:美術館本館2F 常設展示室1・2


関連プログラム
1 記念講演会『明治の東西美術文化交流 久松定謨と黒田清輝を中心に』
萬翠荘を建設した久松定謨と本展出品作家である、黒田清輝の交流を中心、本展の見所をお話します。

■日時:12月3日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
■場所:美術館西館1F講堂
■講師:梶岡秀一(京都国立近代美術館主任研究員、本展企画者)
■定員:60名(先着順、要申込)
当館電話・FAX・HP(お問い合わせフォーム)にてお申込み下さい。


2 『基礎からの水彩画講座』
重要文化財である萬翠荘を見学し、水彩絵の具で描いて、改めてその魅力を発見しましょう。

■日時:12月10日(土)10:30〜15:30
■場所:萬翠荘、美術館南館(実技教室)
■講師:井戸啓司(水彩画家、紫蘭の会主宰)
■定員:12名(先着順、要申込)
■参加費:500円程度
当館電話・FAX・HP(お問い合わせフォーム)にてお申込み下さい。
※萬翠荘見学案内:県教育委員会文化財保護課学芸員


3 レクチャー『中川八郎、8つの物語』
愛媛を代表する洋画家のひとり、中川八郎について、8つの視点から作品とその人物の魅力について迫ります。

■日時:1月21日(土)14:00〜15:30(開場13:30)
■場所:美術館本館2F研修室
■講師:喜安 嶺(当館主任学芸員)
■定員:20名(申込不要)


4 フロアレクチャー
担当学芸員とともに展示室で実物をみながら作品を楽しみます。

■日時:12 月17 日(土) 1 月15 日(日)各14:00〜(30 分程度)
■講師:喜安 嶺(当館主任学芸員)
■定員:10 名(申込不要、要観覧券)


5 対話型鑑賞プログラム
一日1 作品ずつ、対話型鑑賞により、本展覧会を楽しみます。

■日時:12月4日(日)、18日(日)、1月8日(日)、22日(日)
    各11:00〜11:30
■ナビゲーター:当館作品ガイドボランティア
■場所:美術館本館2F研修室
■定員:20名(申込不要)


6 同時開催 コレクション展掘愧羸酥郎、一挙公開!』
企画展に合わせ、当館所蔵の中川八郎全作品を一挙に公開します。

■会場:本館2 階 常設展示室3

◎新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。また、やむを得ず、展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。


■会場名  愛媛県美術館
■会場場所 愛媛県松山市堀之内
■TEL   089-932-0010
■URL   https://www.ehime-art.jp/
■開館時間 9:40~18:00(入室は17:30まで)
■休館日
12月6日(火)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、
12月29日(木)〜1月3日(火)、10日(火)、16日(月)、23日(月)

【愛媛県総合科学博物館】1月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
企画展「紙産業」(四国中央市)

企画展「愛媛の紙産業」
■日 時  12月10日(土)〜2023年1月29日(日)
■場 所  1階企画展示室
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
日本一の紙のまちとなった四国中央市。どのように紙産業が発展してきたのか、その秘密に迫ります。また、紙の製造工程や新製品、セルロースナノファイバー等の最新技術も紹介します。

〈企画展関連イベント〉
講演会「お札の技術と新しい紙の製品開発について」

■日 時 2023年1月21日(土)
      1部 13:00〜14:10 お札と身近な紙製品の機能について
      2部  14:20〜15:30  新しい紙の開発企画と大学での取り組み
■場 所 第1研修室
■講 師 内村浩美氏 (愛媛大学 紙産業イノベーションセンター長)
■料 金 無料
■定 員 50名 事前予約制(先着順)
■内 容
【1部】国立印刷局で紙幣偽造防止技術を開発したあの内村先生が博物館にやってくる!一緒にお札の技術を体験しよう。
【2部】鉄より硬い紙?!紙で車を造る?!夢の新素材セルロースナノファイバー(CNF)の実用化が始まった!技術開発最前線の現場にいる内村先生が世界初の技術を紹介!
■備 考
参加者には、CNF(セルロースナノファイバー)入りインクのボールペンをプレゼント!
※博物館ホームページにて事前申し込みが必要。

