インフォメーション 愛媛

2023年09月20日

企画展「ヨハネ・パウロ2世美術館展」の開催について

20230915_ehime-art


愛媛県美術館では、令和5年9月23日(土)より11月26日(日)まで、企画展「愛媛県美術館開館25周年記念・学校法人聖カタリナ学園創立100周年記念 ヨハネ・パウロ2世美術館展」を開催します。

展覧会
1 展覧会名
愛媛県美術館開館25周年記念・学校法人聖カタリナ学園創立100周年記念
ヨハネ・パウロ2世美術館展

2 内容
ポーランドの首都ワルシャワにあるヨハネ・パウロ2世美術館は、同国の個人コレクションとしては最大級の規模と質の高さを誇るポルチェンスキ・コレクションで知られています。本展では、その多彩な女性像に着目し、クラーナハ(子)、ティントレット、ヴァン・ダイク、レンブラント、ナティエやゴヤなど、ルネサンス以降400年にわたる西洋絵画史を代表する巨匠たちの逸品61点を、「母と子」「神話と伝説」「肖像」の3章に分けて展観いたします。

3 会期
令和5年9月23日(土)〜11月26日(日)

休館日
9月25日(月)、10月3日(火)、10月10日(火)、10月16日(月)、10月23日(月)、10月30日(月)、11月7日(火)、11月13日(月)、11月20日(月)

開館時間
9時40分〜18時(入場は17時30分まで)

4 会場
愛媛県美術館新館(本館)1階 [企画展示室]

5 主催
ヨハネ・パウロ2世美術館展実行委員会(愛媛県、テレビ愛媛)

6 特別協賛
学校法人聖カタリナ学園

7 後援
ポーランド広報文化センター、松山市、松山市教育委員会、愛媛県市町教育委員会連合会、愛媛県小中学校長会、愛媛県PTA連合会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、愛媛新聞社、NHK松山放送局、南海放送、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛、えひめリビング新聞社

8 企画協力
ホワイトインターナショナル

9 観覧料
【一 般】1,500円(前売1,300円)
【高齢者】1,400円
【高大生】1,100円(前売900円)
【小中生】 800円(前売700円)

※高齢者は、満65歳以上とする。
障がい者手帳等の所持者は、その介護者1人を含め、無料で入場できる。
20人以上は団体扱いとし、前売料金で当日入場できる。
そのほか各種割引あり。

10 前売券販売所
愛媛県美術館、テレビ愛媛(オンライン販売のみ)、いよてつ眦膕亜¬晴綾馘弘ι恩内店舗(一部を除く)、聖カタリナ大学(松山市北条)、コープえひめ生活文化サービス、フジグラン愛媛県内全店(松山、エミフルMASAKI、重信、川之江、新居浜、西条、今治、大洲、北浜、北宇和島)、ローソンチケット(Lコード62434)、チケットぴあ(Pコード686-616)、セブンチケット 他
※令和5年9月22日(金)まで販売。


関連イベント
1 聖カタリナ学園 Presents チェンバロコンサート〜描くように語るように〜
日時
10月7日(土)11時30分〜 13時30分〜

会場
新館(本館)1階[エントランスホール]

プログラム
クーナウ:聖書ソナタ第4番「瀕死のヒゼキア王とその回復」
バッハ:カプリッチョ「最愛なる兄の旅立ちに寄せて」より ほか

演奏
ふくやま日本歌曲塾副代表、聖カタリナ大学短期大学部非常勤講師 大澤宣晃
※鑑賞無料、申込不要。


2 ショート・レクチャー
A:母と子、B:神話と伝説、C:肖像

日時
11月3日(金・祝)、23日(木・祝)
A:13時30分〜13時50分、B:14時〜14時20分、C:14時30分〜14時50分(各日)

会場
新館(西館)1階[講堂]

定員
先着60名(各日各回)

講師
当館専門学芸員 武田信孝
※聴講無料、申込不要。


同時開催
学校法人聖カタリナ学園創立100周年記念特別展
アルベルト・カルペンティール展−愛と真理−

会期
令和5年9月23日(土)〜10月9日(月・祝)

会場
新館(本館)2階[特別展示室]

主催
学校法人聖カタリナ学園

協力
ヨハネ・パウロ2世美術館展実行委員会(愛媛県、テレビ愛媛)

お問い合わせ
799-2496 松山市北条660 学校法人聖カタリナ学園法人本部事務局
TEL 089-993-1300(平日9:00〜16:30)
※観覧無料。

museum88 at 09:10|PermalinkComments(0)clip!

2023年08月24日

【愛媛県総合科学博物館】10月イベント情報

イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
プラネタリウムと愛媛

企画展「プラネタリウムと愛媛」
■日 時  10月7日(土)〜11月26日(日)
■場 所  企画展示室
■内 容
プラネタリウムというと、大きなドームの中にたくさんの恒星が映る様子を思い浮かべると思います。それだけでなく、プラネタリウムは惑星の位置を正確に再現することができます。今でもおなじみのプラネタリウムの原型は1923年にドイツで誕生しました。2023年は、それから100周年の年です。この100年の間にプラネタリウムは進歩しており、地上から見える星を再現する機能から始まったプラネタリウムは、今では宇宙のあらゆる現象を再現する宇宙シミュレーターのような存在となっています。
この企画展では、こうしたプラネタリウムの歴史を振り返るとともに、どのように天体の動きを再現するのかというプラネタリウムの仕組みや、当館および愛媛県内のプラネタリウムについて紹介します。

展示内容
.廛薀優織螢Ε爐領鮖
最初に作られたツァイスI型投影機はどのように誕生したのか、その後プラネタリウムはどのように進歩し広まってきたのか、プラネタリウム100年の歴史についてパネルで解説する。

▲廛薀優織螢Ε爐了伝箸
かつては歯車で天体の動きを再現していた。展示された投影機を見ながら、プラネタリウムで天体を投影する仕組みを紹介する。

0ι恩総合科学博物館のプラネタリウムの歩み
当時世界最大のドーム径を持つプラネタリウムとして1994年に開館して以来、当館では様々な番組を投影してきた。使用されたフィルムやチラシで当館のプラネタリウムの歩みを振り返る。

ぐι恩内のプラネタリウム
愛媛県内には当館以外にもプラネタリウムがある。県内のプラネタリウム施設を紹介することで、施設によって投影機や特徴が異なっていることを知ってもらう。

ゥ廛薀優織螢Ε爐療蟇討領れ
プラネタリウムを投影するには様々な機器を操作する必要がある。では、普段のプラネタリウムの投影はどのようにして行っているのか、写真などで解説する。

【企画展関連イベント】

「プラネタリウム100周年!日本全国一斉オープニングイベント」
■日 時  10月21日(土) 18:00〜21:00
■内 容
プラネタリウムの操作体験や、100年前のドイツの星空を投影した特別投影、世界からの映像メッセージ、ドイツから100周年セレモニー前の中継を行います。

「明石市立天文科学館長/ブラック星博士 特別投影」
■日 時  11月12日(日)
       12:00〜12:45/15:00〜15:45
■場 所  プラネタリウム棟
■定 員  各回先着240名
■内 容
 .屮薀奪星博士愛媛征服計画:ダジャレで面白プラネタリウム
◆〔誓仍堽天文科学館長によるプラネタリウムの歴史の紹介

「熟睡プラ寝たリウム」
■日 時  11月18日(土)・19日(日)・23日(水祝)・25日(土)・26日(日)
■場 所  プラネタリウム棟
■料 金  高校生以上540円、65歳以上・小中学生280円
■定 員  各回先着240名
■内 容
プラネタリウムで「眠る」ことを目的に、勤労感謝の日に全国一斉で行われるプラネタリウム企画です。プラネタリウムの満天の星のもと、解説員が星や天体についてお話をします。
愛媛県総合科学博物館では勤労感謝前後の土日を含め、5日間に渡り開催。日によって解説員や話す内容が異なります。(毛布、枕などの安眠グッズの持ち込みもOKです。)

