インフォメーション 香川

2008年01月01日

東かがわ市史・考古編〜弥生時代以前の東かがわ〜 | 東かがわ市歴史民俗資料館

◆香川県埋蔵文化財センターふるさと展示
「東かがわ市史・考古編〜弥生時代以前の東かがわ〜」

071211東かがわ市歴史民俗資料館

1.会 期
平成19年12月15日(土)〜平成20年2月17日(日)

2.会 場
東かがわ市歴史民俗資料館・企画展示コーナー

3.主 催
香川県埋蔵文化財センター

4.共 催
大川広域行政組合、東かがわ市教育委員会

5.内 容
現在の東かがわ市では、今から8,000年以上も前の縄文時代に人が住んでいたことがわかっています。金毘羅山遺跡では、石製のイヤリングや縄文土器が出土しています。弥生時代以降、成重遺跡をはじめとして、原間遺跡や庵の谷遺跡など多くの集落で生活していたことがわかっています。今回の展示では、主に弥生時代以前の東かがわにスポットをあて、発掘調査の成果からわかった集落のようすを紹介します。

6.関連行事

展示解説
●日 時:平成20年1月19日(土) 午後1時30分〜午後3時
●場 所:東かがわ市歴史民俗資料館
●解説者:北山健一郎氏(香川県埋蔵文化財センター職員)
     阿河鋭二氏(大川広域行政組合職員)

講演会
●日 時:平成20年2月3日(日) 午後1時30分〜午後3時
●場 所:東かがわ市引田公民館第一講義室
●講 師:北山健一郎氏(香川県埋蔵文化財センター職員)
※展示解説と講演会ともに参加料無料、申込みも不要です。また講師は変更する可能性があります。

7.入館料
無料

8.問合せ先
東かがわ市歴史民俗資料館
〒769-2901 香川県東かがわ市引田1000番地4
TEL/FAX  (0879)33−2030
  ・開館時間:午前9時〜午後5時
  ・休 館 日:毎週火曜日、年末年始
  ・交  通 :お車の方…高松自動車道・引田I.Cから5分
JRご利用の方…JR高徳線引田駅から南へ約1

ミュージアム88カードラリーin四国での詳細情報はこちら。

museum88 at 00:51|PermalinkComments(0)clip!

2007年11月22日

ロビー展「かるたを楽しもう!」 | 高松市歴史資料館

■ロビー展「かるたを楽しもう!」

高松歴史資料館02

高松歴史資料館03

高松市歴史資料館では,お正月などに行う「歌かるた」として知られている「小倉百人一首」全百首を展示しています。かるた取りをして遊ぶだけでなく,和歌を楽しんだり,書作品として文字を楽しんだり,いろいろな楽しみ方ができます。
また,特別展「万葉を愛した人物 中村一作展」の関連企画「かるた de 万葉」で,子どもたちが『万葉集』の歌から想像して描いた「絵かるた」もあわせて展示します。
是非ご覧いただきますようご案内申し上げます。

■開催期間:平成19年11月16日(金)〜12月16日(日)

■開館時間:午前9時〜午後5時(入館は閉館30分前まで)

■休館日:毎週月曜日

■観覧料:無料

■開催場所:高松市歴史資料館 昭和町一丁目2−20
         サンクリスタル高松4階 受付前ロビー
         TEL 087−861−4520

ミュージアム88カードラリーin四国での詳細情報はこちら


museum88 at 10:21|PermalinkComments(0)clip!

第46回特別展「万葉を愛した人物 中村一作」展 | 高松市歴史資料館

■第46回特別展「万葉を愛した人物 中村一作」展

高松歴史資料館01

高松市歴史資料館では,万葉集の研究に力を注いだ高松市出身の中村一作氏が手がけた拓本作品や写真等を通じて、日本文化の原点といわれる万葉集の時代の芸術文化の魅力を紹介します。是非ご覧いただきますようご案内申し上げます。

■開催期間:平成19年11月3日(土) 〜12月16日(日)

■開館時間:午前9時〜午後5時(入館は閉館30分前まで)

■休館日:毎週月曜日

■観覧料:一般300円,高大生200円,小中生100円
        (上記観覧料で、常設展もご覧いただけます。)
         ※長寿手帳・身体障害者手帳等の所持者は無料
         ※会期中の土曜日は小・中・高生は無料

■開催場所:高松市歴史資料館 昭和町一丁目2−20
      サンクリスタル高松4階 特別展示室
       TEL 087-861-4520

ミュージアム88カードラリーin四国での詳細情報はこちら

museum88 at 10:13|PermalinkComments(0)clip!

