2024年06月13日

【愛媛県美術館】R6年度アートの森プロジェクト「森のなぞ?なぞ?美術館V」

森のなぞ?なぞ?美術館


愛媛県美術館は、令和2年度より森林環境税を活用した「アートの森プロジェクト事業」をスタートさせました。毎年テーマを設けながら開催している森のなぞなぞ美術館も、ついに第5弾!今年度は、これまでの4か年の展示を振り返りながら、種田山頭火の「分け入つても分け入つても青い山」より、「わけいってもあおいやま」をテーマに開催します。

展覧会情報

1.展覧会名
R6年度アートの森プロジェクト
森のなぞ?なぞ?美術館V「わけいってもあおいやま」


2.内容
美術館では、令和2年度より、愛媛県の森林環境税を活用した「アートの森プロジェクト事業」をはじめました。毎年テーマを設けながら開催している森のなぞなぞ美術館も、ついに第5弾!今年度は、これまでの4か年の展示を振り返りながら、種田山頭火の「分け入つても分け入つても青い山」より、「わけいってもあおいやま」をテーマに開催します。様々な生き物や植生からなる山の奥深さに似た当館の多様なコレクションを、夏山をハイキングするように展示室で楽しんでみませんか。また、特別招待作家として、アニメーション、タイポグラフィ、書籍、また近年は砥部焼など様々なメディアを横断しながら、マンガを軸とした表現を展開している現代作家、西武アキラさんをお迎えします。西武さんの「山」にまつわる新作や新たな視点で解釈されたコレクション展示もお見逃しなく!

POINT!
【特別招待作家・Special Workshop 講師】
西武アキラ(実験漫画家)
アニメーション、タイポグラフィ、書籍、また近年は砥部焼など様々なメディアを横断しながら、マンガを軸とした表現を展開している。

3.会期
令和6(2024)年6月1日(土)〜令和6(2024)年8月12日(月・振休)
【開館時間】9:40〜18:00(入場は17:30まで)
【休館日】毎週月曜日(第1月曜開館、翌火曜休館・月曜日が祝日の場合は翌火曜休館)

4.会場
愛媛県美術館 本館2階 常設展示室1・2

5.イベント
【Special Workshop】☆
レンチキュラーで変化する森のいきものを作ろう

角度によって見え方が変わる素材、レンチキュラーを使用して、あなただけの森の生き物や植物をコラージュでつくりましょう。
【日時】7月21日(日)14:00〜15:00
【場所】本館1F 多目的ルーム
【講師】西武アキラ(実験漫画家)
【定員】15名 要申込、先着順
【材料費】500円

【Workshop】
額/装する Workshop☆

数多くの額を手掛けてきた額師風雅さんと一緒に、はがきサイズまでの〇〇(なんでもOK!)を額装します。
県産材の枠を使用した額をつくりながら、額装の面白さにワクワクしませんか。
【日時】8月4日(日)10:00〜12:00
【場所】本館1F 多目的ルーム
【講師】額師風雅
【定員】10名 要申込、先着順
【材料費】2,000円

【Workshop】
木曜 Workshop☆

「木」にちなみ、木曜日に週替わりでワークショップを行います。
30min 植物画観察 △茲みるパズル ブラインド・デート
【日時】7月25日(木) 8月1日(木) 8月8日(木)
各10:30〜11:30
【場所】本館2F 常設展示室
【進行】鈴木有紀(専門学芸員)
【定員】各20名 要申込、先着順 要観覧料 ※小中生は無料

【Lecture】
木の実は本へ落つ
展示はコレクションへ帰る

今回のコレクション展で紹介している作品についてお話しします。
【日時】6月29日(土)14:00〜15:00
【場所】本館1F 多目的ルーム
【進行】喜安嶺(専門学芸員)
【定員】20名 申込不要、参加無料

【Workshop】
夏休みイベント「とばせ!くるくる」

飛ぶ種のしくみを用いて紙を折り、2階から飛ばして、落下する様子を楽しみます。
【日時】8月11日(日)、12日(月・振休)
各日 10:30〜11:30、15:00〜16:00
※時間内に随時参加できます。
【場所】本館エントランスホール 申込不要、参加無料

☆のイベントの申込方法や詳細はこちらから


6.観覧料
【大人】330円(団体260円)
【大学・高校生】220円(団体170円)
※企画展チケットで本展もご覧いただけます。
※次の方は、無料でご覧いただけます。中学生以下 、満65歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名。

7.問い合わせ先
愛媛県美術館 学芸課 担当:喜安・鈴木・横尾
TEL.089-932-0010/FAX.089-932-0511

2024年06月05日

【徳島県立近代美術館】2024年7-9月展覧会情報

【展覧会情報(1)】
◇イベント名
特別展「大久保英治:辺境の作家 1973-2024」

◇会期
2024年7月13日[土]〜9月23日[月・振休]