【企画展関連ワークショップ】

「オリジナル双眼鏡をつくろう」
■日 時  10月7日(土)〜11月26日(日)の土日祝
       10:00〜11:30 / 13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  500円
■定 員  各回先着10名
■内 容  オリジナルの双眼鏡をつくります。

「ゆめの惑星キーホルダー」
■日 時  10月7日(土)〜11月5日(日)の土日祝
       10:00〜11:30 / 13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回先着40名
■内 容  プラ粘土で惑星型のキーホルダーをつくります。

「惑星メモスタンド」
■日 時  11月3日(木祝)〜11月26日(日)の土日祝
       10:00〜11:30 / 13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回先着40名
■内 容  紙粘土でメモスタンドをつくります。

森に親しむ博物館 キシツツジ

ロビー展「森に親しむ博物館」
■日 時  9月23日(土)〜11月5日(日)
■場 所  1階多目的ホール前 ロビー
■料 金  無料
■内 容
このロビー展では、精巧な植物レプリカ標本を用いて県下に分布する貴重な植物を紹介するとともに、愛媛県では見られなくなった昆虫の標本などを展示します。

パネル巡回展 海と生き物とわたしたち

パネル巡回展
「海と生きものとわたしたち 〜3.11からの復興をめざして〜」

■日 程  9月28日(木)〜11月30日(木)
■場 所  展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容
2011年3月11日の地震によって生じた津波で沿岸の街は破壊され、大量のガレキが海に流れ込みました。陸の被害は目に見えますが、海の被害はなかなか見ることができません。しかし、調査を進めると、海底はかき混ぜられ、海の環境が大きな影響を受けていることが分かりました。
この巡回展では、ウニやサケなどの生きもの、津波やガレキの影響など、復興を目指すTEAMS研究者の取り組み、海の環境や生態系についてご紹介します。
海の持続可能性とは?海の豊かさとは?「海」と「生きもの」と「わたしたち」の未来について、一緒に考えてみましょう。
■企画制作 東北マリンサイエンス拠点形成事業
       ―海洋生態系の調査研究
       ―Tohoku Ecosystem-Associated
        Marine Sciences (TEAMS(ティームス)) 
■協 力  全国科学館連携協議会

サイエンスショー 花火

サイエンスショー
「花火のふしぎ」

■日 時  7月15日(土)〜10月9日(月祝)の⼟⽇祝
       13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
夜空にきらめく打ち上げ花火、手に持って楽しむ花火‥‥。
美しい火花が出るのはなぜ?赤や緑の炎の色はどうやってつけるの?
そんなふしぎがいっぱいの花火に、楽しい実験やクイズでせまります。
さあ、サイエンスショーで花火のひみつを学んで、この夏もいっぱい楽しみましょう!
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

サイエンスショー 酸とアルカリ

サイエンスショー
「酸とアルカリのカラフル色変化」

■日 時  10月14日(土)〜1月8日(月祝)の土日祝、1/2、1/3
       13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
洗剤、サイダーなどといった身の回りのものに謎の液体を加えると、カラフルな色に早変わり!鮮やかな色の変化がきれいな実験で、液体の性質について学びましょう!
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝
1月2日(火)3日(水)
13:00 15:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ 星になるまで

「星になるまで music by ACIDMAN」

宇宙をテーマにした楽曲を数多く手掛けるアーティスト“ACIDMAN”。彼らの音楽にのせ、アルマ電波望遠鏡や、ブラックホール、ダークマターなど、知られざる宇宙、肉眼では見ることができない宇宙の謎に思いを馳せ、迫力のCG映像で未知なる宇宙の魅力にせまるプラネタリウム番組です。果てしなく広がる宇宙への謎を人類はいかに追い求めるのか。全編にわたり ACIDMANの音楽と大木伸夫のナレーションでお送りします。

プラネ 宇宙なんちゃらこてつくん

「宇宙なんちゃら こてつくん プラネタリウム」

「宇宙なんちゃら こてつくん」(原作:にしむらゆうじ)が、ついにプラネタリウムに登場。
テレビアニメのエピソードをベースとしながら、オリジナルストーリーで番組を制作。
満天の星や宇宙を全天映像で楽しめるプラネタリウムならではのシーンをお届けします。
さあ、こてつたちと一緒に「ちょっくら宇宙に行ってこーい!」。

プラネ 恐竜超世界

「恐竜超世界 受け継がれるいのち」

独特な進化を果たした2体の恐竜について迫ります。巨大な手を持つ「デイノケイルス」と恐竜界随一の知性の高さを持つ「トロオドン」。6600万年前の地球を舞台に、親から子へ受け継がれる知恵、そして生命。厳しい生存競争のなか、懸命に生きる親子の物語です。

【博物館講座(9月申込締切・10月開催)】

〈自然観察会〉

Ыの樹木ウォッチング
■日 時  10月7日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  えひめこどもの城(松山市)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  9月15日(金)
■備 考  荒天時中止。約2時間半歩きます。

┘▲汽マダラの旅の不思議
■日 時  10月15日(日)10:00〜12:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  第1研修室、博物館周辺
■参加費  150円
■締 切  9月22日(金)
■備 考  荒天時は研修室で座学のみ。

〈産業講座〉

宇和島九島でマダイ養殖について学ぼう
■日 時  10月21日(土)12:30〜16:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  宇和島九島、九島沖 ※現地集合
■参加費  1,150円(船代含む)
■締 切  9月29日(金)
■講 師  広沢初志(愛媛県漁業協同組合 宇和島支所 副運営委員長)
■備 考  荒天時中止。
※岸壁からの船の乗り降り、島内1.4キロほどの徒歩移動あり。
※締切日に応募者が10名に達していない場合は中止。

【博物館講座(10月申込締切・10月開催)】

〈自然観察会〉

関川の岩石・鉱物
■日 時  10月29日(日)10:30〜12:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  35名
■場 所  関川河原(四国中央市) ※現地集合
■参加費  150円
■締 切  10月6日(金)
■備 考  荒天時中止。
■講 師  白勢洋平(愛媛大学)

〈天体観望会〉

B斥曚閥眄
■日 時  10月28日(土)10:30〜11:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  博物館ロータリー周辺
■参加費  無料
■備 考  当日受付、曇天時中止。

〈大人のための科学講座〉

)華鏡ワークショップ
「星のテレイドスコープを作ろう」

■日 時  10月29日(日) 13:30〜15:30
■対 象  高校生以上
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  5950円
■締 切  10月6日(金)
■講 師  二神健(万華鏡作家)

【博物館講座(10月申込締切・11月開催)】

〈科学実験教室〉

親子で化学実験!金属を調べよう
■日 時  11月19日(日)13:30〜15:30
■対 象  小学4年生〜中学生(受講者1人につき保護者1名必須)
■定 員  6組12名
■場 所  科学実験室
■参加費  1組500円
■締 切  10月27日(金)

〈大人のための科学講座〉

⊃∧の見分けポイント!秋
■日 時  11月11日(土) 14:00〜16:00
■対 象  高校生以上
■定 員  15名
■場 所  えひめこどもの城(松山市)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  10月20日(金)
■備 考  荒天時中止。

10月の休館日
3日(火)、10日(火)、16日(月)、23日(月)、30日(月)



museum88 at 16:02|PermalinkComments(0)clip!