2007年11月15日

アートとコメの収穫祭 | 地中美術館

「アートとコメの収穫祭」

地中美術館02

地中美術館01

直島では、数十年間放置されていた休耕田を田んぼに再生する試みを2006年より始め ました。「アートとコメの収穫祭」は、その田んぼのお米を食すと同時に、現代美術 から農作物まで、こだわりのある作品や商品が一堂に展覧されて売買される、文字通 りのカルチャーマーケットとなります。そこではさまざまなグループや人々によるパ フォーマンスや演奏が行われる「収穫演芸祭」も開催されます。

現代美術と土地との出会いは、2010年に計画されている「瀬戸内国際芸術祭(仮)」の基本精神でもあり、今回は芸術祭に向けてのシンポジウム「瀬戸内海の歴史とアート」が行われます。

「アートとコメの収穫祭」は、お米の収穫祭を祝う宴を開き、瀬戸内の島の固有の歴
史と文化を繋ぎ合わせるお祭りです。ふるってご参加ください。

■開催日  :2007年11月23日(祝・金)・11月24日(土)

■開催時間 :10:00—16:30(少雨決行)

■開催場所 :香川県直島町本村地区特設会場2ヶ所
(南寺広場、南寺駐車場/いずれも屋外)

■内容   :23・24日10:00-16:30 アートマーケット/23日 13:00-15:00 
 収穫 演芸祭/24日 12:00-13:15 シンポジウム/24日 13:15-15:00 新米試食会

■11月24日(土)開催 シンポジウム「瀬戸内海の歴史とアート」
 [ごあいさつ]真鍋武紀(香川県知事)
 [パネリスト]岡市友利(香川大学名誉教授)/北川フラム
 (地中美術館館長代理・総合ディレクター)/福武總一郎(財団法人 直島福武美術館 財団理事長)/柳幸典(アーティスト)〈アイウエオ順〉

■共催 株式会社ベネッセコーポレーション
 財団法人 直島福武美術館財団

■後援 直島町、香川県

■協力 三菱マテリアル株式会社直島製錬所、四国汽船株式会社

■お問い合わせ
 財団法人 直島福武美術館財団 地中美術館
 高山・枝松
 761-3110 香川県香川郡直島町3449−1
 TEL. 087-840-8281
 FAX. 087-840-8285
 E-mail. garden@chichu.jp

第5回地中トーク「アートとリアリティの現在」
講師:斎藤環氏(精神科医・爽風会佐々木病院精神科診療部長)

■日時:12月8日(土)14:00〜15:30

■場所:本村ラウンジ&アーカイブ(直島宮浦港より町営バスで10分。「農協前」下車。徒歩0分。)

■定員:各回50名

■参加費:1,000円

■会場協力:ベネッセアートサイト直島

■お申し込み方法:オンラインにてお申し込みになるか、またはファックスにて、プログラム名「地中トーク」を明記の上、必要事項(参加希望回、郵便番号、住所、氏名、電話番号、ファックス番号、E-mai)を添えてお申し込みください。申込受付完了連絡をE-mailまたはファックスで送付いたしますので、連絡受領後、参加受付完了とさせていただきます。

■お問い合わせ 
 地中美術館 学芸課
 TEL. 087-840-8281
 FAX. 087-840-8285
 E-mail. program@chichu.jp

ミュージアム88カードラリーの詳細ページはこちら。



museum88 at 17:07|PermalinkComments(0)clip!

香川県文化会館所蔵作品展「宮脇コレクション〜陶芸の技〜」開催 | 東かがわ市歴史民俗資料館・企画展示コーナー

香川県文化会館所蔵作品展
「宮脇コレクション〜陶芸の技〜」開催要項


人間国宝・浜田庄司作「鉄絵扁壺」

1.展示名称
香川県文化会館所蔵作品展「宮脇コレクション〜陶芸の技〜」

2.会 期
平成19年11月23日(金)〜12月9日(日)

3.会 場
 東かがわ市歴史民俗資料館・企画展示コーナー

4.主 催
香川県文化会館

5.共催
東かがわ市教育委員会

6.趣 旨
故宮脇朝男氏(元全国農業協同組合中央会会長)が収集し、百合子夫人から香川県文化会館に寄贈を受けた陶芸の名品の数々を展示いたします。展示作品の中には、備前焼の金重陶陽氏や萩焼の三輪休和氏など人間国宝の作品も含まれています。
それぞれの産地の特徴や伝統の中に創意工夫が加味された名工による優れた陶芸の技など、一つ一つの作品が持つ「表情」をご鑑賞下さい。

