インフォメーション 愛媛

2020年01月31日

愛媛県総合科学博物館 3月イベント情報

春の特別イベント

「恐竜たちに大接近!ドキドキ♡ワクワク!記念撮影」
202002-01
■日 時  3月20日(金祝)〜22日(日)
       10:00〜12:00/14:00〜16:00
■場 所  展示棟4階自然館
■料 金  常設展示観覧券が必要
■内 容  4階の恐竜ロボットの足元で記念写真を撮ります。

ワークショップ「さがしてみよう 化石発掘体験!」
■日 時  3月20日(金祝)〜22日(日)
       10:00〜12:00/13:30〜15:30(予定)
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着150名
■料 金  500円
■内 容  砂にうまっているアンモナイトの化石を探します。制限時間内に見つけたものの中から、お気に入りの1個を持ち帰ることができます。

ワークショップ「恐竜段ボールクラフトを作ろう」
■日 時  3月20日(金祝)〜22日(日)
       13:30〜16:00(予定)
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着100名
■料 金  400円
■内 容  ブラキオサウルスやティラノサウルスの骨格段ボールクラフトを作ってみよう。

ワークショップ「骨のナンバー描きと標本箱作り」
■日 時  3月20日(金祝) 10:00〜16:00
■場 所  エントランスホール
■料 金  無料
■講 師  高知県越知町立横倉山自然の森博物館 学芸員 谷地森 秀二
■内 容  鳥や哺乳類の骨格標本を、博物館がどんなふうに整理して保管しているのかを紹介します。イベントでは、標本を整理するために必要な登録番号を骨に書き込む作業と標本を保管するための箱をつくる作業が体験できます。

ワークショップ「魚類を中心とした海洋生物のプラスティネーション標本を触ってみよう」
■日 時  3月20日(金祝)21日(土) 10:00〜16:00
■場 所  企画展示室内
■料 金  常設展示観覧券が必要
■講 師  愛媛県立宇和島水産高等学校 水野晃秀・木村健太郎
■内 容  本物の海洋生物から作られたシリコン樹脂標本を観察して海洋生物の仕組みを学ぼう!


◎企画展「自然を記録しよう!標本の作り方」
202002-02

■日 時 2月22日(土)〜4月5日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 動植物や岩石などの標本のつくり方や道具を紹介するとともに、標本だからこそ分かる特徴や情報の見方、古い標本から分かる自然環境などについて紹介し、身近な自然を記録することの意味と大切さについて解説します。

展示内容

【1.標本って何?】
■展示内容
各分野の様々な標本のほか、作成段階の資料を羅列し、標本の構成要素について解説する。
■主な展示物
動物分野:剥製、骨格、毛皮、痕跡、液浸、透明等の標本
植物分野:樹木、押し葉、種子、海藻、菌類、地衣類等の標本
地学分野:岩石、鉱物、古生物、プレパラート等の標本

【2.標本の作り方】
■展示内容
資料の採集、標本作成道具を展示し、それぞれの用途解説とともに、標本の作成方法を紹介する。
■主な展示物
採集・標本作成用具:各分野約10〜15点

【3.100均グッズでDIY!標本作成道具を自作してみよう】
■展示内容
専門的な道具は高額である事が多いため、安価な道具を活用した道具の作り方を紹介する。
■主な展示物
100円均一ショップで販売されているグッズを活用した用具、約15点

【4.標本は語る】
■展示内容
数多く収集された自然史標本から読み取れる情報などについて、各分野のコラム的な展開とする。
■主な展示物
動物分野:期間と地域を限定して集められた標本;貝類標本約50点
植物分野:在野の研究者たちの交流を読み解く;押葉標本約30点
地学分野:教材として集められた標本たち;鉱石標本約25点

◎企画展「自然を記録しよう!標本の作り方」関連イベント

「チリメンモンスターをさがそう!!」
■日 時  会期中の土日祝(3月20日〜22日を除く)
      13:30〜15:00
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券及び参加費200円
■申 込  不要
■内 容  チリメンジャコに混じっているいろいろな生物を探してみよう。いろんな魚のこども・イカ・タコ・エビ・カニなど…わくわくドキドキの大発見を楽しもう!


◎企画展「理科室の宝物—学校収蔵標本から地域の自然を再考する—」
■日 時  2月22日(土)〜 4月5日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  戦前より学校で収集・保存され、現在では入手が困難な動物・植物の貴重な標本を展示するとともに、古い標本の価値を再評価し、調査・研究に活用した事例について紹介します。

【1.多様な学校収蔵標本】
202001_img03
■展示内容
脊椎動物の剥製・骨格標本、植物標本、図画資料などを展示し、授業で利用されていた多種多様な教材について紹介する。
■主な展示物
オランウータンの剥製・ハリモグラの剥製・ワモンアザラシの剥製 など

【2.日本の特別天然記念物・天然記念物・絶滅危惧種】
202001_img04
■展示内容
学校に収蔵されている日本の特別天然記念物・天然記念物に指定されている生物や環境省レッドリストで絶滅危惧種に指定されている生物の標本を展示し、学校収蔵標本の重要性について紹介する。
■主な展示物
トキの剥製・アマミノクロウサギの剥製・カモシカの毛皮、剥製 など

【3.愛媛県の自然史を語る標本】
■展示内容
学校に収蔵されていた標本のうち、愛媛県で採集された自然史標本を用いて、過去の愛媛県の動物相・植物相の変遷を明らかにした研究事例を紹介する。また、過去の研究者が遺したフィールドノートやスケッチなどの標本にまつわる様々な資料も展示する。
■主な展示物
魚類の液浸標本・サンショウウオの液浸標本・石鎚山系学術調査資料・宇和高校から寄贈された植物標本 など

【4.文化財として見る自然史標本】
■展示内容
俳人芝不器男や富沢赤黄男、得能通任が宇和島中学校時代に作製した植物標本を展示し、自然史標本のもつ多様な魅力を紹介する。
■主な展示物
宇和島東高校所蔵の植物標本・芝不器男・富沢赤黄男・得能通任関連資料

【5.自然史標本は地域の宝】
■展示内容
自然史標本のもつ多様な魅力について、コラム的な総括展示を行う。
■主な展示物
学校から寄贈された登録前の未整理標本


◎企画展「理科室の宝物」関連イベント

「学芸員による展示解説」
■日 時  3月22日(日)28日(土)
       14:00〜16:00(約20分間)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  随時、展示の担当学芸員が解説を行います。

「大人のための科学講座 ギャラリートーク」
■日 時  [A]3月7日(土)13:30〜15:30
       [B]3月15日(日)13:30〜15:30
       ※希望日(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
■定 員  各回20名
■場 所  企画展示室・第1研修室
■参加費  50円
■申 込  往復はがき、FAX、ホームページいずれかにて申込
■締 切  [A]2月21日(金)
       [B]2月28日(金)
■内 容  愛媛県内の学校に収蔵されていた自然史標本を利用して、愛媛県内の過去の生物の生息状況を調査した研究内容について解説し、標本の重要性について学びます。

【サイエンスショー「グルグル!カタカタ? 歯車&カムの大実験」】
202001_img02
■日 時  1月11日(土)〜4月12日(日)の土日祝 13:00〜/15:00〜
       春休み期間(3月25日〜4月5日)の水曜日 13:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  私たちの身の回りにある機械の中には歯車やベアリング(軸受け)、カムなどの部品がグルグル、カタカタと動いています。今回のサイエンスショーでは、歯車やカムなどの動く仕組みを実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
春休み期間(3/25〜4/5)の水曜日 13:00  
※各回 25分程度

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」※3/19まで
プラネ(ムーミン)S
ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S
1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!
ナットの吹き替えは堀北真希。



■プラネタリウム番組「ユニバース」
かつて人々は、神が支配する世界として星や太陽の動きを理解しようとしてきました。そんな神話の物語が、やがて科学の発達によって現代の天文学へとつながっていくのです。古代から現代に至る天文学の歴史を臨場感あふれる宇宙映像で巡る、壮大な宇宙体感ストーリーです。

投影スケジュール
3/1(日)〜3/19(木)
10:30 12:00 14:00 16:00
月・火・水 団体枠 恐竜大進撃 ムーミン ナット
木・金 ムーミン 恐竜大進撃 ユニバース
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30

土日祝

ナット 恐竜
大進撃
ムーミン 恐竜
大進撃
ユニバース

※3/20(金・祝)以降のスケジュールは未定です。博物館までお問い合わせください。

 

博物館講座(3月開講講座)

〈大人のための科学講座〉
●企画展「理科室の宝物―学校収蔵標本から地域の自然を読み解く―」
ギャラリートーク

■日 時  [A]3月7日(土) 13:30〜15:30
       [B]3月15日(日)13:30〜15:30
       ※希望日(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
■定 員  各回20名
■場 所  企画展示室・第1研修室
■参加費  50円
■締 切  [A]2月21日(金)
       [B]2月28日(金)

3月の休館日
3日(火)9日(月)16日(月)23日(月)



museum88 at 17:00|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月20日

愛媛県総合科学博物館 2月イベント情報

科学イベント「みんな集まれ!わくわくサイエンス広場」
202001_img01
■日 時  2月8日(土)9日(日) 10:00〜17:00
■場 所  企画展示室ほか
■料 金  無料
■内 容  親子で一緒に実験や工作を体験することで、科学の不思議、楽しさを感じることができる参加体験型の科学イベントです。学芸員によるサイエンスカフェでは、標本(2/8(土))や、アジア人で初めて新元素を発見した愛媛出身の化学者、小川正孝(2/9(日))について楽しくお喋りします。

◎企画展「自然を記録しよう!標本のつくり方」

■日 時 2月22日(土)〜 4月5日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 動植物や岩石などの標本のつくり方や道具を紹介するとともに、標本だからこそ分かる特徴や情報の見方、古い標本から分かる自然環境などについて紹介し、身近な自然を記録することの意味と大切さについて解説します。

展示内容

【1.標本って何?】
202001_img02
■展示内容
各分野の様々な標本のほか、作成段階の資料を羅列し、標本の構成要素について解説する。
■主な展示物
動物分野:剥製、骨格、毛皮、痕跡、液浸、透明等の標本
植物分野:樹木、押し葉、種子、海藻、菌類、地衣類等の標本
地学分野:岩石、鉱物、古生物、プレパラート等の標本

【2.標本の作り方】
■展示内容
資料の採集、標本作成道具を展示し、それぞれの用途解説とともに、標本の作成方法を紹介する。
■主な展示物
採集・標本作成用具:各分野約10〜15点

【3.100均グッズでDIY!標本作成道具を自作してみよう】
■展示内容
専門的な道具は高額である事が多いため、安価な道具を活用した道具の作り方を紹介する。
■主な展示物
100円均一ショップで販売されているグッズを活用した用具、約15点

【4.標本は語る】
■展示内容
数多く収集された自然史標本から読み取れる情報などについて、各分野のコラム的な展開とする。
■主な展示物
動物分野:期間と地域を限定して集められた標本;貝類標本約50点
植物分野:在野の研究者たちの交流を読み解く;押葉標本約30点
地学分野:教材として集められた標本たち;鉱石標本約25点


◎企画展「理科室の宝物—学校収蔵標本から地域の自然を再考する—」

■日 時  2月22日(土)〜 4月5日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  戦前より学校で収集・保存され、現在では入手が困難な動物・植物の貴重な標本を展示するとともに、古い標本の価値を再評価し、調査・研究に活用した事例について紹介します。

【1.多様な学校収蔵標本】
202001_img03
■展示内容
脊椎動物の剥製・骨格標本、植物標本、図画資料などを展示し、授業で利用されていた多種多様な教材について紹介する。
■主な展示物
オランウータンの剥製・ハリモグラの剥製・ワモンアザラシの剥製 など

【2.日本の特別天然記念物・天然記念物・絶滅危惧種】
202001_img04
■展示内容
学校に収蔵されている日本の特別天然記念物・天然記念物に指定されている生物や環境省レッドリストで絶滅危惧種に指定されている生物の標本を展示し、学校収蔵標本の重要性について紹介する。
■主な展示物
トキの剥製・アマミノクロウサギの剥製・カモシカの毛皮、剥製 など