2023年08月16日

【愛媛県総合科学博物館】9月イベント情報

イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
特別展「昆虫王国」タイトル
特別展「昆虫王国」

特別展「みんなあつまれ!昆虫王国」
■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)
■場 所  企画展示室
■内 容
昆虫は名付けられているものだけで約100万種にのぼる膨大な種数をもち、地球上に生息する生物数の半数以上を占めるといわれています。これは、昆虫が地球上のさまざまな環境に適応し、他の生物に比べ著しい多様化を遂げたことを物語っており、まさに地球は昆虫の王国といえます。
今回は、強さ自慢のカブトムシ・クワガタムシたち、美しさ自慢のチョウたち、擬態の達人のコノハムシたちなど特色のある昆虫たちを、標本を中心に紹介します。お客様が昆虫という身近な存在から身近な自然に興味を持ち、自然や生物の多様性とその大切さについて理解を深めてもらえるような内容になっています。

展示内容
.船腑Δ硫国
友の会監事を長らく務めた故・三谷晃良氏が収集した世界の蝶など、美しく珍しいチョウの標本を展示します。特別展「昆虫王国」ヘラクレスオオカブト

▲ブト・クワガタの王国
生きたヘラクレスオオカブトなど、強くてカッコいいカブト・クワガタを展示します。

われら怪しい昆虫の王国
葉っぱにそっくりなコノハムシや、目玉模様のフクロウチョウなど擬態する昆虫を展示します。

ぅ押璽爐把戦!昆虫王国
イライラ棒ゲームや早押しゲームで、昆虫に挑戦してみよう。

イ気錣譴觝虫王国
カブトムシを放し飼いにした虫小屋で、生きた昆虫たちと触れ合ってみよう。

【特別展関連イベント】

特別展関連イベント
「昆虫クイズラリー」

■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  企画展示室・展示棟4階 自然館
■料 金  100円
■定 員  各回100名
■内 容  企画展示室と展示棟4階自然館を周りながら、
       昆虫に関するクイズに挑戦します。
       挑戦者全員にプレゼントがあります。
■備 考  特別展と常設展チケットが必要

【特別展関連ワークショップ】
ワークショップに3つ以上参加すると、プレゼントに応募できます。

昆虫ゲット

特別展関連ワークショップ
「釣りで昆虫フィギュアをゲット!」

■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回70名
■内 容  昆虫のフィギュアを釣ります。何が釣れるかお楽しみ!

特別展関連ワークショップ
「シャカシャカプラ板キーホルダー」

■日 時  9月2日(土)〜9月24日(日)の土日祝
       10:00〜12:0013:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  400円
■定 員  各回30名
■内 容  プラ板で作った昆虫がシャーレの中で動く
       キーホルダーを作ります。

森に親しむ博物館 キシツツジ

ロビー展「森に親しむ博物館」
■日 時  9月23日(土)〜11月5日(日)
■場 所  1階多目的ホール前 ロビー
■料 金  無料
■内 容
このロビー展では、精巧な植物レプリカ標本を用いて県下に分布する貴重な植物を紹介するとともに、愛媛県では見られなくなった昆虫の標本などを展示します。

パネル巡回展
「海と生きものとわたしたち 〜3.11からの復興をめざして〜」

■日 程  9月28日(木)〜11月30日(木)
■場 所  展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容
2011年3月11日の地震によって生じた津波で沿岸の街は破壊され、大量のガレキが海に流れ込みました。陸の被害は目に見えますが、海の被害はなかなか見ることができません。しかし、調査を進めると、海底はかき混ぜられ、海の環境が大きな影響を受けていることが分かりました。
この巡回展では、ウニやサケなどの生きもの、津波やガレキの影響など、復興を目指すTEAMS研究者の取り組み、海の環境や生態系についてご紹介します。
海の持続可能性とは?海の豊かさとは?「海」と「生きもの」と「わたしたち」の未来について、一緒に考えてみましょう。
■企画制作 東北マリンサイエンス拠点形成事業
       ―海洋生態系の調査研究
       ―Tohoku Ecosystem-Associated
        Marine Sciences (TEAMS(ティームス)) 
■協 力  全国科学館連携協議会

サイエンスショー 花火

サイエンスショー
「花火のふしぎ」

■日 時  7月15日(土)〜10月9日(月祝)13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容
夜空にきらめく打ち上げ花火、手に持って楽しむ花火‥‥。
美しい火花が出るのはなぜ?赤や緑の炎の色はどうやってつけるの?
そんなふしぎがいっぱいの花火に、楽しい実験やクイズでせまります。
さあ、サイエンスショーで花火のひみつを学んで、この夏もいっぱい楽しみましょう!
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ 宇宙なんちゃらこてつくん

「宇宙なんちゃら こてつくん プラネタリウム」

「宇宙なんちゃら こてつくん」(原作:にしむらゆうじ)が、ついにプラネタリウムに登場。
テレビアニメのエピソードをベースとしながら、オリジナルストーリーで番組を制作。
満天の星や宇宙を全天映像で楽しめるプラネタリウムならではのシーンをお届けします。
さあ、こてつたちと一緒に「ちょっくら宇宙に行ってこーい!」。

プラネ 恐竜超世界

「恐竜超世界 受け継がれるいのち」

独特な進化を果たした2体の恐竜について迫ります。巨大な手を持つ「デイノケイルス」と恐竜界随一の知性の高さを持つ「トロオドン」。6600万年前の地球を舞台に、親から子へ受け継がれる知恵、そして生命。厳しい生存競争のなか、懸命に生きる親子の物語です。

【博物館講座(8月申込締切・9月開催)】

〈科学工作教室〉

振動たわしで競争しよう!
■日 時  9月2日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  850円
■締 切  8月10日(木)

い佞靴!たのしい!ぴこぴこカプセル
■日 時  9月16日(土)13:30〜14:30
■対 象  小学生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  450円
■締 切  8月25日(金)

【博物館講座(9月申込締切・9月開催)】

〈自然観察会〉

秋のブナ林トレッキング
■日 時  9月23日(土祝)10:00〜15:30
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  皿ヶ峰(東温市)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  9月1日(金)
■備 考  約4時間歩きます。荒天時中止。

【博物館講座(9月申込締切・10月開催)】

〈自然観察会〉

Ыの樹木ウォッチング
■日 時  10月7日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  えひめこどもの城(松山市) ※現地集合
■参加費  150円
■締 切  9月15日(金)
■備 考  荒天時中止。約2時間半歩きます。

┘▲汽マダラの旅の不思議
■日 時  10月15日(日)10:00〜12:00
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  第1研修室、博物館周辺
■参加費  150円
■締 切  9月22日(金)
■備 考  荒天時は研修室で座学のみ。

〈産業講座〉

宇和島九島でマダイ養殖について学ぼう
■日 時  10月21日(土)12:30〜16:00
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  宇和島九島、九島沖 ※現地集合
■参加費  1,150円(船代含む)
■締 切  9月29日(金)
■講 師  広沢初志
       (愛媛県漁業協同組合 宇和島支所 副運営委員長)
■備 考  荒天時中止。
※岸壁からの船の乗り降り、島内1.4キロほどの徒歩移動あり。
※締切日に応募者が10名に達していない場合は中止。

9月の休館日
5日(火)、11日(月)、19日(火)、25日(月)、26日(火)、27日(水)



museum88 at 09:09|PermalinkComments(0)clip!

2023年07月19日

【愛媛県美術館25周年記念】海洋堂展 創るたのしみをすべての人に

20230719_ehime-art01


会期
2023年7月22日(土)〜9月18日(月・祝)

開館時間
9:40〜18:00(入場は17:30まで)

休館日
7月24日(月)、31日(月)、8月8日(火)、14日(月)、8月21日(月)、28日(月)

会場
愛媛県美術館 本館2階常設展示室1・2

主催
「海洋堂展」実行委員会(愛媛県、あいテレビ、愛媛新聞社)

特別協力
株式会社海洋堂、株式会社奇想天外

協賛
愛媛銀行

協力
宇和島市、鬼北町、松野町、四万十市、四万十町(予土線沿線5 市町)、愛媛県総合科学博物館

後援
松山市、松山市教育委員会、愛媛県市町教育委員会連合会、愛媛県小中学校長会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、愛媛県文化協会、(公財)愛媛県文化振興財団、(公財)松山観光コンベンション協会、JR四国、伊予鉄グループ、愛媛県予土線利用促進対策協議会、高知県予土線利用促進対策協議会、JR予土線圏域の明日を考える会、朝日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、産経新聞社、南海放送、テレビ愛媛、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛、えひめリビング新聞社、ウイークリーえひめリック

