2008年11月01日

「米林雄一展〜微空からの波動〜」 | ミウラート・ヴィレッジ

企画展開催要項
「米林雄一展〜微空からの波動〜」

微航音
▲微航音
微青音
▲微青音

1.趣旨
 このたび東京藝術大学彫刻科教授の米林雄一氏の退任記念展を東京藝術大学との共催により、当館に おいても開催させていただくことになりました。
 米林先生には、ミウラート・ヴィレッジ開館のおりに、館内の壁にかける三浦工業株式会社の創業者であり、また当館の設立の企画者でもありました三浦保氏のブロンズレリーフを制作していただきました。そのご縁から、米林先生にとっても大きい節目となり、またこれまでの集大成ともなるこの作品展を、格別の想いで企画させていただきました。
 米林先生の作品に付けられているタイトルの多くに「微」という文字があります。この意味は、かすかなこと、ほのかではっきり見えない、ということであり、1の100万分の1を示すものでもあるようです。宇宙から、または自然界からのわずかな信号をイメージされているのではないかなどと、想像が膨らんでいきます。この私の見方は当たらずとも遠からず、といったところのようです。と申しますのは、先生は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と関わりのあるプロジェクトに参加されておられるようです。
 今展におけるワークショップにおいても、先生のご提案によりJAXAのご協力をいただいて、愛媛の小・中学生向けに宇宙授業を計画中です。これが実現できれば、芸術とはかけ離れた存在に思われてきた宇宙科学の分野が、私たちの身近なところのものに感じられることになりそうです。当館へお越しいただき、作品をごらん頂くことにより、新たなイメージが湧き上がってくることを心から期待いたします。

2.会期
2008年11月16日(日)〜2009年1月25日(日)
休館日:月・火曜日(11月24日、12月23日、1月12日は開館)
※12月29日〜2009年1月6日まで年末年始につき休館
時間:午前9時30分〜午後5時まで(入館は午後4時45分まで))   
          
3.会場
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)(松山市堀江町1165-1)  

4.主催
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)      

5.共催
東京藝術大学、株式会社ミウラ

6.協力
宇宙航空研究開発機構

7.後援
愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、愛媛新聞社、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛

7.観覧料
一般800円(前売り600円)、高大生500円、小中生300円、未就学児無料

8.関連イベント
JAXA開発員による宇宙教室(予定)
11月29日(土)10:00〜
※要問い合わせ

9.連絡先
三浦工業株式会社 ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)  
館 長:白石省三
副館長:本浄嘉章
担 当:学芸課 米屋、山本

〒799-2651 愛媛県松山市堀江町1165-1
Tel.089-978-6838 Fax.089-978-0323
E-mail fvbm2360@mb.infoweb.ne.jp

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)