【3.愛媛県の自然史を語る標本】
■展示内容
学校に収蔵されていた標本のうち、愛媛県で採集された自然史標本を用いて、過去の愛媛県の動物相・植物相の変遷を明らかにした研究事例を紹介する。また、過去の研究者が遺したフィールドノートやスケッチなどの標本にまつわる様々な資料も展示する。
■主な展示物
魚類の液浸標本・サンショウウオの液浸標本・石鎚山系学術調査資料・宇和高校から寄贈された植物標本 など

【4.文化財として見る自然史標本】
■展示内容
俳人芝不器男や富沢赤黄男、得能通任が宇和島中学校時代に作製した植物標本を展示し、自然史標本のもつ多様な魅力を紹介する。
■主な展示物
宇和島東高校所蔵の植物標本・芝不器男・富沢赤黄男・得能通任関連資料

【5.自然史標本は地域の宝】
■展示内容
自然史標本のもつ多様な魅力について、コラム的な総括展示を行う。
■主な展示物
学校から寄贈された登録前の未整理標本


◎企画展「理科室の宝物」関連イベント

「学芸員による展示解説」
■日 時  2月23日(日)2月29日(土)3月22日(日)3月28日(土)
       14:00〜16:00(約20分間)
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  随時、展示の担当学芸員が解説を行います。

「大人のための科学講座 ギャラリートーク」
■日 時  [A]3月7日(土)13:30〜15:30
       [B]3月15日(日)13:30〜15:30
       ※希望日(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
■定 員  各回20名
■場 所  企画展示室・第1研修室
■参加費  50円
■申 込  往復はがき、FAX、ホームページいずれかにて申込
■締 切  [A]2月21日(金)
       [B]2月28日(金)
■内 容  愛媛県内の学校に収蔵されていた自然史標本を利用して、愛媛県内の過去の生物の生息状況を調査した研究内容について解説し、標本の重要性について学びます。

「チリメンモンスターをさがそう!!」
■日 時  会期中の土日祝(3月20日〜22日を除く)
      13:30〜15:00
■場 所  企画展示室
■料 金  常設展示観覧券及び参加費200円
■申 込  不要
■内 容  チリメンジャコに混じっているいろいろな生物を探してみよう。いろんな魚のこども・イカ・タコ・エビ・カニなど…わくわくドキドキの大発見を楽しもう!

【講演会「史上最大の加速器で時間を巻き戻す〜ヒッグス粒子の発見とダークマターの探索〜」】
■日 時  2月8日(土)13:30〜15:00(開場13:00)
■主 催  新居浜市教育委員会
■場 所  プラネタリウム
■対 象  小学校高学年・中学生・高校生 ※一般の方もご入場いただけます
■定 員  300名
■料 金  無料
■申 込  不要
■内 容  新居浜市出身の田中純一教授(東京大学素粒子物理国際研究センター)による講演会です。ヒッグス粒子の発見をはじめ、様々な研究を続ける田中教授のお話で、最新科学や夢をかなえることの素晴らしさを学ぶことができます。
プラネタリウムのドームスクリーンに投影される大迫力の素粒子の世界も見どころのひとつです。
小学校高学年〜高校生を対象とした内容ですが、どなたでも無料でご参加いただけます。

【サイエンスショー「グルグル!カタカタ? 歯車&カムの大実験」】
202001_img02
■日 時  1月11日(土)〜4月12日(日)の土日祝 13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  カムやクランクなどのからくり機構を実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
春休み期間の水曜日 13:00  
※各回 25分程度

【プラネタリウム ライブ投影「ほしぞらパレット」】
■日 時  1月31日(金)2月28日(金)16:00〜16:45
       2月1日(土)2月29日(土)16:30〜17:15
■場 所  プラネタリウム
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■定 員  各回300名
■内 容  スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。今回のトピックスは「星の一生」。今の季節に見られる「星のゆりかご」や、命を終えていく星についてご紹介します。

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S
ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S
1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!
ナットの吹き替えは堀北真希。



■プラネタリウム番組「ユニバース」
2月・3月の限定投影!
かつて人々は、神が支配する世界として星や太陽の動きを理解しようとしてきました。そんな神話の物語が、やがて科学の発達によって現代の天文学へとつながっていくのです。古代から現代に至る天文学の歴史を臨場感あふれる宇宙映像で巡る、壮大な宇宙体感ストーリーです。

投影スケジュール
2/1(土)〜2/29(土)
10:30 12:00 14:00 16:00
月・火・水 団体枠 恐竜大進撃 ムーミン ナット
木・金 ムーミン 恐竜大進撃 ユニバース
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30

土日祝

ナット 恐竜
大進撃
ムーミン 恐竜
大進撃
ユニバース
2/8(土) 講演会のため
投影はありません
2/22(土)
〜24(月)
恐竜
(キッズ)
ムーミン 恐竜
大進撃

※2/1(土)・29(土)16:30〜 2/28(金)16:00〜は全編ライブ投影「ほしぞらパレット」を投影します。

 

博物館講座(2月開講講座)

〈科学工作教室〉
●エコ充電器をつくろう(電子工作)
■日 時  2/15(土)13:30〜16:30
■対 象  小学生4年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学工作室
■参加費  1,050円
■締 切  1/31(金)

博物館講座(2月締切3月開講講座)

〈大人のための科学講座〉
●企画展「理科室の宝物―学校収蔵標本から地域の自然を読み解く―」
ギャラリートーク

■日 時  [A]3月7日(土) 13:30〜15:30
       [B]3月15日(日)13:30〜15:30
       ※希望日(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)
■定 員  各回20名
■場 所  企画展示室・第1研修室
■参加費  50円
■締 切  [A]2月21日(金)
       [B]2月28日(金)

2月の休館日
4日(火)10日(月)17日(月)18日(火)19日(水)25日(火)



museum88 at 17:49|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月06日

愛媛県総合科学博物館 1月イベント情報

新春!初科学2020

「オリジナルカレンダープレゼント」
■日 時  1月2日(木)3日(金) 9:00〜
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着100名(1家族1枚)
■備 考  常設展示観覧券かプラネタリウム観覧券が必要

ワークショップ「さがしてみよう!化石発掘体験」
202001_img01
■日 時  1月2日(木)〜5日(日)・11日(土)〜13日(月・祝)
      10:00〜11:45/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着200名
■料 金  500円
■内 容  砂にうまっている化石(アンモナイトやサメの歯)を探します。制限時間内に見つけたものの中から、お気に入りの1個を持ち帰ることができます。

「館内に隠された5つのキーワードを探せ!」
■日 時  1月2日(木)〜5日(日)・11日(土)〜13日(月・祝)
      10:00〜12:00/13:30〜15:30
■場 所  エントランスホール
■定 員  各日先着200名
■料 金  400円
■内 容  館内に隠されたキーワードを探します。正解者には素敵なプレゼントがあります。

「○○のDeepな世界・vol.2ハムスター」
■日 時  1月11日(土)〜13日(月・祝)11:00〜/14:30〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 サイエンス工房
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  2020年の干支「ネズミ」の仲間、ハムスターの飼い方や生態について、詳しく説明します。

プラネタリウム 新春特別投影
「カハクンと行く!宇宙ツアー〜サザンクロスと星巡り〜」

■日 時  1月2日(木)〜5日(日)13:30〜
■料 金  大人(高校生以上)520円/65歳以上・小中学生270円
■内 容  スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空や南半球の星座、惑星・宇宙についてお話しします。

ハンドメイドワークショップ「きまぐれ市」
■日 時  1月2日(木)〜5日(日)
■場 所  エントランスホール
■内 容  ハンドメイドワークショップ「きまぐれ市」がエントランスホールに出店します。

巡回展「国際周期表年2019特別展」

■日 時 12月14日(土)〜 1月26日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 メンデレーエフ 周期律発見150年を記念する国際周期表年実行委員会制作の全国巡回展の愛媛開催。周期表の変遷、発展と暮らしの中の元素利用について豊富な実物資料と体験で学習できる。国内周期表作家作品も多数展示。なお、本巡回展は今年4月まで当館で開催した企画展「元素のマトリクス」がベースとなっている。新規資料を加え、全国巡回用にアレンジした当館企画の里帰り展示の意味合いも併せ持つ。今回の愛媛開催は、さらに独自資料を追加して展示する。

展示内容
【1.国際周期表年2019】
■展示(テーマ、内容)
パラボラミラー、ブラウン運動

【2.周期表の発見と現在】
201912-img01
■展示(テーマ、内容)
メンデレーエフ と周期表、短周期表と長周期表

【3.元素と利用】
201912-img02
■展示(テーマ、内容)
暮らしと元素、日本の科学技術発展

【4.研究者と元素の発見】
■展示(テーマ、内容)
元素戦略とNIMS、太陽の元素と元素の起源、元素の歴史年表、鉱物から元素が発見された

【5.周期表の広がりと日本人のオリジナル周期表】
■展示(テーマ、内容)
海外の周期表、日本人作家の周期表作品

【6.体験コーナー】
■展示(テーマ、内容)
体験装置6点

【7.元素マニアック】
■展示(テーマ、内容)
元素の周期性、元素実物標本、元素単体写真タペストリー


◎巡回展関連イベント

「坂根教授の周期表とっておき話」
■日 時  1月5日(日)第1部11:00〜 第2部13:30〜(各回30分)
■場 所  展示棟3階科学技術館サイエンス工房
■講 師  坂根弦太(岡山理科大学教授)
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■定 員  80名程度(当日先着順)
■内 容  雑誌連載をするほどの科学おもちゃコレクターであり、中四国の高校に出張講座をおこなうほど教育熱心な岡山理科大学の坂根弦太教授が、科学おもちゃの魅力の紹介と元素周期表にまつわる実験ショーを行う。
■構 成  第1部:目がさめるような科学おもちゃ大紹介!
      コレクター坂根教授おすすめの珍しい面白い科学おもちゃの
      紹介、実演、体験
      第2部:周期表と個性豊かな元素たちの大実験!
      出張講座で中四国の高校生を熱狂させた実験レパートリーから
      厳選した、かはくのためのスペシャル実験ショー

「野老実験クラブの元素工作教室」
■日 時  1月11日(土)10:00〜12:00/13:00〜16:30
      1月12日(日)10:00〜12:00/13:00〜15:30
■場 所  企画展示室特設コーナー
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  周期表作家による工作教室です。
・回して楽しい立体周期表「からくるりん」の工作(各日先着100名)
・元素ネイルの工作(各日先着50名)

「理化学研究所のニホニウム模型」
■日 時  1月18日(土)10:30〜/13:00〜/14:00〜/15:00〜(4回)
      1月19日(土)10:30〜/13:00〜/14:00〜(3回)
      ※1回60分
■場 所  企画展示室特設コーナー
■料 金  常設展示観覧券及び50円(保険料)
■申 込  不要
■対 象  未就学児は保護者同伴
■定 員  各回12名(当日先着順)
■内 容  理化学研究所チームによる工作指導でアイロンビーズを使ってニホニウム模型を工作。

「周期表謎解きにチャレンジ メンデレーカハクンからの挑戦状」
■日 時  巡回展開催期間中
■料 金  無料
■内 容  展示室を巡って謎解きに挑戦しよう!初級、中級、上級があります。上級の方は解答を応募していただき、正解者の中から抽選で12ヶ月の誕生石鉱物とかはくセレクション鉱物16個セットをプレゼント。

ワークショップ「きれいな石のつかみ取り」
■日 時  巡回展開催中の土日祝、12月24日〜28日、1月2〜3日
      10:30〜12:00/13:30〜15:00 ※12月24日〜28日は午後のみ
■場 所  エントランス
■料 金  400円
■内 容  石や宝石をつかみとり、かわいい小瓶に詰めて持ち帰っていただきます。

「周期表スタンプラリー」
■日 時  12月14日・15日・28日  1月4日・24日・25日
■料 金  無料
■定 員  各日先着200枚
■内 容  国際周期表年製作のスタンプラリー。展示室を巡って5回重ね押しすると年代別元素発見周期表カードが完成。受付(券売)でカードを配布します。


【手作り乾電池教室】
■日 時  1月19日(日)
      A:10:30〜12:00 B:13:00〜14:30
■場 所  オリエンテーションルーム
■料 金  200円
■対 象  小学生(1・2年生は保護者同伴)
■申 込  博物館ホームページ・FAX・往復はがきのいずれかにて、
      以下の情報を明記の上お申し込み下さい。
➀イベント名(手作り乾電池教室)※FAX・はがきのみ
➁希望時間(AかBどちらかをお選びください)
➂応募者全員の氏名、学年(小学1・2年生は保護者名もお書きください)
づ渡暖峭
ナ嵜用FAX番号またはE-mailアドレス ※ある方のみ
■定 員  各回先着20名
■内 容  身の回りのいろいろなところで使われている「電池」について、お話や乾電池作りを通して楽しく学べます。