観覧料
       当日券   前売券
一般     1,100円   900 円
65歳以上   1,000円    ―
高大生    800円   600 円
小中生    500円   300 円
※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1 名は無料です。
※満65 歳以上の方は、年齢の分かるものをご提示ください。
※団体(20 人以上)の方は、前売料金で当日ご入場いただけます。
※マチカカードとマチカアプリどちらもご利用いただけます。
※本料金で当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
※本展観覧券で当日に限り「石村嘉成展」を100 円引きでご覧いただけます。
※大口購入で割引があります。詳しくは事務局までお問合せください。
※前売り券の販売は2023 年5 月22 日(月)〜7 月21 日(金)までです。
前売券販売場所: 愛媛県美術館(ミュージアムショップ、南館ふれあいアートセンター)、あいテレビ(本社受付、オンラインチケット)、愛媛新聞旅行(平日9:30〜17:00、土曜9:30〜13:00)、愛媛CATV、いよてつ眦膕亜▲侫献哀薀鵝幣昌魁▲┘潺侫MASAKI、重信、川之江、新居浜、西条、今治、大洲、北浜、北宇和島)、明屋書店県内各店(一部除く)、コープえひめ生活文化サービス、ローソンチケット(Lコード:62766)、
チケットぴあ(Pコード:686−470)、CN プレイガイド、ファミリーマート、セブンイレブン、チケット愛媛、伊予鉄道主要各駅他
【取り寄せ】愛媛新聞社県内支社・愛媛新聞エリアサービス・四国中央テレビ

前売券販売所
愛媛県美術館ミュージアムショップ、南海放送(本社受付)、フジグラン県内各店(※一部除く)、コープえひめ生活文化サービス、ローソンチケット(Lコード:61361)、チケットぴあ(Pコード686-503)、ファミリーマート、セブンイレブン
※前売券販売は7月14日(金)まで

開催趣旨
本展では、今もなお進化を続けるフィギュア製作会社海洋堂のスピリットや技術に迫ります。
海洋堂創始者・宮脇修の創業時の理念を資料とともに振り返るほか、高い技術をもつ造形師や塗装師たちのこだわりから生まれたフィギュアを多数展示。フィギュアづくりの元となったスケッチや3D モデルのデータなど、制作のこだわりと熱意が伝わる原資料も展示します。実際に手を動かして「創るたのしみ」を体験できるコーナーでこの夏の思い出を作りましょう。

海洋堂について
1964年大阪府守口市にて、宮脇修(みやわき おさむ)が創業。
小さなプラモデル屋からスタートし、1980年代より、「ガレージキット」の製造販売をいちはやく手掛け、フィギュアメーカーへと転身。2000 年頃、食玩ブームを巻き起こし、マニア層だけでなく一般層までに「フィギュア」の知名度を広げる。「海洋堂ホビー館四万十」(高知県)のほか、2021 年には「海洋堂スペース・ファクトリーなんこく」(高知)や「海洋堂ホビーランド」(大阪)など、新規施設をオープンさせ、さらにフィギュアの門戸を広げようとしている。リアルで躍動感溢れる独自の造形表現やそのクオリティは世界屈指の水準を誇り、様々なミュージアムや企業とのコラボレーションを行う。

本展の構成
第1章 創業当時の写真資料や出版物などから海洋堂の歴史を振り返る。
第2章 個性豊かな海洋堂の造形師・塗装師たちや彼彼女らが生み出した商品、作品を紹介する。
BOME(ボーメ)…美少女フィギュアの造形の第一人者であり、現代美術作家とのコラボレーションでその文化的功績も認められている。
松村しのぶ…動物に対する広範な知識と、造形家としての高度な技術を併せ持つネイチャー系フィギュアの第一人者。
古田悟郎…海洋堂の生物系フィギュアの塗装見本をほぼすべててがける。爬虫類や古生物への造詣も深く、造形師としても高い評価を得ている。8/13(土)の対談イベントにも登壇。
山口勝久…手足などの関節部分を動かすことで、漫画やアニメのキャラクターを自分の理想的なポーズに動かす楽しさをフィギュアの世界に持ち込んだ。
この他多数の造形師・塗装師を紹介。
第3章 バラエティに富んだ商品展開、ファンたちを納得させるクオリティのフィギュアを絶え間なく提供し続けてきた海洋堂の個性的な事業を紹介する。

予土線沿線地域関連イベント
・本展でも特別協力いただいた株式会社奇想天外が運営する「海洋堂ホビー館四万十」はJR予土線の打井川駅が最寄駅です。海洋堂フィギュアコレクション約8,000 点を展示しています。沿線地域ゆかりの情報として、沿線地域の関連ポスターや情報を掲示するコーナーを設けるほか、関連イベントを開催予定です。
・竹谷隆之デザイン、海洋堂制作の「鬼王丸」と撮影会を実施予定です。
・詳細は決まり次第HP や海洋堂展情報サイトにて公開予定です。

お問い合わせ先
「海洋堂展」実行委員会事務局(あいテレビビジネス開発部内)
TEL. 089-921-2192(平日9:00-17:30)
愛媛県美術館HP https://www.ehime-art.jp/info/?p=3811
海洋堂展情報サイト https://lit.link/ehmkyd2023

museum88 at 17:07|PermalinkComments(0)clip!

【愛媛県美術館】石村嘉成展

20230719_ehime-art02


会期
令和5年(2023)7月15日(土)〜9月10日(日)

開館時間
9:40〜18:00(入場は17:30まで)

休館日
7月18日(火)、24日(月)、31日(月)、8月8日(火)、14日(月)、8月21日(月)、28日(月)、9月5日(火)

会場
愛媛県美術館本館1階[企画展示室]

主催
「石村嘉成展」実行委員会(愛媛県、南海放送)

特別協賛
伊予銀行

協賛
オオノアソシエーツ、なかま1000プロジェクト、株式会社門屋組、 松山三越、マルトモ、アビリティーセンター株式会社、 税理士法人 越智会計事務所、meiji、住友金属鉱山、畑田本舗、 株式会社三好鉄工所、青野海運グループ、笑歩会、東陽製菓株式会社(順不同)

後援
松山市、松山市教育委員会、新居浜市、新居浜市教育委員会、愛媛県市町教育委員会連合会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟、愛媛県文化協会、(公財)愛媛県文化振興財団、愛媛新聞社、朝日新聞松山総局、読売新聞松山支局、毎日新聞松山支局、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛、えひめリビング新聞社、RNC西日本放送、JRT四国放送、RKC高知放送、RSK山陽放送

観覧料
【一般】1,400円(前売・団体1,200円)
【高大生】700円(前売・団体500円)
【小中生】500円(前売・団体300円)
※ペアチケット:前売2,200円(限定200セット)
…取扱はローソンチケットのみ。チケット1枚で2名入場可(同時入場に限る)。
※障がい者手帳等の所持者とその介護者1名は、無料で入場可。
※団体は20名以上。
※本展観覧券で当日に限り「海洋堂展」を100円引きで観覧可。
※本料金で、当日に限りコレクション展も観覧可。
※大口購入での割引あり。問い合わせは実行委員会事務局まで。

前売券販売所
愛媛県美術館ミュージアムショップ、南海放送(本社受付)、フジグラン県内各店(※一部除く)、コープえひめ生活文化サービス、ローソンチケット(Lコード:61361)、チケットぴあ(Pコード686-503)、ファミリーマート、セブンイレブン
※前売券販売は7月14日(金)まで

関連イベント

1 記念講演会オープニングトークショーとライブドローイング
日時:7月15日(土)14:00〜15:00
場所:美術館講堂
出演:石村嘉成氏、石村和徳氏
定員:120名
※要事前申込。参加無料。

2 ライブドローイング
日時:7月17日(月・祝)14:00〜14:20、7月22日(土)15:30〜15:50、8月6日(日)10:00〜10:20
場所:美術館エントランス
講師:石村嘉成氏
※事前申込不要。参加無料。

3 ワークショップ「版画を楽しもう」
日時:7月22日(土)、8月5日(土)、8月19日(土)各日10:00〜
場所:美術館エントランス
講師:石村嘉成氏
参加費:1,000円。作家の版を使って制作体験。
定員:各回20名
※要事前申込。

4 特別記念講演会「療育〜親子の物語」
日時:7月29日(土)13:30〜15:00
場所:南海放送テルスターホール(松山市本町1−1−1)
出演:石村嘉成氏、石村和徳氏
※事前申込不要。参加無料。

◎1、3のイベントはすでに定員に達したため、申込受付は終了しました。
◎新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。

開催趣旨
自らの障がいと向き合いながら創作活動を続ける、新居浜市在住のアーティスト・石村嘉成。熱心な観察と自由な想像力によって表現された、色鮮やかで力強い生きものたちの姿は、「生命」そのものの躍動を伝えてくれます。挑戦を続ける石村の軌跡と最新の活動を紹介します。
大きな見どころは、美術館の展示室の壁面に合わせて描き下ろされた全長26メートルにも及ぶ大作《Animal History》です。

お問い合わせ先
「石村嘉成展」実行委員会事務局(南海放送愛媛アライアンス戦略局内)
TEL.089-915-8889(平日10:00〜17:00)


museum88 at 17:07|PermalinkComments(0)clip!