〈企画展関連ワークショップ〉

企画展「紙産業」(手すき)

「手すきでハガキを作ろう!」
■日 時  12月10日(土)〜2023年1月29日(日)
       期間中の土日祝のみ ※1月2日、3日は除く
       10:00〜12:00 (受付10:00〜11:30)
■場 所  展示棟3階産業館 手すき和紙コーナー
■料 金  200円 ※常設展示観覧券が必要 
■定 員  各日先着50名
■内 容
おまたせしました!!産業館の手すき和紙コーナーが期間限定で復活です!
世界でひとつだけの手作りのハガキを作ってみませんか?


企画展「天体写真」 (1) 企画展「天体写真」 (2)

企画展「天体写真で見る宇宙」
■日 時  12月10日(土)〜2023年1月29日(日)
■場 所  1階企画展示室
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
夜空にある様々な天体を、写真を通じて紹介します。たくさんの天体を見て、比べて、分類を考えることで、天体の種類ごとの特徴をつかんでいきます。さらに、天体の特徴を天文学的な知見と結びつけることで、それぞれが宇宙の中でどのような意味合いを持っているのかを見ていきます。

〈企画展関連ワークショップ〉

ワークショップ「プラ板星座キーホルダー」

「プラ板星座でキーホルダーづくり」
■日 時  2023年1月14日(土)〜1月29日(日)
       期間中の土日のみ 
       10:00〜12:00(受付11:30まで)
       13:00〜15:30(受付15:00まで)
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各日先着60名 
■内 容  12星座のプラ板星座のキーホルダーを作ります。

ワークショップ「天体望遠鏡」

「天体望遠鏡を作ろう
■日 時  2023年1月28日(土)15:30〜17:30
■場 所  第1研修室及び屋上
■料 金  【望遠鏡製作者】3650円 【補助者】50円
■対 象  小学生以上とその保護者(幼児の見学可)
■定 員  12組(事前募集・抽選)
       ※博物館ホームページ申し込みフォームより募集(作成中)
■内 容  望遠鏡の製作を行い、月の観察を行います。
■備 考  雨天時は製作、説明のみを行います。

冬季イベント

〈科博のお正月〉
「くりかえし使えるエコカイロプレゼント」

■日 時  2023年1月2日(月祝)・3日(火)9:00〜
       ※なくなり次第終了
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着100名(1家族1個)
■内 容  常設展示観覧券購入者に、
       繰り返し使えるエコカイロをプレゼントします。

ワークショップ
「千本くじで、新春運試し!」

■日 時  2023年1月2日(月祝)・3日(火)
       9:15〜10:15 10:45〜11:45          
       ´∪依券配布開始 9:00〜
       ※なくなり次第終了
■場 所  エントランスホール
■料 金  500円    
■定 員  ´各先着50名
■内 容  千本くじを引こう!何が当たるかお楽しみ!

ワークショップ「木の葉化石」

ワークショップ
「化石を発掘しよう!〜木の葉化石編〜」

■日 時  2023年1月2日(月祝)・3日(火)・7日(土)・8日(日)・9日(月祝)
       9:00〜16:00(受付は15:30まで) 整理券配布開始 9:00〜
■場 所  エントランスホール
■定 員  1月2日(月祝)・3日(火)先着150名、1月7日(土)先着50名、
       1月8日(日)・9日(月祝)先着100名
■料 金  600円
■内 容  ハンマーやたがねを使って化石の原石を割り、
       約30万年前の化石を探します。

サイエンスショー パラボラ

サイエンスショー
「みんな〜集まれ〜!パラボラのひみつ」

■日 時  10月8日(土)〜2023年1月9日(月祝)
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
パラボラという曲線に当たって反射したものは、どの場所に当たっても1つの点に集まります。この不思議な曲線を利用して音や光を集めます。そこに風船を近づけるとどうなるの?ちょっとドキドキ&楽しい実験をしながら、パラボラの性質を紹介します。