【サイエンスショー「グルグル!カタカタ! 歯車・カムの大実験」】
202001_img02
■日 時  1月11日(土)〜4月12日(日)の土日祝 13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  カムやクランクなどのからくり機構を実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度


【サイエンスショー「永久磁石のサイエンス】
201909-img02
■日 時  10月12日(土)〜1月5日(日)の土日祝及び1/2(木)・3(金)
        13:00〜/15:00〜
■場 所  展示棟3階 科学技術館 実験ショーコーナー
■内 容  よく使われる4種類の永久磁石のお話や永久磁石を使った科学手品、身の回りで応用されている永久磁石を用いたメカニズムなど、知っているようで、意外と知らない永久磁石のサイエンスをおもしろ実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝
1/2(木)・3(金)
13:00 15:00
※各回 25分程度

【プラネタリウム ライブ投影「ほしぞらパレット」】
■日 時  未定
■場 所  プラネタリウム
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■定 員  各回300名
■内 容  スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S
ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S

1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!
ナットの吹き替えは堀北真希。

投影スケジュール
1/2(木)〜1/31(金)
10:30 12:00 14:00 16:00
平日 団体枠 恐竜
大進撃
ナット

ムーミン

土日祝 ナット 恐竜大進撃
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
1/2(木)
〜5(日)
ナット 恐竜
大進撃
特別投影 恐竜
大進撃
ムーミン


 

博物館講座(1月開講講座)

〈天体観望会〉
●太陽と金星
■日 時  1/18(土)13:00〜14:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  15名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  12/27(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈産業講座〉
●来島海峡について学ぼう〜海上交通について学び小島要塞跡を巡ろう〜
■日 時  1/25(土)9:45〜17:30
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  40名
■場 所  今治市(来島海峡、大島亀老山展望台、小島(小島要塞跡))
      ※博物館集合後バス移動
■参加費  小中学生2,550円・高校生以上3,050円
■締 切  1/10(金)
■講 師  観潮船会社((株)しまなみ)のガイド
■備 考  荒天時:中止 最小催行人員20名
      約3km歩きます。

 

博物館講座(1月締切2月開講講座)

〈科学工作教室〉
●エコ充電器をつくろう(電子工作)
■日 時  2/15(土)13:30〜16:30
■対 象  小学4年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学工作室
■参加費  1,050円
■締 切  1/31(金)

1月の休館日
1日(水)14日(火)20日(月)27日(月)



museum88 at 16:32|PermalinkComments(0)clip!

2019年11月15日

愛媛県総合科学博物館 12月イベント情報

巡回展「国際周期表年2019特別展」

■日 時 12月14日(土)〜 1月26日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 メンデレーエフ 周期律発見150年を記念する国際周期表年実行委員会制作の全国巡回展の愛媛開催。周期表の変遷、発展と暮らしの中の元素利用について豊富な実物資料と体験で学習できる。国内周期表作家作品も多数展示。なお、本巡回展は今年4月まで当館で開催した企画展「元素のマトリクス」がベースとなっている。新規資料を加え、全国巡回用にアレンジした当館企画の里帰り展示の意味合いも併せ持つ。今回の愛媛開催は、さらに独自資料を追加して展示する。

展示内容
【1.国際周期表年2019】
■展示(テーマ、内容)
パラボラミラー、ブラウン運動

【2.周期表の発見と現在】
201912-img01
■展示(テーマ、内容)
メンデレーエフ と周期表、短周期表と長周期表

【3.元素と利用】
201912-img02
■展示(テーマ、内容)
暮らしと元素、日本の科学技術発展

【4.研究者と元素の発見】
■展示(テーマ、内容)
元素戦略とNIMS、太陽の元素と元素の起源、元素の歴史年表、鉱物から元素が発見された

【5.周期表の広がりと日本人のオリジナル周期表】
■展示(テーマ、内容)
海外の周期表、日本人作家の周期表作品

【6.体験コーナー】
■展示(テーマ、内容)
体験装置6点

【7.元素マニアック】
■展示(テーマ、内容)
元素の周期性、元素実物標本、元素単体写真タペストリー


◎巡回展関連イベント
「元素検定スペシャル@愛媛」
■日 時  12月22日(日)11:00〜15:00
■場 所  第1研修室
■料 金  500円(検定料)
■申 込  元素検定ウェブサイトより申込(募集期間:11月1日〜12月16日頃予定)
■定 員  90名(予定)
■内 容  元素や周期表にまつわる検定試験の四国初開催が実現!国際周期表年2019特別展関連イベントとしてかはくで実施。受験者は講演会も参加できます。

科学講演会「一家に1枚周期表に込めた想い」
■日 時  12月22日(日)13:30〜14:30(開場13:00)
■場 所  多目的ホール
■講 師  玉尾皓平(国際周期表年実行委員長)
■料 金  無料
■申 込  不要
■定 員  200名(当日先着順)
■内 容  日本発の大人気周期表「一家に1枚周期表」の企画・製作者が語る、周期表の見方・楽しみ方。日本の科学技術の現在・未来を周期表で読み解く。
■備 考  元素検定受験者は優先席を設けています(定員外)

「坂根教授の周期表とっておき話」
■日 時  1月5日(日)第1部11:00〜 第2部13:30〜(各回30分)
■場 所  展示棟3階科学技術館サイエンス工房
■講 師  坂根弦太(岡山理科大学教授)
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■定 員  80名程度(当日先着順)
■内 容  雑誌連載をするほどの科学おもちゃコレクターであり、中四国の高校に出張講座をおこなうほど教育熱心な岡山理科大学の坂根弦太教授が、科学おもちゃの魅力の紹介と元素周期表にまつわる実験ショーを行う。
■構 成  第1部:目がさめるような科学おもちゃ大紹介!
      コレクター坂根教授おすすめの珍しい面白い科学おもちゃの
      紹介、実演、体験
      第2部:周期表と個性豊かな元素たちの大実験!
      出張講座で中四国の高校生を熱狂させた実験レパートリーから厳選した、かはくのためのスペシャル実験ショー
■備 考  元素検定受験者は優先席を設けています(定員外)

「野老実験クラブの元素工作教室」
■日 時  1月11日(土)10:00〜12:00/13:00〜16:30
      1月12日(日)10:00〜12:00/13:00〜15:30
■場 所  企画展示室特設コーナー
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  周期表作家による工作教室です。
・回して楽しい立体周期表「からくるりん」の工作(各日先着100名)
・元素ネイルの工作(各日先着50名)

「理化学研究所のニホニウム模型」
■日 時  1月18日(土)10:30〜/13:00〜/14:00〜/15:00〜(4回)
      1月19日(土)10:30〜/13:00〜/14:00〜(3回)
      ※1回60分
■場 所  企画展示室特設コーナー
■料 金  常設展示観覧券及び50円(保険料)
■申 込  不要
■定 員  各回12名(当日先着順)
■内 容  理化学研究所チームによる工作指導でアイロンビーズを使ってニホニウム模型を工作。

「周期表謎解きにチャレンジ メンデレカハクンからの挑戦状」
■日 時  巡回展開催期間中
■料 金  無料
■内 容  展示室を巡って謎解きに挑戦しよう!初級、中級、上級があります。上級の方は解答を応募していただき、正解者の中から抽選で12ヶ月の誕生石鉱物とかはくセレクション鉱物16個セットをプレゼント。

ワークショップ「きれいな石のつかみ取り」
■日 時  巡回展開催中の土日祝、12月24日〜28日、1月2〜3日
      10:30〜12:00/13:30〜15:00
■場 所  エントランス
■料 金  400円
■内 容  石や宝石をつかみとり、かわいい小瓶に詰めて持ち帰っていただきます。

「周期表スタンプラリー」
■日 時  12月14日・15日・28日  1月4日・24日・25日
■料 金  無料
■定 員  各日先着200枚
■内 容  国際周期表年製作のスタンプラリー。展示室を巡って5回重ね押しすると年代別元素発見周期表カードが完成。受付(券売)でカードを配布します。


【サイエンス・ナイト・ミュージアム2019】
ワークショップ「石けんづくり」
■日 時  12月14日(土)15日(日)21日(土)22日(日)
      10:30〜12:00/13:30〜15:00
■場 所  エントランスホール
■料 金  400円
■定 員  各日先着200名
■内 容  クリアソープで、色とりどりの可愛い石けんを作ります。

特別イベント「化学サイエンスショー」
■日 時  12月21日(土)11:00〜/13:45〜(各回50分程度)
■場 所  多目的ホール
■講 師  日本原子力文化財団
■料 金  常設展示観覧券またはプラネタリウム観覧券要
■内 容  日本原子力文化財団の講師による特別なサイエンスショーです。

「ナイトミュージアム2019〜夜の博物館を探検しよう!〜」
201912-img03
■日 時  12月21日(土)〜22日(日) 18:00〜20:00
※イベント準備のため、17:30から展示室を一部閉鎖します。
■場 所  展示棟4階 自然館
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  いつもとは違う薄暗い博物館を探検しながら、謎解きにチャレンジしよう!

プラネタリウムクリスマス特別投影「星空PartyNight」
■日 時  12月21日(土)22日(日)14:00〜/19:00〜
■場 所  プラネタリウム
■定 員  各回300名
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■内 容  「パーティ」をテーマとし、4部構成(➀秋の星座、➁太陽系惑星と地上から見た惑星の動き、➂冬の星座や星雲、星団、ぅーロラ、流星群)で、星空や宇宙について生解説する。

ハンドメイドワークショップ「きまぐれ市」
■日 時  12月21日(土)22日(日)10:00〜16:00
■場 所  エントランスホール
■協 力  きまぐれ市
■料 金  有料
■内 容  いろいろなワークショップを楽しもう!(各日2〜3店舗)

「ライトアップイルミネーション」
■日 時  12月21日(土)22日(日)17:00〜21:00
■場 所  ロータリー周辺、エントランス棟、プラネタリウム棟
■内 容  博物館を美しくライトアップ!エントランス棟やプラネタリウムがクリスマスの夜に鮮やかに彩られます。

冬季特別企画「クリスマスディナーバイキング」
201912-img04
■日 時  12月21日(土)〜12月22日(日)
      17:00〜18:30 19:30〜21:00
■場 所  レストラン
■特 典  常設展観覧料無料
■備 考  二部交代制、座席指定、各回定員80名程度
      11/26(火)より先着順で予約受付
      (当日受付 :  17:45 ◆20:15)
■申 込  博物館HPの申し込みフォームにてご予約ください。
※12月20日(金)14:00までに入金がない場合キャンセルとなりますのでご了承ください。
■料 金 
  高校生以上 中学生 小学生 幼児
事前予約 2,200円 1,800円 1,000円 400円
当日 2,400円 2,000円 1,200円 600円

【プラネタリウム ライブ投影「ほしぞらパレット」】
■日 時  12月13日(金)16:00〜 12月14日(土)16:30〜
■場 所  プラネタリウム
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■定 員  各回300名
■内 容  スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。

【サイエンスショー「永久磁石のサイエンス】
201909-img02

■日 時  10月12日(土)〜1月5日(日) 土日祝 13:00/15:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  よく使われる4種類の永久磁石のお話や永久磁石を使った科学手品、身の回りで応用されている永久磁石を用いたメカニズムなど、知っているようで、意外と知らない永久磁石のサイエンスをおもしろ実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S

ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S

1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!
ナットの吹き替えは堀北真希。

■プラネタリウム番組「こまねこのクリスマス」
201910-img01

クリスマスを目前に控え、パパとママに会えるのを楽しみにしているこまちゃんに届いた“プレゼン ト”とは?離れて暮らす家族の絆をやさしい視点で捉え、ファンタジックに描き出した作品。この 冬、大切な人やご家族と観たくなるあたたかな物語です。

投影スケジュール
11/1(金)〜12/28(土)
10:30 12:00 14:00 16:00
月・火・水 団体枠 恐竜
大進撃
ナット

こまねこ

木・金

ムーミン

12/13(金)