2023年07月05日

【愛媛県総合科学博物館】8月イベント情報

イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
特別展「昆虫王国」タイトル
特別展「昆虫王国」

特別展「みんなあつまれ!昆虫王国」
■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)
■場 所  企画展示室
■内 容
昆虫は名付けられているものだけで約100万種にのぼる膨大な種数をもち、地球上に生息する生物数の半数以上を占めるといわれています。これは、昆虫が地球上のさまざまな環境に適応し、他の生物に比べ著しい多様化を遂げたことを物語っており、まさに地球は昆虫の王国といえます。
今回は、強さ自慢のカブトムシ・クワガタムシたち、美しさ自慢のチョウたち、擬態の達人のコノハムシたちなど特色のある昆虫たちを、標本を中心に紹介します。お客様が昆虫という身近な存在から身近な自然に興味を持ち、自然や生物の多様性とその大切さについて理解を深めてもらえるような内容になっています。

展示内容
.船腑Δ硫国
友の会監事を長らく務めた故・三谷晃良氏が収集した世界の蝶など、美しく珍しいチョウの標本を展示します。特別展「昆虫王国」ヘラクレスオオカブト

▲ブト・クワガタの王国
生きたヘラクレスオオカブトなど、強くてカッコいいカブト・クワガタを展示します。

われら怪しい昆虫の王国
葉っぱにそっくりなコノハムシや、目玉模様のフクロウチョウなど擬態する昆虫を展示します。

ぅ押璽爐把戦!昆虫王国
イライラ棒ゲームや早押しゲームで、昆虫に挑戦してみよう。

イ気錣譴觝虫王国
カブトムシを放し飼いにした虫小屋で、生きた昆虫たちと触れ合ってみよう。

【特別展関連イベント】

特別展関連イベント デジタル飛び出す昆虫展AR

特別展関連イベント
「デジタル飛び出す昆虫展AR」

■日 時  7月22日(土)〜8月6日(日)
■場 所  オリエンテーションルーム
■主 催  NHK松山放送局、愛媛県総合科学博物館
■内 容  会場に巨大虫かごテントが登場!
       テント内に隠れたデジタル昆虫を専用の
       タブレット端末を使って探し出し、家族や友だち、
       みんなで「ミッション」にチャレンジしよう!
■備 考  入場方法など詳しくはNHK松山放送局
       HPをご確認ください。

特別展関連イベント ブータンシボリアゲハ♀

特別展関連イベント
昆虫講演会「みつけろ!王国の秘チョウ」

■日 時  8月11日(金祝) 10:00〜12:00
■場 所  第1研修室
■定 員  90名(先着順)事前予約制
■参加費  無料
■講 師  矢後勝也氏(東京大学総合研究博物館)
■内 容
東京大学総合研究博物館の矢後勝也博士に、同氏が2011年に現地で78年ぶりに再発見した「秘チョウ」・ブータンシボリアゲハに関する講演を行ってもらいます。

特別展関連イベント
「昆虫クイズラリー」

■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  企画展示室・展示棟4階 自然館
■料 金  100円
■定 員  各回100名
■内 容  企画展示室と展示棟4階自然館を周りながら、
       昆虫に関するクイズに挑戦します。
       挑戦者全員にプレゼントがあります。
■備 考  特別展と常設展チケットが必要

昆虫グッズ_フェルト

特別展関連イベント
「フェルトで昆虫ポーチをつくろう」

■日 時  8月10日(木)10:00〜11:30/13:00〜14:30
■場 所  第1研修室
■料 金  750円
■定 員  各回15名
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
■内 容  針と糸を使い、フェルトで昆虫アップリケの付いた
       ポーチを作ります。夏休みの作品提出にもどうぞ。
■申 込  博物館HPより要申込
■締 切  7月26日(水)
■備 考  針と糸を使う工作です。

【特別展関連ワークショップ】
ワークショップに3つ以上参加すると、プレゼントに応募できます。

昆虫ゲット

特別展関連ワークショップ
「釣りで昆虫フィギュアをゲット!」

■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回70名
■内 容  昆虫のフィギュアを釣ります。何が釣れるかお楽しみ!

昆虫 段ボール

特別展関連ワークショップ
「段ボールクラフト -昆虫版-」

■日 時  7月15日(土)〜8月6日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  500円
■定 員  各回30名
■内 容  段ボールで昆虫の模型を作ります。

昆虫 チョウ ストラップ

特別展関連ワークショップ
「チョウのストラップ」

■日 時  8月11日(金祝)〜8月15日(火)
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回100名
■内 容  チョウ型のトップと紫外線ビーズを使った
       ストラップを作ります。

昆虫 木製パズル

特別展関連ワークショップ
「昆虫型の木製パズル」

■日 時  8月19日(土)〜8月27日(日)の土日祝
       10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■料 金  500円
■定 員  各回30名
■内 容  木で昆虫の模型を作ります。
       作る昆虫により難易度が異なります。

夏だ!おもしろ実験まつり
■日 時  8月13日(日)〜8月15日(火) 
■場 所  博物館エントランスホールほか
■内 容  楽しい実験ショーやワークショップを開催します。

教員のための博物館の日2023
in愛媛県総合科学博物館

■日 程  8月18日(金)
■時 間  13:00〜17:30
■対 象  小学校・中学校・高等学校・義務教育学校・
       特別支援学校の教職員、教員を目指す学生、
       その他教育関係者
■定 員  事前申込制、先着順 ※プログラムにより異なります。
■料 金  内容により異なる
■内 容  学習指導要領に沿った博物館の利用方法を紹介したり、
       教職員対象の授業に役立つ科学講座を実施します。
■申 込  申込書をFAXまたはE-mailでお送りください。

サイエンスショー 花火

サイエンスショー
「花火」

■日 時  7月15日(土)〜10月9日(月祝)13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  今回のサイエンスショーでは、「花火」をテーマに
       楽しい実験を行います。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
夏休み期間中
(7/21〜8/31)の水曜
13:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ 宇宙なんちゃらこてつくん

「宇宙なんちゃら こてつくん プラネタリウム」

「宇宙なんちゃら こてつくん」(原作:にしむらゆうじ)が、ついにプラネタリウムに登場。
テレビアニメのエピソードをベースとしながら、オリジナルストーリーで番組を制作。
満天の星や宇宙を全天映像で楽しめるプラネタリウムならではのシーンをお届けします。
さあ、こてつたちと一緒に「ちょっくら宇宙に行ってこーい!」。

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ 恐竜超世界

「恐竜超世界 受け継がれるいのち」

独特な進化を果たした2体の恐竜について迫ります。巨大な手を持つ「デイノケイルス」と恐竜界随一の知性の高さを持つ「トロオドン」。6600万年前の地球を舞台に、親から子へ受け継がれる知恵、そして生命。厳しい生存競争のなか、懸命に生きる親子の物語です。

プラネ むしむし星空大行進

「むしむし大行進」※7月29日・8月14日・15日・18日限定投影!