■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝、 1/2(月)、3(火) 13:00 15:00

※各回 25分程度

サイエンスショー「化学(仮)」
■日 時  2023年1月14日(土)〜4月9日(日)
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  化学をテーマに楽しいサイエンスショーを開催します。

■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

Deepな世界vol

○○のDeepな世界vol.6
「タロとジロと・・・」

■日 時  2023年1月14日(土)・15日(日)
       11:00〜 / 14:00〜(各45分程度)
■場 所  展示棟3階 科学技術館 サイエンス工房
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  第1次南極地域観測隊越冬隊と一緒に南極で活躍した
       カラフト犬たちのDeepな世界をお話します。

【プラネタリウム】

プラネ・名探偵コナン

「名探偵コナン 灼熱の銀河鉄道(ギャラクシーレイルロード)」

宮沢賢治の世界を再現したテーマパーク、イーハトーブワールドの銀河鉄道列車に乗ることになったコナンたち少年探偵団と蘭、園子。幻想的な星空の世界を満喫していると突然、キッドからの予告状が届く。繰り広げられる、キッドとのお宝争奪戦!しかしそこには思いもしない罠が仕掛けられていた。あの大人気アニメのプラネタリウム版最新作がついに登場!

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ・新恐竜大進撃(要版権確認)

「新・恐竜大進撃」

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!
私たちが住むこの日本にも恐竜たちの王国がありました。日本の恐竜史上最大級の丹波竜。大きさは全長10数メートルにも。丹波竜はのんびり動かない超スローライフを送っていたことが判明しました。弱肉強食の恐竜世界で、どうやってスローライフを実現させたのでしょうか?
さらに最新の研究によってティラノサウルスの謎が明らかになってきました。
恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

「ほしぞらパレット」 ※1月27日開始!

スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空と天文トピックスをご紹介します。今回のトピックスは、「星の一生」です。

■投映スケジュール
12/1(木)〜1/31(火)

  10:30 12:00 14:00 16:00
平日
(下記を除く)
(団体専用) 名探偵コナン 恐竜大進撃 ヒーリング
アース
冬休み期間中
の平日
1/4(水)
〜1/6(金)
恐竜大進撃
1/27(金) 団体専用 ほしぞら
パレット
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝
(下記を除く)
及び1/2、3
恐竜
大進撃
名探偵
コナン
恐竜
大進撃
名探偵
コナン
ヒーリング
アース
1/28(土) ほしぞら
パレット
名探偵
コナン
1/29(日) 恐竜
大進撃
ほしぞら
パレット

【博物館講座(1月締切、1月開講講座)】

〈天体観望会〉

星雲・星団
■日 時  2023年1月21日(土)19:00〜20:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  15名
■場 所  プラネタリウム、屋上天文台
■参加費  50円
■講 師  友の会天文クラブ
■締 切  1月6日(金)
■備 考  曇天時、プラネタリウムのみ。

〈科学工作教室〉

Г櫃ぽか!あったか!発泡入浴剤の科学
■日 時  2023年1月22日(日)13:30〜15:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  12名
■場 所  科学実験室
■参加費  650円
■締 切  1月6日(金)

【博物館講座(1月締切、2月開講講座)】

〈親子自然教室〉

げ柔个鯆瓦戮茲Α植物化石
■日 時  2023年2月11日(土)10:30〜12:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し、保護者1名の参加が必要です。
■定 員  6組12名
■場 所  科学実験室
■参加費  小学生1050円・保護者50円
■締 切  1月27日(金)

【博物館講座(申し込み不要)】

〈かんたん実験工作教室〉

つ斬を作ろう
■日 時  2023年1月8日(日)13:30〜15:30
■定 員  30名
■場 所  エントランスホール
■参加費  350円
■講 師  友の会科学クラブ
■備 考  当日受付

1月の休館日
1(日)、10(火)、16(月)、23日(月)、30日(月)




阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9104
(受付時間 平日10:00〜17:00)