ほしぞらパレット

  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝 ナット 恐竜
大進撃
こまねこ 恐竜
大進撃
ムーミン
12/14(土) ほしぞら
パレット
  10:30 12:00 14:00 16:00 17:30 19:00
12/21(土)
22(日)
ナット 恐竜
大進撃
クリスマス
特別投影
「星空Party
Night」
恐竜
大進撃
こまねこ クリスマス
特別投影
「星空Party
Night」



企画展「別子銅山・東平の思い出」

■日 時 10月26日(土)〜 12月1日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 ものづくりの街 新居浜をつくりだした別子銅山。別子銅山を礎として、ここ新居浜では住友グループ企業が発展しました。山中の標高750mの地に東平という地区があります。ここには1916年拠点施設である採鉱本部が置かれ、それに伴い銅鉱石を採掘・運搬する人々とその家族約3000人以上が暮らすひとつの町が誕生しました。学校や病院、郵便局や商店など生活に必要なインフラはすべて揃い、大勢の人で賑わいました。1968年に別子銅山・東平坑は終わりをむかえ東平地区の人々も山を下りました。現在、東平は貯鉱庫跡などの産業遺産が残り「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる観光地となっています。企画展では、銅山が閉山する前の賑やかな頃の東平地区の写真を展示し、人々はどのような暮らしをしていたのか、どのような方法で銅鉱石を採掘・運搬していたのか、その暮らしと仕事を紹介します。

展示構成
【機ナ婿卞嫉魁ε貶拭
■展示内容
別子銅山・東平地区の概要について、写真やジオラマで紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、東平ジオラマ(新居浜南高校)

【供ヅ貶燭任諒襪蕕掘
■展示内容
社宅、学校、娯楽、子どもの遊びなど、東平での暮らしを写真や映像で紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、映像「東平会の語り」(博物館)

【掘ナ婿卞嫉海任了纏】
■展示内容
銅鉱石の採掘や運搬など、銅山での仕事を写真や実物資料、模型、映像で紹介するとともに、東平坑閉山時の様子について昭和43年放送の映像を展示します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、採掘道具(別子銅山記念館)、索道模型(個人)、映像「東平会の語り」(博物館)、映像(南海放送(株))

【検ゥ好薀ぅ疋轡隋璽魁璽福次
■展示内容
通常は展示写真をスライドショーで投影。 展示解説時※はスライドショーを止めパワーポイントで解説。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)
※学芸員による展示解説・高校生による解説「東平を学ぼう!」

【后サ念写真撮影スポット】
■展示内容
金属箔を施したギルディング和紙を背景に、来館記念写真を撮ることができます。

【此ゥ錙璽ショップコーナー】
■展示内容
土、日、祝日にワークショップ「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」を実施します。


◎企画展関連ワークショップ
「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」
■日 時  企画展開催期間中の土日祝(計13日)
      10:00〜12:00(受付は11:30まで)
      13:00〜15:30(受付は15:00まで)
■場 所  企画展示室内
■料 金  300円 ※常設展示観覧券要
■申 込  不要(1日50個)
■内 容  企画展示室内の記念写真撮影スポットで、職員がインスタントカメラを使って来館者を撮影。できた写真を台紙に貼りつけ、金属箔で文字を装飾し、銅ワイヤーで吊り下げて完成。


【パネル巡回展 金星探査機「あかつき」】
■日 時  10月12日(土)〜 12月1日(日)
■場 所  展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  日本初の金星探査機「あかつき」がとらえた、数々の個性的な金星の姿を写真で紹介するとともに、金星の大気や不思議な現象をパネルで解説する。

 

博物館講座(12月締切1月開講講座)

〈天体観望会〉
●太陽と金星
■日 時  1/18(土)13:00〜14:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  15名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  12/27(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

12月の休館日
3日(火)9日(月)16日(月)23日(月)29日(日)〜2020年1月1日(水)



museum88 at 08:56|PermalinkComments(0)clip!

2019年10月21日

愛媛県総合科学博物館 11月イベント情報

企画展「別子銅山・東平の思い出」

201909-img01

■日 時 10月26日(土)〜 12月1日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 ものづくりの街 新居浜をつくりだした別子銅山。別子銅山を礎として、ここ新居浜では住友グループ企業が発展しました。山中の標高750mの地に東平という地区があります。ここには1916年拠点施設である採鉱本部が置かれ、それに伴い銅鉱石を採掘・運搬する人々とその家族約3000人以上が暮らすひとつの町が誕生しました。学校や病院、郵便局や商店など生活に必要なインフラはすべて揃い、大勢の人で賑わいました。1968年に別子銅山・東平坑は終わりをむかえ東平地区の人々も山を下りました。現在、東平は貯鉱庫跡などの産業遺産が残り「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる観光地となっています。企画展では、銅山が閉山する前の賑やかな頃の東平地区の写真を展示し、人々はどのような暮らしをしていたのか、どのような方法で銅鉱石を採掘・運搬していたのか、その暮らしと仕事を紹介します。

展示構成
【機ナ婿卞嫉魁ε貶拭
■展示内容
別子銅山・東平地区の概要について、写真やジオラマで紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、東平ジオラマ(新居浜南高校)

【供ヅ貶燭任諒襪蕕掘
■展示内容
社宅、学校、娯楽、子どもの遊びなど、東平での暮らしを写真や映像で紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、映像「東平会の語り」(博物館)

【掘ナ婿卞嫉海任了纏】
■展示内容
銅鉱石の採掘や運搬など、銅山での仕事を写真や実物資料、模型、映像で紹介するとともに、東平坑閉山時の様子について昭和43年放送の映像を展示します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、採掘道具(別子銅山記念館)、索道模型(個人)、映像「東平会の語り」(博物館)、映像(南海放送(株))

【検ゥ好薀ぅ疋轡隋璽魁璽福次
■展示内容
通常は展示写真をスライドショーで投影。 展示解説時※はスライドショーを止めパワーポイントで解説。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)
※学芸員による展示解説・高校生による解説「東平を学ぼう!」

【后サ念写真撮影スポット】
■展示内容
金属箔を施したギルディング和紙を背景に、来館記念写真を撮ることができます。

【此ゥ錙璽ショップコーナー】
■展示内容
土、日、祝日にワークショップ「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」を実施します。

◎企画展関連イベント
「トークイベント」
■日 時  11月4日(月・振休)13:30〜15:00(開場13:00〜)
■場 所  多目的ホール(300席)
■テーマ  「懐かしい別子銅山・東平での仕事と暮らし」
■登壇者  東平会のみなさん
■料 金  入場無料
■申 込  不要
■内 容  1968(昭和43)年に閉じられた別子銅山・東平坑。あれから51年の歳月が流れ、東平での仕事や暮らしについて語れる人も少なくなりました。トークイベントでは、写真を投影しながら、当時の採掘の仕事、索道の仕事、東平の社宅、小中学校の思い出、子どもの遊び等、たくさんの思い出を東平会のみなさんに語っていただきます。

「高校生による解説」
■日 時  11月17日(日)13:00〜15:00
■場 所  企画展示室内
■テーマ  「東平を学ぼう!」
■講 師  新居浜南高等学校地域共創系列生徒・ユネスコ部計10名
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  新居浜の事を学んでいる高校生が講師となり、クイズを出しながら東平について分かりやすく解説します。(約10分間)

「専門講座」
■日 時  11月23日(土)13:30〜15:00(開場13:00〜)
■場 所  第1研修室(80席)
■テーマ   「別子銅山での採掘・運搬方法について」
■講 師  伊藤浩氏(元坑夫)・ 野住藤二郎氏(元索道運搬夫)
■料 金  入場無料
■申 込  不要
■内 容  別子銅山での銅鉱石の採掘・運搬はどのように行われていたのでしょうか?当時、採掘・運搬に従事していたお二人にその方法を解説していただきます。実際に別子銅山での仕事を経験された方々はご高齢となり語れる方は少なくなりました。直接お話が聞ける大変貴重な機会です。

「学芸員による展示解説」
■日 時  毎週水曜日13:00〜16:00(希望者が集まり次第随時開催)
■場 所  企画展示室スライドショーコーナー
■テーマ  企画展「別子銅山・東平の思い出」展示解説
■担 当  専門学芸員 吉村久美子
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  担当学芸員が、写真を投影しながら東平について簡単に解説します。(約10〜15分間)
■備 考  設定日時以外での展示解説も可能な限り対応。

◎企画展関連ワークショップ
「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」
■日 時  企画展開催期間中の土日祝(計13日)
      10:00〜12:00(受付は11:30まで)
      13:00〜15:30(受付は15:00まで)
■場 所  企画展示室内
■料 金  300円 ※常設展示観覧券要
■申 込  不要(1日50個)
■内 容  企画展示室内の記念写真撮影スポットで、職員がインスタントカメラを使って来館者を撮影。できた写真を台紙に貼りつけ、金属箔で文字を装飾し、銅ワイヤーで吊り下げて完成。


【開館記念イベント】
201910-開館記念img

■日 時  11月2日(土)〜 11月4日(月振)
■場 所  エントランスホール他
■料 金  イベントにより異なる
■内 容  当館は11月で開館25周年を迎えます。開館記念イベントとして11月3日は常設展示観覧料が無料となるほか、サイエンスショー・工作など楽しいイベントを開催します。また、プラネタリウムは特別スケジュールとなります。

【パネル巡回展 金星探査機「あかつき」】
201910-img02

■日 時  10月12日(土)〜 12月1日(日)
■場 所  展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  日本初の金星探査機「あかつき」がとらえた、数々の個性的な金星の姿を写真で紹介するとともに、金星の大気や不思議な現象をパネルで解説する。

【プラネタリウム ライブ投影「ほしぞらパレット」】
■日 時  11月29日(金)16:00〜 11月30日(土)16:30〜
■場 所  プラネタリウム
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■定 員  各回300名
■内 容  スタッフによる全編ライブ投影(生解説)で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。

【サイエンスショー「永久磁石のサイエンス】
201909-img02

■日 時  10月12日(土)〜1月5日(日) 土日祝 13:00/15:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  よく使われる4種類の永久磁石のお話や永久磁石を使った科学手品、身の回りで応用されている永久磁石を用いたメカニズムなど、知っているようで、意外と知らない永久磁石のサイエンスをおもしろ実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S

ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S

1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!
ナットの吹き替えは堀北真希。

■プラネタリウム番組「こまねこのクリスマス」
201910-img01

クリスマスを目前に控え、パパとママに会えるのを楽しみにしているこまちゃんに届いた“プレゼン ト”とは?離れて暮らす家族の絆をやさしい視点で捉え、ファンタジックに描き出した作品。この 冬、大切な人やご家族と観たくなるあたたかな物語です。

投影スケジュール
11/1(金)〜11/30(土)
10:30 12:00 14:00 16:00
月・火・水 団体枠 恐竜
大進撃
ナット

こまねこ

木・金

ムーミン

11/29(金)

ほしぞらパレット

  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝 ナット 恐竜
大進撃
こまねこ 恐竜
大進撃
ムーミン
11/30(土) ほしぞら
パレット



博物館講座(11月開講講座)

〈天体観望会〉
●秋の星座と月
■日 時  11/3(日) 19:30〜21:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  10/18(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈科学実験教室〉
●気象の科学実験〜雲や虹、夕焼けをつくってみよう〜
■日 時  11/16(土)13:30〜15:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学実験室
■参加費  350円
■締 切  11/1(金)

〈大人のための科学講座〉
●万華鏡ワークショップ
「世界に一つだけ オイル式オリジナル万華鏡の製作」

■日 時  11/9(土)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(子どもの見学可)
■定 員  20名
■場 所  科学工作室
■参加費  3,550円
■締 切  10/25(金)
■講 師  二神健(万華鏡作家)

〈かんたん実験工作教室〉
●チリメンモンスターをさがそう
■日 時  11/10(日)13:30〜15:30
■定 員  30〜50名程度
■場 所  博物館エントランスホール
■参加費  250円

11月の休館日
5日(火)11日(月)18日(月)25日(月)



museum88 at 13:07|PermalinkComments(0)clip!