昆虫や植物の名前には、星の神話に関わるものがたくさんあります。そんな星空にまつわる名前を持つ小さな生きものたちを、姿も性格も個性豊かな昆虫キャラクターたちが四季の星空とともに紹介します。

プラネタリウム企画 「星空スタディ」

スタッフによる45分間ライブ投影。小学校4年生の理科の学習指導要領にある話を中心に、夏の星空を紹介します。

【博物館講座(7月申込締切・8月開催)】

〈親子自然教室〉

〆虫の標本をつくろう
■日 時  (1日目)昆虫採集7月29日(土)10:00〜12:00
       (2日目)標本作り7月30日(日)【A班】or【B班】
       (3日目)標本整理8月5日(土)【A班】or【B班】
       【A班】10:00〜12:00 【B班】13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し保護者1名の参加が必要です。
■定 員  各6組12名
■場 所  博物館周辺、科学実験室
■参加費  1組550円
■締 切  7月7日(金)
■備 考  1回目が荒天の場合、全講座中止。
※3日セットの受講です。
 採集は合同、2日目と3日目は、A班とB班にわかれます。
 希望の班(AかB)を選んでください。

⇒佞辰竸浚佞鬚弔ろう
■日 時  8月20日(日)【A】10:00〜12:00 【B】13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し、保護者1名の参加が必要です。
■定 員  各12組24名
■場 所  第1研修室、博物館敷地内
■参加費  1組350円
■締 切  7月28日(金)
■備 考  雨天決行
       ※受講は1回のみです。希望時間(AかB)を選んでください。

〈科学実験教室〉

.轡礇椒鷆魅謄ニックを体験しよう
■日 時  8月16日(水)10:00〜12:00
■対 象  小学1年生以上
       (小学1年生から3年生は保護者同伴、未就学児の同伴可)
■定 員  25名
■場 所  屋外展示場
■参加費  子ども450円、保護者50円
■締 切  7月26日(水)

〈科学工作教室〉

簡単なラジオを作って電波を受信しよう!
■日 時  8月9日(水)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  950円
■締 切  7月19日(水)

【博物館講座(8月申込締切・8月開催)】

〈天体観望会〉

月と土星
■日 時  8月26日(土)19:30〜21:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  15名
■場 所  プラネタリウム、屋上天文台
■参加費  50円
■締 切  8月4日(金)
■講 師  博物館友の会天文クラブ
■備 考  曇天時はプラネタリウムのみ。

〈科学実験教室〉

⊃箸硫鵑蠅諒射線測定体験教室
■日 時  8月19日(土)9:30〜15:00
■対 象  小学3年生〜高校生と保護者(小中学生は保護者同伴)
■定 員  40名
■場 所  第1研修室、常設展示室
■参加費  無料
■締 切  6月12日(月)〜8月7日(月)
■備 考  申し込み先、問い合わせ先…愛媛県庁 原子力安全対策課
■TEL    089-912-2352(原子力監視グループ)
■FAX    089-931-0888
■メール  genshiryokuanzen@pref.ehime.lg.jp
※申し込み方法は別途HPでお知らせします。

【博物館講座(8月申込締切・9月開催)】

〈科学工作教室〉

振動たわしで競争しよう!
■日 時  9月2日(土)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  850円
■締 切  8月10日(木)

8月の休館日
なし



museum88 at 14:24|PermalinkComments(0)clip!

2023年06月07日

【愛媛県総合科学博物館】7月イベント情報

イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
特別展「昆虫王国」

特別展「みんなあつまれ!昆虫王国」
■日 時  7月15日(土)〜9月24日(日)
■場 所  企画展示室
■内 容
博物館が開館以来収集してきた標本、旧県立博物館が半世紀にわたり収集し長らく公開されていない標本、地元の収集家が集めたチョウのコレクションなど、世界の珍しい昆虫標本を一挙公開します。生きているカブトムシに触ることができる虫小屋や、ゴキブリなど嫌われながらも身近な昆虫、絶滅が心配される昆虫の貴重な標本も展示します。

展示内容
.船腑Δ硫国
友の会監事を長らく務めた故・三谷晃良氏が収集した世界の蝶など、美しく珍しいチョウの標本を展示します。

▲ブト・クワガタの王国
生きたヘラクレスオオカブトなど、強くてカッコいいカブト・クワガタを展示します。

われら怪しい昆虫の王国
葉っぱにそっくりなコノハムシや、目玉模様のフクロウチョウなど擬態する昆虫を展示します。

ぅ押璽爐把戦!昆虫王国
イライラ棒ゲームや早押しゲームで、昆虫に挑戦してみよう。

イ気錣譴觝虫王国
カブトムシを放し飼いにした虫小屋で、生きた昆虫たちと触れ合ってみよう。

特別展関連イベント デジタル飛び出す昆虫展AR

特別展関連イベント
「デジタル飛び出す昆虫展AR」

■日 時  7月22日(土)〜8月6日(日) 時間未定
■場 所  オリエンテーションルーム
■料 金  無料
■内 容
森・水辺・草むらの3つのゾーンに潜む昆虫たちのARマーカーを探して、昆虫たちについて3Dモデルや動画で学ぼう。

特別展関連イベント ブータンシボリアゲハ♀

特別展関連イベント
昆虫講演会「みつけろ!王国の秘チョウ」

■日 時  8月12日(土) 時間未定
■場 所  第1研修室(仮)
■料 金  無料 
■内 容
東京大学総合研究博物館の矢後勝也博士に、同氏が2011年に現地で78年ぶりに再発見した「秘チョウ」・ブータンシボリアゲハに関する講演を行ってもらいます。

初夏イベント
■日 時  7月8日(土)〜7月9日(日) 
■場 所  博物館エントランスホールほか
■料 金  未定
■内 容  初夏にぴったりの楽しいイベントや
       ワークショップを開催します。

夏休み自由研究相談所
■日 時  7月27日(木)・7月28日(金)
       10:00〜12:00 / 14:00〜16:00
■場 所  生涯学習棟1階 図書室
■対 象  小・中学生
■料 金  無料
■定 員  各日50組程度
■内 容  学芸員が、自然・科学・産業に関する
       自由研究のアドバイスをします。
■共 催  博物館友の会

南極中継イベント

南極・昭和基地ツアー!
国立極地研究所南極・北極科学館連携機関へ生中継2023

■日 時  7月29日(土)14:50〜15:45
       (昭和基地との中継 15:00〜15:40)
■場 所  多目的ホール
■料 金  無料
■内 容
南極との生中継!全国の科学館や博物館と、南極の昭和基地がオンラインで繋がります。現地で活動中の第64次南極地域観測隊の越冬隊員が、基地の内部や現地での活動をご紹介。観測隊員に直接質問ができるチャンスもあります。
当日、第5回目のプラネタリウムは特別投影「南極大陸 宇宙に開かれた窓」を投影します。

サイエンスショー てこと滑車

サイエンスショー
「てこと滑車でパワーアップ!!」

■日 時  4月15日(土)〜7月9日(日)13:00〜 / 15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  てこの原理を利用したいろいろな道具の紹介や、
       滑車を使った不思議な実験を行います。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

サイエンスショー 花火

サイエンスショー
「花火」

■日 時  7月15日(土)〜10月9日(月祝)13:00〜 / 15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  今回のサイエンスショーでは、「花火」をテーマに
       楽しい実験を行います。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
夏休み期間中
(7/21〜8/31)の水曜
13:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ 宇宙なんちゃらこてつくん

「宇宙なんちゃら こてつくん プラネタリウム」

「宇宙なんちゃら こてつくん」(原作:にしむらゆうじ)が、ついにプラネタリウムに登場。
テレビアニメのエピソードをベースとしながら、オリジナルストーリーで番組を制作。
満天の星や宇宙を全天映像で楽しめるプラネタリウムならではのシーンをお届けします。
さあ、こてつたちと一緒に「ちょっくら宇宙に行ってこーい!」。

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ・新恐竜大進撃

「新・恐竜大進撃」

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!
私たちが住むこの日本にも恐竜たちの王国がありました。日本の恐竜史上最大級の丹波竜。大きさは全長10数メートルにも。丹波竜はのんびり動かない超スローライフを送っていたことが判明しました。弱肉強食の恐竜世界で、どうやってスローライフを実現させたのでしょうか?
さらに最新の研究によってティラノサウルスの謎が明らかになってきました。
恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

プラネ 恐竜超世界

「恐竜超世界 受け継がれるいのち」※7月19日(水)投影開始!

