2007年11月15日

アートとコメの収穫祭 | 地中美術館

「アートとコメの収穫祭」

地中美術館02

地中美術館01

直島では、数十年間放置されていた休耕田を田んぼに再生する試みを2006年より始め ました。「アートとコメの収穫祭」は、その田んぼのお米を食すと同時に、現代美術 から農作物まで、こだわりのある作品や商品が一堂に展覧されて売買される、文字通 りのカルチャーマーケットとなります。そこではさまざまなグループや人々によるパ フォーマンスや演奏が行われる「収穫演芸祭」も開催されます。

現代美術と土地との出会いは、2010年に計画されている「瀬戸内国際芸術祭(仮)」の基本精神でもあり、今回は芸術祭に向けてのシンポジウム「瀬戸内海の歴史とアート」が行われます。

「アートとコメの収穫祭」は、お米の収穫祭を祝う宴を開き、瀬戸内の島の固有の歴
史と文化を繋ぎ合わせるお祭りです。ふるってご参加ください。

■開催日  :2007年11月23日(祝・金)・11月24日(土)

■開催時間 :10:00—16:30(少雨決行)

■開催場所 :香川県直島町本村地区特設会場2ヶ所
(南寺広場、南寺駐車場/いずれも屋外)

■内容   :23・24日10:00-16:30 アートマーケット/23日 13:00-15:00 
 収穫 演芸祭/24日 12:00-13:15 シンポジウム/24日 13:15-15:00 新米試食会

■11月24日(土)開催 シンポジウム「瀬戸内海の歴史とアート」
 [ごあいさつ]真鍋武紀(香川県知事)
 [パネリスト]岡市友利(香川大学名誉教授)/北川フラム
 (地中美術館館長代理・総合ディレクター)/福武總一郎(財団法人 直島福武美術館 財団理事長)/柳幸典(アーティスト)〈アイウエオ順〉

■共催 株式会社ベネッセコーポレーション
 財団法人 直島福武美術館財団

■後援 直島町、香川県

■協力 三菱マテリアル株式会社直島製錬所、四国汽船株式会社

■お問い合わせ
 財団法人 直島福武美術館財団 地中美術館
 高山・枝松
 761-3110 香川県香川郡直島町3449−1
 TEL. 087-840-8281
 FAX. 087-840-8285
 E-mail. garden@chichu.jp

第5回地中トーク「アートとリアリティの現在」
講師:斎藤環氏(精神科医・爽風会佐々木病院精神科診療部長)

■日時:12月8日(土)14:00〜15:30

■場所:本村ラウンジ&アーカイブ(直島宮浦港より町営バスで10分。「農協前」下車。徒歩0分。)

■定員:各回50名

■参加費:1,000円

■会場協力:ベネッセアートサイト直島

■お申し込み方法:オンラインにてお申し込みになるか、またはファックスにて、プログラム名「地中トーク」を明記の上、必要事項(参加希望回、郵便番号、住所、氏名、電話番号、ファックス番号、E-mai)を添えてお申し込みください。申込受付完了連絡をE-mailまたはファックスで送付いたしますので、連絡受領後、参加受付完了とさせていただきます。

■お問い合わせ 
 地中美術館 学芸課
 TEL. 087-840-8281
 FAX. 087-840-8285
 E-mail. program@chichu.jp

ミュージアム88カードラリーの詳細ページはこちら。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)