2019年09月09日

愛媛県総合科学博物館 10月イベント情報

企画展「別子銅山・東平の思い出」

201909-img01

■日 時 10月26日(土)〜 12月1日(日)
■場 所 企画展示室
■料 金 常設展示観覧券要
■内 容 ものづくりの街 新居浜をつくりだした別子銅山。別子銅山を礎として、ここ新居浜では住友グループ企業が発展しました。山中の標高750mの地に東平という地区があります。ここには1916年拠点施設である採鉱本部が置かれ、それに伴い銅鉱石を採掘・運搬する人々とその家族約3000人以上が暮らすひとつの町が誕生しました。学校や病院、郵便局や商店など生活に必要なインフラはすべて揃い、大勢の人で賑わいました。1968年に別子銅山・東平坑は終わりをむかえ東平地区の人々も山を下りました。現在、東平は貯鉱庫跡などの産業遺産が残り「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる観光地となっています。企画展では、銅山が閉山する前の賑やかな頃の東平地区の写真を展示し、人々はどのような暮らしをしていたのか、どのような方法で銅鉱石を採掘・運搬していたのか、その暮らしと仕事を紹介します。

展示構成
【機ナ婿卞嫉魁ε貶拭
■展示内容
別子銅山・東平地区の概要について、写真やジオラマで紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、東平ジオラマ(新居浜南高校)

【供ヅ貶燭任諒襪蕕掘
■展示内容
社宅、学校、娯楽、子どもの遊びなど、東平での暮らしを写真や映像で紹介します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、映像「東平会の語り」(博物館)

【掘ナ婿卞嫉海任了纏】
■展示内容
銅鉱石の採掘や運搬など、銅山での仕事を写真や実物資料、模型、映像で紹介するとともに、東平坑閉山時の様子について昭和43年放送の映像を展示します。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)、採掘道具(別子銅山記念館)、索道模型(個人)、映像「東平会の語り」(博物館)、映像(南海放送(株))

【検ゥ好薀ぅ疋轡隋璽魁璽福次
■展示内容
通常は展示写真をスライドショーで投影。 展示解説時※はスライドショーを止めパワーポイントで解説。
■主な展示物等(提供者)
写真(個人、新居浜市)
※学芸員による展示解説・高校生による解説「東平を学ぼう!」

【后サ念写真撮影スポット】
■展示内容
金属箔を施したギルディング和紙を背景に、来館記念写真を撮ることができます。

【此ゥ錙璽ショップコーナー】
■展示内容
土、日、祝日にワークショップ「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」を実施します。

◎企画展関連イベント
「トークイベント」
■日 時  11月4日(月・振休)13:30〜15:00(開場13:00〜)
■場 所  多目的ホール(300席)
■テーマ  「懐かしい別子銅山・東平での仕事と暮らし」
■登壇者  東平会のみなさん
■料 金  入場無料
■申 込  不要
■内 容  1968(昭和43)年に閉じられた別子銅山・東平坑。あれから51年の歳月が流れ、東平での仕事や暮らしについて語れる人も少なくなりました。トークイベントでは、写真を投影しながら、当時の採掘の仕事、索道の仕事、東平の社宅、小中学校の思い出、子どもの遊び等、たくさんの思い出を東平会のみなさんに語っていただきます。

「高校生による解説」
■日 時  11月17日(日)13:00〜15:00
■場 所  企画展示室内
■テーマ  「東平を学ぼう!」
■講 師  新居浜南高等学校地域共創系列生徒・ユネスコ部計10名
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  新居浜の事を学んでいる高校生が講師となり、クイズを出しながら東平について分かりやすく解説します。(約10分間)

「専門講座」
■日 時  11月23日(土)13:30〜15:00(開場13:00〜)
■場 所  第1研修室(80席)
■テーマ   「別子銅山での採掘・運搬方法について」
■講 師  伊藤浩氏(元坑夫)・ 野住藤二郎氏(元索道運搬夫)
■料 金  入場無料
■申 込  不要
■内 容  別子銅山での銅鉱石の採掘・運搬はどのように行われていたのでしょうか?当時、採掘・運搬に従事していたお二人にその方法を解説していただきます。実際に別子銅山での仕事を経験された方々はご高齢となり語れる方は少なくなりました。直接お話が聞ける大変貴重な機会です。

「学芸員による展示解説」
■日 時  毎週水曜日13:00〜16:00(希望者が集まり次第随時開催)
■場 所  企画展示室スライドショーコーナー
■テーマ  企画展「別子銅山・東平の思い出」展示解説
■担 当  専門学芸員 吉村久美子
■料 金  常設展示観覧券要
■申 込  不要
■内 容  担当学芸員が、写真を投影しながら東平について簡単に解説します。(約10〜15分間)
■備 考  設定日時以外での展示解説も可能な限り対応。

◎企画展関連ワークショップ
「銅箔ギルディングクラフト☆ハンギングフォトづくり」
■日 時  企画展開催期間中の土日祝(計13日)
      10:00〜12:00(受付は11:30まで)
      13:00〜15:30(受付は15:00まで)
■場 所  企画展示室内
■料 金  300円 ※常設展示観覧券要
■申 込  不要(1日50個)
■内 容  企画展示室内の記念写真撮影スポットで、職員がインスタントカメラを使って来館者を撮影。できた写真を台紙に貼りつけ、金属箔で文字を装飾し、銅ワイヤーで吊り下げて完成。


【パネル巡回展 金星探査機「あかつき」】
■日 時  10月12日(土)〜 12月1日(日)
■場 所  展示棟3階ロビー
■料 金  常設展示観覧券要
■内 容  日本初の金星探査機「あかつき」がとらえた、数々の個性的な金星の姿を写真で紹介するとともに、金星の大気や不思議な現象をパネルで解説する。

【プラネタリウム ライブ投影「ほしぞらパレット」】
■日 時  10/18(金)16:00〜  10/19(土)16:30〜
■場 所  プラネタリウム
■料 金  高校生以上520円/65歳以上・小中学生270円
■定 員  各回300名
■内 容  スタッフによる全編ライブと投影(生解説)で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。

【カハク巨大迷路 動物vs恐竜】
■日 時  9/14(土)〜10/14(月祝)の土日祝
      9:30〜12:00(最終受付11:30)
      13:00〜17:00(最終受付16:30)
■場 所  企画展示室
■料 金  300円(3歳以上)
■内 容  迷路の中にある「かはくクイズ」を解きながらゴールを目指せ!クイズは博物館の展示物に関する内容を出題します。全問正解した方にはステキな賞品をプレゼント。

【サイエンスショー「永久磁石のサイエンス】
201909-img02

■日 時  10月12日(土)〜1月5日(日) 土日祝 13:00/15:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  よく使われる4種類の永久磁石のお話や永久磁石を使った科学手品、身の回りで応用されている永久磁石を用いたメカニズムなど、知っているようで、意外と知らない永久磁石のサイエンスをおもしろ実験で紹介します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度

【サイエンスショー「超超ビックリ!超伝導】
201909超電導S

■日 時  7月13日(土)〜10月6日(日) 土日祝 13:00/15:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  最新の超伝導材料を使って、超低温で起こる驚きの現象「超伝導」について楽しく実験します。
■料 金  常設展示観覧券要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S

ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S

ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S
1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!

ナットの吹き替えは堀北真希。

投影スケジュール
9/1(火)〜10/31(木)
10:30 12:00 14:00 16:00
平 日 団体枠 恐竜
大進撃
ナット

ムーミン

9月27日(金)
10月18日(金)

ほしぞらパレット

  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝 ナット 恐竜
大進撃
ナット 恐竜
大進撃
ムーミン
9月28日(土)
10月19日(土)
ほしぞら
パレット

※「ほしぞらパレット」はスタッフによる全編ライブ投影で、今夜の星空や天文トピックスをお話するプログラムです。詳細は後日お知らせします。

博物館講座(10月開講講座)

〈自然観察会〉

●渡るチョウの観察
■日 時  10/14(月祝) 10:00〜12:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  第1研修室、博物館周辺 ※博物館集合
■参加費  50円
■締 切  9/27(金)
■備 考  荒天時:第1研修室で座学

〈天体観望会〉
●秋の星座と月・土星
■日 時  10/5(土) 19:30〜21:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  9/20(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈科学工作教室〉
●万華鏡でサイエンス〜フラワー万華鏡作り〜
■日 時  10/26(土)13:30〜15:00
■対 象  小学1年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学工作室
■参加費  350円
■締 切  10/11(金)

〈大人のための科学講座〉
●植物の見分けポイント!
■日 時  10/19(土)14:00〜16:00
■対 象  高校生以上
■定 員  15名
■場 所  松山市都市環境学習センター ※現地集合
■参加費  50円
■締 切  10/4(金)
■備 考  荒天時:中止

博物館講座(10月締切11月開講講座)

〈天体観望会〉
●秋の星座と月
■日 時  11/3(日) 19:30〜21:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  10/18(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈大人のための科学講座〉
●万華鏡ワークショップ「世界に一つだけ オイル式オリジナル万華鏡の製作」
■日 時  11/9(土)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(子どもの見学可)
■定 員  20名
■場 所  科学工作室
■参加費  3,350円
■締 切  10/25(金)
■講 師  二神健(万華鏡作家)

10月の休館日
8日(火)15日(火)21日(月)28日(月)



museum88 at 10:02|PermalinkComments(0)clip!

2019年08月01日

愛媛県総合科学博物館 9月イベント情報

無題ドキュメント

ダンボール迷路(仮)

■日程 9/14(土)〜10/14(月祝)
■場所 企画展示室
■料金 有料
■内容 迷路の中にある「かはくクイズ」を解きながらゴールを目指せ!クイズは博物館に関する内容を出題します。 ※詳細は博物館までお問合せください

特別展「からくりランドの大冒険!!〜ゆかいなしかけのおもちゃたち〜」

■日時 7月13日(土)~9月1日(日)
■料金
特別展のみ…大人(高校生以上)700円/65歳以上600円/小中学生400円
特別展+常設展…大人(高校生以上)1,000円/65歳以上700円/小中学生400円
※20名以上で団体割引あり
■内容 私たちの身近にあるさまざまな機械に組み込まれた歯車やカム、軸受(ベアリング)などの機械要素について体験展示や作家作品を通じて紹介します。機械内部の機構や動力伝達の様子を紹介する展示で、ものが動く仕組みを学習することを目的とします。複雑な機構の生み出す楽しい動きや木や紙で作られた素材のぬくもり、作家たちの作品に込められたユーモアに触れることで来場者が動きの仕組みを楽しみながら発見できる構成を目指します。また、青少年のものづくり意欲を刺激し、将来の進路の参考となる機会も提供します。

展示構成
【動く木のおもちゃ】
特別展(1)S
■主な内容:高橋みのる氏の木のからくり作品約47点を展示。からくり作品への興味・関心を湧き立てる。
■展示物など:未来トンボ、カバの歯磨き、コレット、ウサギドライブなど

【ぐるぐる工房】
■主な内容:大小の歯車を自由に組み合わせて遊ぶことのできる体験コーナー。歯車の動く仕組みを模型を用いて学ぶことができる。またカムやベアリングなども体験できる。
■展示物など:ダンボール歯車体験、歯車模型展示(企業展示)、遊星歯車減速機(曽我部鐵工所)、デュアルクラッチトランスミッションカットモデル(井関農機)、ベアリング

【ピタゴラン】
■主な内容:タブレットの画面をなぞるだけでドミノ、車などの面白い仕掛けが配置され、動きが次の仕掛けへと伝わる様子を体験できる。
■展示物など:ピタゴラン(モノイズ)

【からくりミュージアム】
■主な内容:からくり作家を紹介し、さまざまなからくり作品を紹介する。
■展示物など:高橋みのる氏作品、ばんばよしひろ氏作品、杉本洋一氏作品

【動くペーパークラフト】
特別展(3)S
■主な内容:紙や段ボールで作られたペーパークラフトの作品を紹介。手に取って動かしたり、電動で動く作品などを展示。
■展示物など:千光士義和氏作品(段ボール作家)、中村開己氏作品、坂啓典氏作品、石井希氏作品

【コログラッドに挑戦!】
特別展(2)S
■主な内容:木球を操りながら障害物を避け、ゴールまで運ぶ巨大なゲーム盤。ゲーム盤にプロジェクションマッピングを投影した、新しい演出を体験できる。
■展示物など:コログラッド(高橋みのる氏作品)

◎特別展関連ワークショップ

「大漁!!スピナー釣り堀」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00
■場 所  エントランス
■対 象  どなたでも
■定 員  各日先着100名
■料 金  200円(特別展観覧券ご提示の方は150円)
■内 容  くるくる回転するおもちゃスピナーを、磁石のついた釣り竿で釣り上げます。制限時間内に釣り上げたものの中から、気に入ったものを1個持って帰ることができます。

「ピョコピョコおもちゃ」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00
■場 所  エントランス
■定 員  各日先着100名
■料 金  200円(特別展観覧券ご提示の方は150円)
■内 容  棒と針金を使って、揺れながら落ちるおもちゃを作ります。

「オリジナル歯車アクセサリーを作ろう」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)の土日祝
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00
■場 所  エントランス
■対 象  どなたでも
■定 員  各日先着100名
■料 金  550円(特別展観覧券ご提示の方は500円)
■内 容  紫外線を当てると固くなるUVレジンを使い、歯車パーツを自由にアレンジしてアクセサリーを作ります。

◎サイエンスショー「超超ビックリ!超伝導」
201909超電導S
■日 時  7月13日(土)〜10月6日(日) 土日祝 13:00/15:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  最新の超伝導材料を使って、超低温で起こる驚きの現象「超伝導」について楽しく実験します。
■料 金  常設展示観覧券が必要
■開演時刻
1回目 2回目
土日祝 13:00 15:00
※各回 25分程度

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S
ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S
1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!