独特な進化を果たした2体の恐竜について迫ります。巨大な手を持つ「デイノケイルス」と恐竜界随一の知性の高さを持つ「トロオドン」。6600万年前の地球を舞台に、親から子へ受け継がれる知恵、そして生命。厳しい生存競争のなか、懸命に生きる親子の物語です。

プラネタリウム企画 「星空スタディ」

スタッフによる45分間ライブ投影。小学校4年生の理科の学習指導要領にある話を中心に、夏の星空を紹介します。

【博物館講座(6月申込締切・7月開催)】

〈自然観察会〉

ヌ襪粒な佞寮犬物ウォッチング
■日 時  7月22日(土)18:30〜21:00
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  鴨池海岸公園(今治市大西町)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  6月30日(金)
■備 考  荒天時中止

【博物館講座(7月申込締切・7月開催)】

〈親子自然教室〉

〆虫の標本をつくろう
■日 時  (1日目)昆虫採集7月29日(土)10:00〜12:00
       (2日目)標本作り7月30日(日)【A班】or【B班】
       (3日目)標本整理8月5日(土)【A班】or【B班】
       【A班】10:00〜12:00 【B班】13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し保護者1名の参加が必要です。
■定 員  各6組12名
■場 所  博物館周辺、科学実験室
■参加費  1組550円
■締 切  7月7日(金)
■備 考  1回目が荒天の場合、全講座中止。
※3日セットの受講です。
 採集は合同、2日目と3日目は、A班とB班にわかれます。
 希望の班(AかB)を選んでください。

【博物館講座(7月申込締切・8月開催)】

〈親子自然教室〉

⇒佞辰竸浚佞鬚弔ろう
■日 時  8月20日(日)【A】10:00〜12:00 【B】13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申し込みも必要)
       ※小学生1名に対し、保護者1名の参加が必要です。
■定 員  各12組24名
■場 所  第1研修室、博物館敷地内
■参加費  1組350円
■締 切  7月28日(金)
■備 考  雨天決行
※受講は1回のみです。希望時間(AかB)を選んでください。

〈科学実験教室〉

.轡礇椒鷆魅謄ニックを体験しよう
■日 時  8月16日(水)10:00〜12:00
■対 象  小学1年生以上
       (小学1年生から3年生は保護者同伴、未就学児の同伴可)
■定 員  25名
■場 所  屋外展示場
■参加費  子ども450円、保護者50円
■締 切  7月26日(水)

〈科学工作教室〉

簡単なラジオを作って電波を受信しよう!
■日 時  8月9日(水)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  950円
■締 切  7月19日(水)

7月の休館日
4日(火)、10日(月)、18日(火)



museum88 at 10:43|PermalinkComments(0)clip!

2023年05月08日

愛媛県立とべ動物園/愛媛県が新規登録されました。

愛媛県の「愛媛県立とべ動物園」が
ミュージアム88カードラリーin四国に新規登録されました。
施設情報はこちら

museum88 at 09:48|PermalinkComments(0)clip!

2023年04月27日

【愛媛県総合科学博物館】6月イベント情報

新型コロナウイルスの影響により、イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。
企画展「科学捜査展」チラシ

企画展「科学捜査展」
■日 時  4月22日(土)〜6月25日(日)
■場 所  1階企画展示室
■料 金

  企画展のみ 企画展+常設展
大人(高校生以上) 800円 1,100円
65歳以上の方 700円 800円
小中学生 500円 500円

■内 容
「科学捜査」とは、現場に残された“見えない証拠”をいろいろな角度から分析していくものです。この企画展では、犯罪捜査で活用される科学技術とはどのようなものか、テレビでもおなじみの指紋鑑定や血痕分析など、実際に事件や事故で用いられる様々な鑑定技術について、体験装置や映像、パネル展示で紹介します。また、「捜査体験コーナー」では、タブレット端末を使って事件現場セットの中から様々な証拠を集め、事件解決までをゲーム感覚で体験することができます。

展示内容
科学捜査紹介コーナー
企画展「科学捜査」1
指紋鑑定
指紋の違いを比較したり、指紋を検出したりする方法を紹介。

毛髪鑑定
毛髪の構造や毛髪の分析から得られる情報を紹介。

企画展「科学捜査」2
血痕分析
試薬を使った血痕の判別方法と血痕の付着の仕方で何がわかるのかを紹介。

粘膜分析
塗料を分析する方法の原理の紹介と比較するとどのように見えるのかを紹介。

交通事故鑑定(法医学)
人形などを用いて、事故の推測方法を紹介。

交通事故鑑定(工学)
簡単な動画を用いてシミュレーションの様子を紹介。

火災鑑定(火元の特定)
火元を見つけ出すポイントや、火災の原因となる可能性について紹介。

火災鑑定(成分分析)
灯油やガソリンなどの燃焼促進剤を分析することで、何が分かるのかを紹介。

足跡鑑定
足跡採取の方法や足跡の分析から得られる情報を紹介。

科学捜査体験コーナー
※「科学捜査体験コーナー」のみ入場される場合、企画展チケットは不要です。
■日 時  4月22日(土)〜6月25日(日)
■場 所  1階企画展示室
■料 金  端末1台につき400円(端末1台5名まで)
■内 容
タブレット端末を使って、会場の事件現場セットの中から様々な情報を集め、事件解決までをゲームのように体験することができます。事件内容が複数あるため、期間を設けて、内容を変更します。

■参加受付方法・受付時間
【平日】(先着順)9:15〜11:45(受付11:15まで)
         13:00〜17:00(受付16:30まで)

【土日祝】(予約制)9:15〜11:45(受付11:15まで)
          13:00〜15:00
     (先着順)15:00〜17:00(受付16:30まで)

【5/3〜5/7】(終日予約制)9:15〜11:45(受付11:15まで)
              13:00〜17:00(受付16:30まで)

※予約制の場合は、当日朝9時より整理券を配布。30分おきに、12組ずつ行います。

■科学捜査体験コーナー スケジュール
4月22日(土)〜5月14日(日)
「九段町ヒルズ 火災事件」(難易度★☆☆)

5月16日(火)〜6月5日(月)
「スーパーくだん 盗難事件」(難易度★★☆)

6月9日(金)〜6月25日(日)
「九段町交差点 交通事故」(難易度★★★)

関連イベント
「講演会 科捜研のお仕事紹介」

■日 時  6月11日(日)
       10:30〜11:10(受付開始 10:00〜)
■場 所  第1研修室
■料 金  企画展チケットが必要 
■内 容  科捜研の方のお話を聞いて、
       科捜研の仕事についての理解を深めます。
■申 込  事前予約制・申し込みは先着順。
       博物館HPをご確認ください。
■定 員  50名 
■協 力  愛媛県警察本部 科学捜査研究所

サイエンスショー てこと滑車

サイエンスショー
「てこと滑車」
■日 時  4月15日(土)〜7月9日(日)
       13:00〜  /  15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■定 員  40名程度
■料 金  常設展示観覧券でご覧いただけます。
■内 容  てこの原理を利用したいろいろな道具の紹介や、
       滑車を使った不思議な実験を行います。
■開演時刻

  1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00

※各回 25分程度

【プラネタリウム】
※投影スケジュールは未定です。恐れ入りますが博物館までお問合せください。

プラネ 宇宙なんちゃらこてつくん

「宇宙なんちゃら こてつくん プラネタリウム」
※4月18日より投影開始!