7,関連行事
展示解説 12月1日(土) 解説者:香川県文化会館 真鍋昌弘氏
参加料:無料 申込み:不要

7,入館料
無料

8,問合せ先
東かがわ市歴史民俗資料館
〒769-2901 香川県東かがわ市引田1000番地4
TEL/FAX  (0879)33−2030
  ・開館時間:午前9時〜午後5時
  ・休 館 日:毎週火曜日、年末年始
  ・交  通 :お車の方…高松自動車道・引田I.Cから5分
JRご利用の方…JR高徳線引田駅から南へ約1

ミュージアム88カードラリー内の詳細ページはこちら。

museum88 at 14:48|PermalinkComments(0)clip!

2007年09月21日

ミュージアム88カードラリー in 四国 ニュースリリース | 百十四銀行

◆7月24日に百十四銀行WEBサイトにて、ミュージアム88カードラリーin四国のニュースリリースが行われました。

引用開始…

『ミュージアム88カードラリーin四国』の実施について
〜もうひとつの88カ所巡り 芸術、文化に癒される心の旅路〜
 全国初の取組みとして、四国4県に立地するミュージアム情報を四国内外の皆様に発信し、四国全体の活性化に貢献するためのカードラリーを四国の地方銀行4行(阿波、百十四、伊予、四国)共同で実施することとなりましたので、下記のとおり概要をお知らせ致します。

1.目的と効果
(1) 四国霊場88カ所巡りになぞらえ、ゲーム感覚で美術館・博物館を巡っていただき、四国の芸術・文化・歴史に触れることで、四国の皆さまの文化的素養をさらに高めるお手伝いをいたします。
(2) 団塊の世代を始めとして、四国内外を問わず多くの方に潤いある余暇を四国で過ごしていただく動機付けを行い、四国内外の交流人口の拡大を図ります。
(3) 美術館、博物館での鑑賞に止まらず、新たにオリジナルミュージアムカードを集める楽しみと懸賞に応募する楽しみを提供いたします。
(4) 四国の美術館・博物館のさらなる活性化を応援いたします。
(5) 以上を通じて、四国全体のさらなる活性化に貢献いたします。

2.概要
1.名称 『ミュージアム88カードラリーin四国』
2.主催 ミュージアム88カードラリーin四国実行委員会
(実行委員会は、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行で構成します。)
3.後援予定 徳島県、香川県、愛媛県、高知県、四国経済産業局、四国経済連合会
四国観光立県推進協議会、各県商工会議所連合会、新聞社、放送局
4.参加者 ・自由
5.参加申込 ・4行の各支店窓口の他、申込書のFAX、専用HPからも申込みが可能です。申込者に「参加証」カードを配布(郵送)します。参加料は無料です。
6.内容 ・ 参加申込みをされた方が参加証を持って、対象施設を巡り、入場した際にもらえる2種類のカード (オリジナルミュージアムカードとポイントスクラッチカード)を集めることにより、「賞品」を差し上げます。(ただし、無料で入館された方は、オリジナルミュージアムカードのみを受取ることが出来ます)
・ オリジナルミュージアムカード:施設の外観や収蔵品等を美しく印刷したカード
・ ポイントスクラッチカード:削るとポイントが現れるスクラッチカード
・ ラリー参加施設(四国各県の美術館・博物館)等を記載した「ガイド冊子兼申込書」を配布します。

7.開始時期 ・平成19年10月1日(月)
8.対象施設と賞品 ・ 参加施設:徳島38、香川44、愛媛40、高知38の合計160施設。(7月18日現在)
・ オリジナルカードを1県あたり22枚以上集めると「県マスター賞」、4県で88枚以上集めると「四国マスター賞」としてもれなく「認定証」楯を差し上げます。
・ ポイントカードを一定ポイント以上集めれば、半年に1回、当れば旅行券などの景品がもらえる抽選に応募することができます。

…引用終了。

詳しくは、ミュージアム88カードラリーin四国本家サイトをご覧下さい。

ご意見・ご感想はお気軽に右下のコメント(comment)欄をクリックして、ご記入くださいませ。

museum88 at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)