投影スケジュール
9/1(火)〜10/31(木)
10:30 12:00 14:00 16:00
平 日 団体枠 恐竜大進撃 ナット ムーミン
  10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日祝 ナット 恐竜大進撃 ナット 恐竜大進撃 ムーミン

※9/27(金)・9/28(土)はスタッフによる全編ライブ解説投影をおこないます。(予定) 時間未定。番組の投影はありません。

博物館講座(9月開講講座)
〈自然観察会〉
●海辺の生き物ウォッチング2
■日 時  9/15(日) 14:30〜17:30 ※3時間程度、海岸をゆっくり歩きます。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  鴨池海岸(今治市大西町)※現地集合
■参加費  50円
■締 切  8/30(金)
■備 考  荒天時:中止

〈科学実験教室〉
●日光写真(青写真)でオリジナルエコバックを作ろう
■日 時  9/28(土)13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学実験室
■参加費  550円
■締 切  9/13(金)

〈大人のための科学講座〉
●大人の楽しみ!とび出しすぎる大型恐竜カードの工作
■日 時  9/7(土)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(小中学生の同伴可)
■定 員  15名
■場 所  科学工作室
■参加費  400円
■締 切  8/23(金)

〈かんたん実験工作教室〉
●プラ板キーホルダーを作ろう
■日 時  9/8(日)13:30〜15:30
■定 員  30〜50名程度
■場 所  博物館エントランスホール
■参加費  100円
■講 師  友の会科学クラブ・博物館職員
■備 考  申し込み不要の手軽な実験工作教室です。

博物館講座(9月締切講座)
〈自然観察会〉
●渡るチョウの観察
■日 時  10/14(月祝) 10:00〜12:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  第1研修室、博物館周辺 ※博物館集合
■参加費  50円
■締 切  9/27(金)
■備 考  荒天時:第1研修室で座学

〈天体観望会〉
●秋の星座と月・土星
■日 時  10/5(土) 19:30〜21:00
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  9/20(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈産業講座〉
●宇和島九島で海について学ぼう〜マダイ養殖見学・九島海岸の生物観察〜
■日 時  10/13(日) 10:00〜15:30 ※約1.4km歩きます。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  宇和島市九島、九島沖 ※現地集合
■参加費  1,050円
■締 切  9/27(金)
■講 師  広沢初志(宇和島漁業協同組合 代表理事専務)
■備 考  荒天時:10/27(日)に延期、10/27(日)も荒天の場合は中止
      岸壁から船の乗り降りがあります。最小催行人員15名

9月の休館日
3日(火)9日(月)17日(火)24日(火)25日(水)26日(木)30日(月)



museum88 at 08:43|PermalinkComments(0)clip!

2019年07月01日

愛媛県総合科学博物館 8月イベント情報

無題ドキュメント

特別展「からくりランドの大冒険!!〜ゆかいなしかけのおもちゃたち〜」

■日時 7月13日(土)~9月1日(日)
■料金
特別展のみ…大人(高校生以上)700円/65歳以上600円/小中学生400円
特別展+常設展…大人(高校生以上)1,000円/65歳以上700円/小中学生400円
■内容 私たちの身近にあるさまざまな機械に組み込まれた歯車やカム、軸受(ベアリング)などの機械要素について体験展示や作家作品を通じて紹介します。機械内部の機構や動力伝達の様子を紹介する展示で、ものが動く仕組みを学習することを目的とします。複雑な機構の生み出す楽しい動きや木や紙で作られた素材のぬくもり、作家たちの作品に込められたユーモアに触れることで来場者が動きの仕組みを楽しみながら発見できる構成を目指します。また、青少年のものづくり意欲を刺激し、将来の進路の参考となる機会も提供します。

展示構成
【動く木のおもちゃ】
特別展(1)S
■主な内容:高橋みのる氏の木のからくり作品約47点を展示。からくり作品への興味・関心を湧き立てる。
■展示物など:未来トンボ、カバの歯磨き、コレット、ウサギドライブなど

【ぐるぐる工房】
■主な内容:大小の歯車を自由に組み合わせて遊ぶことのできる体験コーナー。歯車の動く仕組みを模型を用いて学ぶことができる。またカムやベアリングなども体験できる。
■展示物など:ダンボール歯車体験、歯車模型展示(企業展示)、遊星歯車減速機(曽我部鐵工所)、デュアルクラッチトランスミッションカットモデル(井関農機)、ベアリング

【ピタゴラン】
■主な内容:タブレットの画面をなぞるだけでドミノ、車などの面白い仕掛けが配置され、動きが次の仕掛けへと伝わる様子を体験できる。
■展示物など:ピタゴラン(モノイズ)

【からくりミュージアム】
■主な内容:からくり作家を紹介し、さまざまなからくり作品を紹介する。
■展示物など:高橋みのる氏作品、ばんばよしひろ氏作品、杉本洋一氏作品

【動くペーパークラフト】
特別展(3)S
■主な内容:紙や段ボールで作られたペーパークラフトの作品を紹介。手に取って動かしたり、電動で動く作品などを展示。
■展示物など:千光士義和氏作品(段ボール作家)、中村開己氏作品、坂啓典氏作品、石井希氏作品

【コログラッドに挑戦!】
特別展(2)S
■主な内容:木球を操りながら障害物を避け、ゴールまで運ぶ巨大なゲーム盤。ゲーム盤にプロジェクションマッピングを投影した、新しい演出を体験できる。
■展示物など:コログラッド(高橋みのる氏作品)

特別展関連ワークショップ
「大漁!!スピナー釣り堀」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00 ※8月10日〜12日は16:30まで
■場 所  エントランス
■対 象  どなたでも
■定 員  各日先着100名
■料 金  200円(特別展観覧券ご提示の方は150円)
■内 容  くるくる回転するおもちゃスピナーを、磁石のついた釣り竿で釣り上げます。制限時間内に釣り上げたものの中から、気に入ったものを1個持って帰ることができます。

「ピョコピョコおもちゃ」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00 ※8月10日〜12日は16:30まで
■場 所  エントランス
■定 員  各日先着100名
■料 金  200円(特別展観覧券ご提示の方は150円)
■内 容  棒と針金を使って、揺れながら落ちるおもちゃを作ります。

「オリジナル歯車アクセサリーを作ろう」
■日 程  7月13日(土)〜9月1日(日)の土日祝 ※7月20日・21日と8月10日〜12日を除く
■時 間  10:00〜11:45 / 13:00〜16:00
■場 所  エントランス
■対 象  どなたでも
■定 員  各日先着100名
■料 金  550円(特別展観覧券ご提示の方は500円)
■内 容  紫外線を当てると固くなるUVレジンを使い、歯車パーツを自由にアレンジしてアクセサリーを作ります。

「ペーパーからくり『羽ばたく鳥』を作ろう!」
■日 程  8月17日(土)
■時 間  10:00〜11:00 / 13:00〜14:00 / 15:00〜16:00
■場 所  第1研修室
■対 象  幼児〜大人(幼児〜小学生は保護者同伴)
■定 員  各回定員15名
■料 金  1,346円(保険料を含む)
■講 師  石井希(ペーパーからくり作家)
■申 込  HP、FAX、往復はがきで事前申し込み(応募多数の場合は抽選で決定)
■締 切  8/2(金)
■内 容  ペーパーからくり作家の石井希氏を招いて、ペーパーからくり「羽ばたく鳥」を作成します。

「(A)モーター動力の『GOGO ペガサスを作ろう!』
 (B)貯金箱ロボットを作ろう!」」

■日 程 (A)8月27日(火) (B)8月28日(水)
■時 間 (A)13:30〜15:00   (B)10:30〜12:00
■場 所  第1研修室
■対 象 (A)小学生以上(小学生は保護者同伴)
     (B)4歳以上(小学生以下は保護者同伴)
■定 員  各回定員15名
■料 金  50円(保険料)
■講 師  千光士義和(動くダンボールアート作家)
■申 込  HP、FAX、往復はがきで事前申し込み(応募多数の場合は抽選で決定)
■締 切  8/13(火)
■内 容  動くダンボールアート作家の千光士義和氏を招いて、ダンボールを使ったからくり工作を行います。GOGOペガサスは電動で足が動きます。貯金箱ロボットは頭の後ろのボタンを押すと口を開けてお皿の上のお金を食べます。

「みんなdeドミノ」
■日 程  8月6日(火)・29日(木)
■時 間
受付 倒す時間
10:00〜10:30 11:00
12:00〜12:30 13:00
14:00〜14:30 15:00
■場 所  オリエンテーションルーム(予定)
■料 金  無料
■内 容  ドミノ牌をわずかな間隔で立てて並べ、端の一つを倒すと次々に牌が倒れ続けていくドミノ倒しを体験します。

夏休みスペシャル科学体験イベント「夏だ!おもしろ実験まつり」
■日 程  8/10(土)〜8/12(月・振休)
■時 間  10:00〜17:00
■場 所  エントランスホール、屋外展示場、天文台
■料 金  参加無料
■内 容  屋外で行う大迫力の「巨大実験ショー」や、誰でも気軽に参加できる「チャレンジプチ科学工作」など、科学の楽しさを体験できる夏休み恒例のスペシャルイベント
■共 催  友の会科学クラブ・天文クラブ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月10日(土)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●巨大実験ショー
カメラの中に入ってみよう(カメラオブスキュラの実験)
場所:エントランス入口
10:30〜12:00
14:00〜15:30

●チャレンジ!プチ科学工作
「ミニミニボートを作ろう」
実験まつり(ミニミニボート)S
場所:エントランスホール
10:00〜12:00

「地震に強い家を知ろう(ペーパークラフト工作) 」
場所:エントランスホール
14:00〜15:30

「フィンガーブーメランを作ろう」
場所:エントランスホール
16:00〜17:00

●太陽を見よう
場所:天文台(予定)※雨天曇天中止
10:00〜12:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月11日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●巨大実験ショー
巨大熱気球の実験
実験まつり(熱気球)S
場所:屋外展示場 (雨天曇天時:カメラオブスキュラに変更)
11:30〜12:00
13:30〜14:00

●チャレンジ!プチ科学工作
「紙トンボ・ミニ立体凧を作って飛ばそう」
場所:エントランスホール
10:00〜12:00

「紙コップ空気砲を作ろう 」
場所:エントランスホール
14:00〜15:30
16:00〜17:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月12日(月・振休)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●巨大実験ショー
巨大シャボン玉体験
実験まつり(シャボン玉)S
場所:屋外展示場 (雨天中止)
10:30〜12:00
14:00〜15:30

●チャレンジ!プチ科学工作
「ストロンボーンを作ろう」
場所:エントランスホール
10:00〜12:00

「オリジナル発泡入浴剤を作ろう 」
場所:エントランスホール
14:00〜15:30
16:00〜17:00


◎夏休み自由研究相談所
■日 程  8/1(木)8/2(金)
■時 間  10:00〜12:00 / 14:00〜16:00
■場 所  図書室
■対 象  小学生〜中学生
■定 員  各日50組程度
■料 金  無料
■内 容  学芸員が自由研究のアドバイスをします。動物、植物、昆虫、岩石、化石、実験・工作、産業など。