「宇宙なんちゃら こてつくん」(原作:にしむらゆうじ)が、ついにプラネタリウムに登場。
テレビアニメのエピソードをベースとしながら、オリジナルストーリーで番組を制作。
満天の星や宇宙を全天映像で楽しめるプラネタリウムならではのシーンをお届けします。
さあ、こてつたちと一緒に「ちょっくら宇宙に行ってこーい!」。

プラネ ヒーリングアース

「ヒーリングアース」

本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

プラネ・新恐竜大進撃

「新・恐竜大進撃」

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!
私たちが住むこの日本にも恐竜たちの王国がありました。日本の恐竜史上最大級の丹波竜。大きさは全長10数メートルにも。丹波竜はのんびり動かない超スローライフを送っていたことが判明しました。弱肉強食の恐竜世界で、どうやってスローライフを実現させたのでしょうか?
さらに最新の研究によってティラノサウルスの謎が明らかになってきました。
恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

【博物館講座(5月申込締切・6月開催)】

〈自然観察会〉

こな佞寮犬物ウォッチング2
■日 時  6月4日(日)13:30〜16:30
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  鴨池海岸公園(今治市大西町)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  5月12日(金)
■備 考  荒天時中止。約3時間歩きます。

〈科学工作教室〉

⊆Ю仄哀レーンゲームを作ろう
■日 時  6月18日(日)13:30〜16:30
■対 象  小学4年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  第1研修室
■参加費  1,150円
■締 切  5月26日(金)

〈産業講座〉

ー蠅垢和紙とギルディングカードづくり
■日 時  6月10日(土)・6月11日(日)
       【A】10:00〜11:30 【B】14:00〜15:30
       ※受講は1回のみです。
       希望日と希望時間(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上
       (小学1、2年生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  各回12名
■場 所  科学実験室
■参加費  250円
■締 切  5月19日(金)

【博物館講座(6月申込締切・7月開催)】

〈自然観察会〉

ヌ襪粒な佞寮犬物ウォッチング
■日 時  7月22日(土)18:30〜21:00
■対 象  小学生以上
       (小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  鴨池海岸公園(今治市大西町)※現地集合
■参加費  150円
■締 切  6月30日(金)
■備 考  荒天時中止。

6月の休館日
6日(火)、7日(水)、8日(木)、12日(月)、19日(月)、26日(月)



museum88 at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

2023年03月29日

【愛媛県美術館】愛媛県美術館開館25周年記念 大竹伸朗展

20230328_ehime-art
※画像をクリックすると大きな画像で見られます。
会期

令和5年(2023)5月3日(水・祝)〜7月2日(日)

開館時間

9時40分−18時(入場は17時30分まで)

休館日

月曜日※ただし、6月5日(月)は開館し、6月6日(火)は休館。

会場

愛媛県美術館 本館 1階 企画展示室1・2、2階 常設展示室1・2

主催

愛媛県美術館、東京国立近代美術館

特別協力

TAKE NINAGAWA、宇和島市、松山市、未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会

協賛

株式会社ベネッセホールディングス、公益財団法人 福武財団

愛媛展協賛

愛媛銀行、道後温泉旅館協同組合、株式会社サンメディカル、NINO.INC.、有限会社スタジオ広遊、藤田産業株式会社、TMトミオカ株式会社、株式会社ア・ファクトリー、道後商店街振興組合

観覧料

  個人 団体(20名以上)
一般 1,500円 1,300円
高大生 900円 700円

※高齢者(65 才以上)は当日一般料金から100 円引き
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1 名は無料。
※本展期間中の、パフィオうわじま内「大竹文庫」オリジナルスタンプを押したブックリスト、または道後温泉本館の「熱景/NETSU-KEI」コラボレーション入浴券の半券をお持ちの方は団体料金で入場可。

関連イベント

決定次第HPやSNSで告知します。

公式サイト

https://www.takeninagawa.com/ohtakeshinroten/

公式SNS

Instagram @ohtakeshinroten
Twitter @ohtakeshinroten

巡回情報

東京国立近代美術館
令和4年(2022)11月1日(火)〜令和5年(2023)2月5日(日)(終了)

富山県美術館
令和5年(2023)8月5日(土)〜9月18日(月・祝)

開催趣旨

本展は、高度成長期の東京に生まれ育ち、1988年以降は愛媛県宇和島市を拠点に制作する大竹伸朗の軌跡を7つのテーマ──「自/他」「記憶」「時間」「移行」「夢/網膜」「層」「音」──に基づいて読み解く回顧展です。
大竹伸朗(1955- )は、分野を限定することなく多彩に活動を展開し、二大国際展であるドクメンタ(2012年)とヴェネチア・ビエンナーレ(2013年)に参加するなど、現代日本を代表するアーティストとして海外でも高く評価されています。消費され、忘却されてゆくようなあらゆる「もの」に着目し、半世紀近くにわたり独創性に溢れる作品を手掛けてきました。その膨大な数の作品の中には《ニューシャネル》や《宇和島駅》を始め、宇和島ゆかりの作品も数多くみられます。
今回、ライフワークである70冊を超える《スクラップブック》や記念碑的な立体大型作品を含む、選び抜かれたおよそ500点にも及ぶ作品を、敢えて時系列から切り離し、その作品世界に没入できるよう再構築してご紹介します。大竹伸朗が、その半生をかけて見つめてきた情景を、作品を通して追体験していただければ幸いです。
開館25周年を迎える愛媛県美術館を会場に、初の地元開催となる本展では、宇和島市、そして道後温泉本館(松山市)と連携した特別展示も実施します。

作家プロフィール

大竹伸朗 Shinro Ohtake
大竹伸朗
©Shinro Ohtake, photo by Shoko

1955年東京都生まれ。愛媛県宇和島市在住。主な個展に熊本市現代美術館/水戸芸術館現代美術ギャラリー(2019)、パラソルユニット現代美術財団(2014)、高松市美術館(2013)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2013)、アートソンジェセンター(2012)、広島市現代美術館/福岡市美術館(2007)、東京都現代美術館(2006)など。また国立国際美術館(2018)、ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(2016)、バービカン・センター(2016)などの企画展に出展。ハワイ・トリエンナーレ(2022)、アジア・パシフィック・トリエンナーレ(2018)、横浜トリエンナーレ(2014)、ヴェネチア・ビエンナーレ(2013)、ドクメンタ(2012)、光州ビエンナーレ(2010)、瀬戸内国際芸術祭(2010、13、16、19、22)など多数の国際展に参加。また「アゲインスト・ネイチャー」(1989)、「キャビネット・オブ・サインズ」(1991)など歴史的に重要な展覧会にも多く参加している。

作家サイト https://www.ohtakeshinro.com

本展の見どころ

16年ぶりの大回顧展・東京国立近代美術館で立ち上げ
2006年に東京都現代美術館で開催された「全景1955–2006」以来となる大規模な回顧展。昨年東京国立近代美術館で立ち上げられました。1982年の大竹の初個展から40周年を経て、半世紀近くにおよぶ創作活動を一挙にご紹介します。

●7つのテーマで体感する作品世界
7つのテーマ「自/他」「記憶」「時間」「移行」「夢/網膜」「層」「音」に基づいた会場構成。ゆるやかにつながるテーマで、時代順にこだわることなく大竹の作品世界に没入し、その創作のエネルギーを体感できます。

●およそ500点の圧倒的なボリュームと密度
最初期の作品から近年の海外発表作、そしてコロナ禍に制作された最新作まで、およそ500点の作品が一堂に会します。
小さな手製本から巨大な小屋型のインスタレーション、作品が発する音など、ものと音が空間を埋め尽くします。

●本展のために製作されたニューグッズも多数登場
スナックの看板をモチーフにした代表作《ニューシャネル》(1998年)をはじめとした「大竹文字」Tシャツなどで人気を博す大竹伸朗グッズ。本展開催にあわせて製作された展覧会オリジナルのニューグッズが続々登場します。

●愛媛展だけの特別展示
初の地元開催となる愛媛展では、関わりの深い宇和島市と道後温泉本館(松山市)と連携した特別展示コーナーを設けます。
大竹伸朗展の開幕に先駆けて、4月1日より作品《宇和島駅》を公開いたします。

◎新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のため、イベント等の中止・変更の可能性があります。その場合は美術館ホームページで随時お知らせします。また、やむを得ず、展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ先

愛媛県美術館 学芸課
790-0007 愛媛県松山市堀之内
Tel.089-932-0010/Fax.089-932-0511
https://www.ehime-art.jp/



museum88 at 18:17|PermalinkComments(0)clip!

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9104
(受付時間 平日10:00〜17:00)