◎教員のための博物館の日
■日 程  8/21(水)
■時 間  10:30〜16:30
■対 象  小学校・中学校・高等学校等の教員及び社会教育施設職員
■定 員  有 ※プログラムにより異なります。
■料 金  無料 ※保険料の必要なプログラムがあります。
■内 容  学習指導要領に沿った博物館の利用方法を紹介したり、教職員対象の授業に役立つ科学講座を実施します。
■申 込  プログラムにより必要なものがあります。FAXまたはE-mailでお申込みください。

◎サイエンスショー「超超ビックリ!超伝導」
■日 時  7月13日(土)〜10月6日(日)
土日祝と8月14日〜16日 13:00/15:00
夏休み期間(7/20〜9/1)の水曜と8月13日 13:00
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  最新の超伝導材料を使って、超低温で起こる驚きの現象「超伝導」について楽しく実験します。
■料 金  常設展示観覧券が必要
■開演時刻
1回目 2回目
夏休み期間の水曜・8/13 13:00 -
土日祝・8/14〜16 13:00 15:00
※各回 25分程度

◎お盆期間特別実験イベント「超伝導で人体浮上体験」
■日 時  8月14日(水)〜8月18日(日) 13:25頃〜/15:25頃〜
サイエンスショー「超超ビックリ!超伝導」終了後に体験を始めます。
■場 所  展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容  巨大超伝導体の上に乗って浮上体験。浮かぶから分かる!ふわふわやクルクルの不思議感覚を体験しよう。
■定 員  各回先着70名
■料 金  常設展示観覧券、整理券が必要。整理券はエントランスホールで配布します。

《プラネタリウム》
■プラネタリウム番組「ムーミン谷のオーロラ」
プラネ(ムーミン)S
ムーミンが冬眠から覚めると、春はまだ来ていませんでした。しかもムーミンママだけ眠りについたまま。ムーミンたちはムーミン谷に春を呼んで、ママの目を覚ますことが出来るのでしょうか?

■プラネタリウム新番組「新・恐竜大進撃」 プラネ(新恐竜大進撃)S
ティラノサウルス×トリケラトプス、丹波竜×ティラノサウルスの仲間、恐竜たちのサバイバルバトルが、超高精細で制作されたCGでよみがえります!!恐竜の誕生から繁栄、絶滅まで、子どもたちに楽しく、わかりやすく紹介する全天周番組の登場です!

■プラネタリウム新番組「ナットのスペースアドベンチャー」
プラネ(ナット)S
1969年、あのアポロに乗って、こっそり月に行ったハエたちがいた!?奇想天外なストーリーと斬新なフレームワーク、最先端の3DCGアニメーション技術を駆使して、前代未聞の大冒険が今、始まる!

■プラネタリウム番組「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」 ★8月のみ投影
プラネ(攻殻機動隊)S
 舞台は2029年の日本。“電脳化技術”や“義体化技術”が普及する世界で、全身義体の草薙素子は、「公安9課」通称『攻殻機動隊』を率いてテロリストの潜伏先に向かう ・・・。

投影スケジュール
8/1(火)〜8/31(木)
10:30 12:00 14:00 16:00
平 日 ムーミン 恐竜大進撃 ナット 攻殻機動隊
(解説なし)

土日祝日・お盆期間(8/10〜8/12)
10:30 12:00 13:30 15:00 16:30
土日・お盆期間
(8/10〜8/12)
恐竜 ムーミン 恐竜 ナット 攻殻機動隊
(解説なし)

※攻殻機動隊は全天周映像です。星座解説はありません。

博物館講座(8月開催)
〈自然観察会〉
●海辺の生き物ウォッチング1
■日 時  8/1(木) 14:00〜17:00※3時間程度、海岸をゆっくり歩きます。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  鴨池海岸(今治市大西町)※現地集合
■参加費  50円
■締 切  7/18(木)
■備 考  荒天時:中止

●夜の虫ウォッチング
■日 時  8/2(金) 19:30〜21:00 ※約1時間散策します。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  博物館周辺、第1研修室 ※博物館集合
■参加費  50円
■締 切  7/19(金)
■備 考  荒天時:中止

●夏のブナ林を歩く
■日 時  8/17(土) 10:30〜15:30※約4時間歩きます。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  皿ヶ嶺(東温市) ※現地集合
■参加費  50円
■締 切  8/2(金)
■備 考  荒天時:中止

〈親子自然教室〉
●昆虫の標本をつくろう
(3回目 ※7/27.28の参加が必要です。)
■日 時  8/4(日) A班10:00〜12:00 / B班13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申込みも必要)
■定 員  各12組24名
■場 所  博物館周辺、科学実験室
■参加費  小学生300円 大人150円
■締 切  8/9(金)

●レプリカを作ろう!アンモナイト&三葉虫
■日 時  8/25(日) 13:30〜15:30
■対 象  小学生とその保護者(保護者の申込みも必要)
■定 員  12組24名
■場 所  科学実験室
■参加費  ひとり200円
■締 切  8/9(金)

〈天体観望会〉
●夏の星座と木星・土星
■日 時  8/31(土) A班 20:00〜20:40 / B班 21:00〜21:40
※受講は1回のみです。希望時間(AかB)を選んでください。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  各15名
■場 所  博物館天文台、第1研修室
■参加費  50円
■締 切  8/16(金)
■講 師  友の会天文クラブ
■備 考  悪天候時は研修室とプラネタリウムで星の話をします。

〈科学実験教室〉
●スーパージャンボシャボン玉にチャレンジ!
■日 時  【A】7/24(水) 13:30〜15:30
      【B】8/30(金)13:30〜15:30
※受講は1回のみです。希望日(AかB)を選んでください。
■対 象  小学1年生以上(保護者同伴の場合は幼児でも可)
■定 員  各25名
■場 所  屋外展示場
■参加費  400円
■締 切  8/16(金)

●身の回りの放射線測定体験教室
■日 時  8/3(土) 9:30〜15:00
■対 象  小学3年生〜高校生と保護者(小中学生は保護者同伴)
■定 員  50名
■場 所  第1研修室
■参加費  無料
■申込期間 6/17(月)〜7/16(火)
※申し込み先、お問合せ…愛媛県庁原子力安全対策課
          TEL:089-912-2352(原子力監視グループ)
          FAX:089-931-0888
          Mail:genshiryokuanzen@pref.ehime.lg.jp

〈科学工作教室〉
●水上をスイスイ進む!ホバークラフトを作ろう
■日 時  8/24(土) 13:30〜16:30
■対 象  小学3年生〜中学生
■定 員  20名
■場 所  科学実験室、科学工作室
■参加費  850円
■締 切  8/9(金)

〈産業講座〉
●日本一の紙のまち 四国中央市を訪ねて
■日 時  8/31(土) 10:00〜15:00
■対 象  小学5年生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  20名
■場 所  愛媛県産業技術研究所 紙産業技術センター・協和紙工株式会社(四国中央市)
※現地集合(午前 紙産センター、午後 協和紙工株式会社)
■参加費  50円
■締 切  8/16(金)
■講 師  愛媛県産業技術研究所 紙産業技術センター 主任研究員 小平琢磨
協和紙工株式会社 職員
■備 考  荒天時:中止

博物館講座(8月締切講座)
〈自然観察会〉
●海辺の生き物ウォッチング 2
■日 時  9/15(日) 14:30〜17:30 ※3時間程度、海岸をゆっくり歩きます。
■対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者の申し込みも必要)
■定 員  30名
■場 所  鴨池海岸(今治市大西町) ※現地集合
■参加費  50円
■締 切  8/30(金)
■備 考  荒天時:中止

〈大人のための科学講座〉
●大人の楽しみ!とび出しすぎる大型恐竜カードの工作
■日 時  9/7(土)13:30〜15:30
■対 象  高校生以上(小中学生の同伴可)
■定 員  15名
■場 所  科学工作室
■参加費  400円
■締 切  8/23(金)

8月の休館日
 ありません



museum88 at 08:40|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月01日

愛媛県総合科学博物館1月イベント情報

冬季特別企画「オリジナルカレンダープレゼント」
■日 時:1月2日(水祝)3日(木) 9:00〜
■場 所:エントランスホール
■定 員:各日先着100名(1家族1枚)
■対 象:観覧券購入者
■内 容:2019年のカレンダーを先着100家族にプレゼントします。

冬季特別企画ワークショップ「化石発掘をしよう!〜木の葉化石編〜」

木の葉化石320

■日 時: 1月2日(水祝)3日(木)5日(土)6日(日)・12日(土)〜14日(月祝)
  9:30〜12:00 / 13:00〜16:00 (9:00より整理券配布)
1月4日(金)
13:30〜16:00(13:00より整理券配布)

■場 所:エントランスホール
■定 員:1/2.3各日先着200名 1/4先着50名 1/5.6.12〜14各日先着150名
■料 金:400円
■内 容:ハンマーやたがねを使って化石の原石から約30万年前の木の葉の化石を探そう!

冬季特別企画「館内に隠された5つのキーワードを探せ!〜キーワードを探して“恐竜ケシゴム”をゲットしよう!〜」

キーワード賞品恐竜ケシゴム320

■日 時:1月2日(水祝)〜6日(日)・12日(土)〜14日(月祝)
■場 所:博物館内
■料 金:400円 ※常設展示観覧券が必要
■内 容:館内に隠されたキーワードを探し出そう!キーワードが完成したら恐竜ケシゴムを3体プレゼント。


ハンドメイドワークショップ「きまぐれ市」
■日 時:1月2日(水祝)3日(木)5日(土)〜6日(日)
■場 所:博物館エントランス
■内 容:ハンドメイドワークショップ「きまぐれ市」がエントランスに出店します。


企画展「葉で見分ける常緑樹」

常緑樹画像320

■日 時:11/23(金祝)〜1/27(日)
■場 所:企画展示室
■料 金:無料 ※常設展観覧券が必要
■内 容:
一年中、緑の葉をつけている常緑樹はどれも同じような葉に見えて見分けづらいものですが、枝が一振りあれば名前を調べることができます。自然観察に敬遠されがちな、見分けづらい常緑樹の魅力を紹介します。
■展示構成:愛媛県内に生育する、常緑樹約100種類を標本で紹介します。

企画展関連イベント「葉っぱをくんくん!植物の香り」
■日 時:1/19(土)13:00〜13:30
■場 所:サイエンス工房
■料 金:無料 ※常設展観覧券が必要
■内 容:植物は種類によっていろんな匂いがあります。匂いのヒミツを担当学芸員が解説します。

企画展「野生の王国ケニア」

ケニア320

■日 時:11/23(金祝)〜1/27(日)
■場 所:企画展示室
■料 金:無料 ※常設展観覧券が必要
■内 容:
学芸員が実際に訪れたケニアのアンボセリ国立公園、ナクル湖国立公園、マサイマラ国立保護区にすむ野生動物や、先住民マサイ族の暮らしなどについて、写真や剥製を用いて展示する。剥製についてはとべ動物園が保有するものを数体借用し展示予定。

◎展示構成
写真パネル約80枚と動物剥製で構成

【ケニアの紹介】
■主な内容:位置、日本からの行き方など

【アンボセリ国立公園】
■主な内容:キリマンジャロのすそ野に広がる草原や湿地にすむ動物について紹介
■展示物など:アフリカゾウ、カバ、アフリカスイギュウの写真

【マサイ族の暮らし】
■主な内容:ケニア南部の先住民であるマサイ族の現代の暮らしについて紹介
■展示物など:マサイ族の衣装、住居などの写真

【ナクル湖国立公園】
■主な内容:ケニアでは絶滅し南部アフリカから再導入されたシロサイなどについて紹介
■展示物など:ロスチャイルドキリン、シロサイの写真

【マサイマラ国立保護区】
■主な内容:ヌーの季節移動による川渡りやマラ川のカバについて紹介
■展示物など:ライオン、ヌーの剥製、チーター、ヒョウの写真


サイエンスショー「パン!ドン!ポン!バウンドのヒミツ大発見」(〜1/14)
■日 時:金曜13:00〜 土日祝13:00〜・15:00〜
■場 所:展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容:
ボールを思い切り地面にぶつけたらどこまで跳ね上がるのだろう。どんな工夫をすればよく弾む?
そんなことを考えながらボールをバウンドさせたことはない?バウンドにはとても面白い科学がひそんでいるんだ。
今回のサイエンスショーは跳ね返り、バウンドのヒミツにせまります。
いろんなもの、いろんな投げ方を試してみて、おもしろいバウンドをいっしょに発見しましょう。
■料 金:無料 ※常設展示観覧券が必要
■時 間:1回20〜25分程度

開演時刻 1回目 2回目
金曜日 13:00 -
土日祝 13:00 15:00

サイエンスショー「まるまるっ!水のサイエンス(仮)」
■日 時:1月18日(金)〜4月7日(日)
■場 所:展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容:おもしろ実験で、水のもつ力を学びましょう。
■料 金:無料 ※常設展示観覧券が必要
■時 間:1回20分程度

開演時刻 1回目 2回目
金・冬休み中の平日 13:00 -
土日祝 13:00 15:00

プラネタリウム
■プラネタリウム新春特別投影「ウチナー・ナイト(仮)」
□日 時:1月2日(水祝)3日(木)13:30(投影は約45分間あります)
□場 所:プラネタリウム棟
□定 員:各回300名(当日受付)
□料 金:大人(高校生以上)510円・65歳以上、小中学生260円
□内 容:美しい星空や映像の中で、沖縄ポップスのギター生演奏と星座解説のコラボ投影です。

■プラネタリウム番組「ワンピースプラネタリウム」
プラネタリウム番組「ワンピース(新番組) □内容:
満天の星空と麦わらの一味の冒険の軌跡を体感!!
麦わらの一味と星空の航海へ!

■プラネタリウム番組「ジュラシックヒーローズ」
ジュラシック420 □内容:
甦った恐竜たちには地球を守る星空の警備隊として活動する使命があった。
彼らは無事地球を守れるのか!?

■プラネタリウム番組「スターリーテイルズ」
s_スターリーテイルズ □内容:
透明感あふれる作風で国内外に多くのファンを持つKAGAYAスタジオが、ギリシア神話の星座物語を全天周プラネタリウム番組として現代に蘇らせます。
ナレーターは愛媛県出身の水樹奈々さん☆

■投影スケジュール
※スケジュールは変更となる場合があります。必ず、事前にご確認ください。
1月2日(水祝)3日(木)
投影回
(時間)
1回目
10:30
2回目
12:00
3回目
13:30
4回目
15:00
5回目
16:30
番組 ジュラシックヒーローズ ジュラシックヒーローズ ウチナー・ナイト(仮)(特別投影) ワンピース スターリーテイルズ

1月4日(金)〜6日(日)
投影回
(時間)
1回目
10:30
2回目
12:00
3回目
13:30
4回目
15:00
5回目
16:30
番組 ワンピース ジュラシックヒーローズ ジュラシックヒーローズ ワンピース スターリーテイルズ

1月7日(月)〜1月31日(木)
  10:30 12:00 14:00 16:00
平日 (団体専用) ジュラシック ワンピース スターリー
土日祝 ジュラシック ジュラシック ワンピース スターリー

博物館講座(1月開講講座)
〈大人のための科学講座〉
●大人女子のための科学実験
オリジナル化粧水とミツロウハンドクリームを作ろう

■日 時:1/27(日) 13:30〜14:30
■対 象:大人全般(子どもの見学可)
■定 員:10名
■場 所:科学実験室
■参加費:650円
■締 切:1/11(金)

〈かんたん工作教室〉
■日 時:1/13(日) 13:30〜15:30
■定 員:30〜50名程度
■場 所:エントランスホール
■参加費:200円程度
■講 師:友の会科学クラブ

1月の休館日
 1日(火)、8日(火)、15日(火)、21日(月)、28日(月)



museum88 at 08:40|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月01日

愛媛県総合科学博物館10月イベント情報

特別展「〜光と鏡のサイエンスアート〜魅惑の万華鏡ミュージアム」

万華鏡ミュージアム

■日 時:9/22(土)〜11/11(日)
■場 所:企画展示室
■料 金:
大人(高校生以上) 350円/小中学生200円
※チラシに50円割引のチケットが付きます。
■内 容:
万華鏡というと、回すとカラカラと音がして模様が見えるおもちゃだと思っていませんか?最近、万華鏡はアートとして見直され、多くの作家の手によって様々な美しい作品が創り出され人気を博しているのです。また、万華鏡はサイエンスから誕生したというストーリーも持っています。今回の特別展では、万華鏡の歴史、構造や模様の見える仕組みを解説しながら、心を込めて作られたアート作品としての多数の万華鏡を紹介します。中には「これが万華鏡?」と驚く作品も!美しく楽しい魅惑の万華鏡ワールドを十分に味わってください。

◎展示構成
(1)レッツプレイ!万華鏡
手で回し動かしたり足で回したり、ダイナミックに遊びながら万華鏡を楽しめるコーナー。遊びの中で万華鏡の扱い方や注意などを学びます。

(2)万華鏡サイエンス
「鏡、オブジェクト、レンズ、筒」と分けながら光と鏡の特性、鏡の枚数・形、角度による像の違い、表面反射鏡、レンズと焦点、オブジェクトそれぞれの役割を解説し、それらの組み合わせで様々な模様が作り出されることを実物や実験器で紹介する。

(3)万華鏡ヒストリー
スコットランドの物理学者デビッド・ブリュースターの万華鏡の発明ストーリーと研究と功績、その後アメリカに伝わって玩具として世界中に広まった背景、日本への伝来、玩具から芸術品・癒しのツールとして再び注目されるようになった現在までの万華鏡と、それらに関わった人々の足跡をパネルで紹介する。

(4)魅惑の万華鏡ミュージアム
国内外の多くの作家によって生み出されたアートとしての多種多様な万華鏡と、 その作者やコレクターを同時に紹介する。

(5)四国初!大画面で万華鏡鑑賞「投影万華鏡」
万華鏡の中の模様をプロジェクターでスクリーンに投影する。 大画面に映し出される、万華鏡の美しい世界をライブで味わうことができる。

特別展関連イベント
「学芸員おもしろ万華鏡ギャラリートーク」
■日 時:9/22(土)、24(月祝)、29(土)
     10/7(日)、8(月祝)、13(土)、21(日)、27(土)
     11/4(日)、10(土)、11(日)
     全11回 各日15:00〜15:30
■料 金:無料
■場 所:企画展示室内
■解 説:進専門学芸員

「万華鏡作家指導によるスペシャルワークショップ」
「鈴木明子の万華鏡ワークショップ」 ※事前申込
■日 時・対 象・料 金:9/30(日)
〇11:00〜12:30 ねんどでコネコネ万華鏡づくり(小学生向け)/ 3,050円
〇14:00〜15:30 天然石を使った本格的なオイルタイプの万華鏡づくり(大人向け)/ 5,050円
■定 員:各回20名
■場 所:科学工作室
■申 込:特別展開始後、博物館HPよりお申し込みいただけます。

大人のための科学講座
「万華鏡ワークショップ
『世界に一つだけ オイル式オリジナル万華鏡の製作』」
 ※事前申込
■日 時:10/20(土)13:30〜15:30
■費 用:3,550円
■定 員:20名
■場 所:科学工作室
■締 切:10/5(金) ※博物館HPよりお申し込みください。

「プチ万華鏡工作『フラワー万華鏡を作ろう』」
誰でも簡単に作れる万華鏡です。鏡筒をのぞき見ると、花の形が内部に広がります。
■日 時:会期中毎週土日祝 13:30〜16:30
■費 用:300円
■定 員:100名 / 日
■場 所:企画展示室前

「万華鏡フォトコンテスト『万華鏡を撮影してSNSに投稿しよう!』」
企画展示室内の万華鏡の写真を撮影した画像を募集します。上位3点には万華鏡をプレゼント。
■期 間:9/22〜11/11
■参加方法:
Instagram/twitter/facebookいずれかの科学博物館公式アカウントを
 フォロー
企画展示室内「撮影OK」シールのついている万華鏡を使って写真撮影
#愛媛かはく万華鏡 のハッシュタグをつけて投稿
づ選者にはDM、メッセージより通知

「レッツトライ!万華鏡クイズ『キミも万華鏡博士になろう』」
■日 時:9/22〜11/11
■内 容:問題用紙をもって企画展示室内を回りクイズを解き、自己採点をしてランキングを確認。 ※参加自由


サイエンスショー「あつい!つめたい!ふしぎ実験ショー」(〜10/8)
■日 時:金曜13:00〜 土日祝13:00〜・15:00〜
■場 所:展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容:
夏は暑く、冬は寒い。火は熱く、氷は冷たい。私たちは普段当たり前のように熱い冷たいを感じています。熱くなること、冷たくなることとはどういうことでしょうか。今回のサイエンスショーでは、熱と温度の仕組みについて実験し涼しくすごす方法を紹介します。
■料 金:無料 ※常設展示観覧券が必要
■時 間:1回20〜25分程度

開演時刻 1回目 2回目
金曜日 13:00 -
土日祝 13:00 15:00

サイエンスショー「パン!ドン!ポン!バウンドのヒミツ大発見」(10/12〜)
■日 時:金曜13:00〜 土日祝13:00〜・15:00〜
■場 所:展示棟3階 科学技術館「実験ショーコーナー」
■内 容:
ボールを思い切り地面にぶつけたらどこまで跳ね上がるのだろう。どんな工夫をすればよく弾む? そんなことを考えながらボールをバウンドさせたことはない?バウンドにはとても面白い科学がひそんでいるんだ。 今回のサイエンスショーは跳ね返り、バウンドのヒミツにせまります。 いろんなもの、いろんな投げ方を試してみて、おもしろいバウンドをいっしょに発見しましょう。
■料 金:無料 ※常設展示観覧券が必要
■時 間:1回20〜25分程度

開演時刻 1回目 2回目
金曜日 13:00 -
土日祝 13:00 15:00

プラネタリウム
■プラネタリウム番組「ワンピースプラネタリウム」
プラネタリウム番組「ワンピース(新番組) □内容:
満天の星空と麦わらの一味の冒険の軌跡を体感!!
麦わらの一味と星空の航海へ!

■プラネタリウム番組「ジュラシックヒーローズ」
s_ジュラシックヒーローズ □内容:
甦った恐竜たちには地球を守る星空の警備隊として活動する使命があった。
彼らは無事地球を守れるのか!?

■プラネタリウム番組「スターリーテイルズ」
s_スターリーテイルズ □内容:
透明感あふれる作風で国内外に多くのファンを持つKAGAYAスタジオが、ギリシア神話の星座物語を全天周プラネタリウム番組として現代に蘇らせます。
ナレーターは愛媛県出身の水樹奈々さん☆

■投影スケジュール(10月)
  10:30 12:00 14:00 16:00
平日 (団体専用) ワンピース ジュラシック スターリーテイルズ
土日祝日 ジュラシック ワンピース ジュラシック スターリーテイルズ

博物館講座(10月開催)
〈天体観望会〉
●夏の星座と火星・土星
■日 時:10/13(土)19:30〜21:00
■対 象:小学生〜大人(小学生は保護者同伴 保護者の申し込みが必要)
■定 員:20名
■場 所:博物館天文台、研修室
■参加費:50円
■締 切:9/28(金)
■講 師:友の会天文クラブ
※曇天時:プラネタリウムで星空解説を行います。

〈大人のための科学講座〉
●万華鏡ワークショップ「世界に一つだけ オイル式オリジナル万華鏡の製作」
■日 時:10/20(土)13:30〜15:30
■対 象:高校生〜大人(小学生以上の子どもの見学可)
■定 員:20名
■場 所:科学工作室
■参加費:3,550円
■締 切:10/5(金)

〈産業講座〉
●宇和島九島で海について学ぼう〜
マダイ養殖見学・宇和海の鯨塚や水産業のお話〜

■日 時:10/21(日)10:00〜15:30
     約1.4km歩きます
■対 象:小学生〜大人(小学生は保護者同伴 保護者の申し込みが必要)
■定 員:20名
■場 所:宇和島市 九島、九島沖 ※現地集合
■参加費:50円
■締 切:10/5(金)
■講 師:広沢初志(宇和島漁業協同組合 代表理事専務)
※荒天時:10/28(日)に延期、10/28(日)も荒天の場合は中止
※岸壁から船の乗り降りがあります

10月の休館日
 2日(火)9日(火)15日(月)22日(月)29日(月)



museum88 at 08:45|PermalinkComments(0)clip!

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9102
(受付時間 平日10:00〜17:00)