◇内容
現代美術家・大久保英治(1944〜)の50年あまりにわたる活動を、初期の未公開作品から新作にいたるドローイング、オブジェ、インスタレーション、コラージュなどにより紹介します。本展では「時間」「自然」「歴史」「場所」などの観点から、ランド・アートにとどまらない大久保英治の創作を貫く本質に迫ります。

◇料金
【一般】800(640)円
【高・大学生】600(480)円
【小・中学生】400(320)円
◆( )内は20名以上の団体料金
◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
◆65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が半額になります。
◆小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の夏休み期間の観覧料が無料になります。
◆未就学児は無料です。
◆当展の観覧券で所蔵作品展もご覧いただけます。

大久保英治_Drawing and Transcription 8212_1982年_作家蔵

大久保英治 〈Drawing and Transcription 8212〉
1982年 作家蔵

※画像をクリックすると大きな画像で見られます


大久保英治

大久保英治 〈吉野川−場の刻 6/30・9/29・12/1〉
2012年 徳島県立近代美術館蔵

※画像をクリックすると大きな画像で見られます


大久保英治_支_2023年_作家蔵(高取町、市尾墓山古墳にて)_W1K

大久保英治 〈支〉
2023年 作家蔵 (高取町、市尾墓山古墳にて)

※画像をクリックすると大きな画像で見られます

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【展覧会情報(2)】
◇イベント名
所蔵作品展 2024年度供峪をめぐる表現」

◇会期
2024年7月27日[土]〜11月24日[日]

◇内容
流れる時間を美術の中に閉じ込めるとしたら、どんな表現が生まれるでしょうか。今回の所蔵作品展では、時間と関わりの深い作品をご紹介します。一瞬をとらえた作品から、スピードを表現したもの、長い時間を閉じ込めようとしたものまで、作家のねらいは様々です。時間という視点を手がかりに多様な表現をお楽しみください。

◇料金
※所蔵作品展 料金

所蔵競瓮奪張.鵐献А匱転車乗り〉_H1K

ジャン・メッツァンジェ〈自転車乗り〉
1911−12年 徳島県立近代美術館蔵

※画像をクリックすると大きな画像で見られます


所蔵饗湿絏擲戞厖戮蠻型沺

村上華岳〈踊り之図〉
1917年 徳島県立近代美術館蔵


------------------------------------------------------------------------------------------------------

【所蔵作品展 料金】
一般   :200(160)円
高・大学生:100(80)円
小・中学生:50(40)円

◆( )内は20名以上の団体料金
◆65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は観覧料が無料になります。
◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は観覧料が無料になります。
◆小・中・高生は土・日・祝日・振替休日、学校の夏休み期間の観覧料が無料になります。
◆大学生・一般は、祝日および振替休日の観覧料が無料になります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■会場名  徳島県立近代美術館 
■会場住所 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
■電話番号 088-668-1088
■URL    https://art.bunmori.tokushima.jp/
■開館時間 午前9時30分から午後5時
■休館日  毎週月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日、11月4日を除く)7月16日[火]、9月17日[火]、9月24日[火]、10月15日[火]、11月5日[火]

2024年05月31日

【愛媛県総合科学博物館】忍者イベント情報

イベントは中止・延期・内容変更となる場合があります。

新規イベント開催決定!!

忍者ショー「阿修羅」

【特別展関連イベント】
「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅 忍者ショー」

■日 時  6月23日(日)
       11:00〜11:30/13:00〜13:30/14:30〜15:00
       ※受付は30分前より
■場 所  多目的ホール
■料 金  1席500円
■定 員  各回先着300名
■内 容
特別展「シン・忍者展」関連イベント。伊賀忍者特殊軍団“阿修羅”とは、伊賀流忍術発祥の地、三重県伊賀市が世界に誇る、日本遺産※「NINJA」を世に広めようと、忍者の歴史の残し方、伝え方を追求している団体です。戦国時代に忍者が使用していた忍具(真剣、手裏剣、火薬)を活用した、迫力あるパフォーマンスを披露します。特別展見学とセットで実演をご観覧頂くことで、より一層忍者の世界をお楽しみ頂けます。

特別展「シン・忍者展」チラシ

特別展「シン・忍者展」
■日 時  4月20日(土)〜6月23日(日)
■場 所  企画展示室
■料 金  
□特別展のみ
 大人(高校生以上)900円/65歳以上の方800円/小中学生600円
□特別展+常設展
 大人(高校生以上)1,200円/65歳以上の方900円/小中学生600円
■内 容
「シン・忍者展」は、謎に満ちた存在の忍者や忍術を最新の史料で明らかにし、また現代の科学的アプローチやSTEAM教育「科学」「技術」「工学」「芸術・教養」「数学」をヒントに、多角的な視点で忍術を紹介します。体験装置や映像、パネル展示で遊びながら学ぶ事で現代に活かすことのできる忍者の知恵や知識を学び、忍者マスターを目指す特別展です。

展示内容
1.愛媛と忍者
伊予国(愛媛県)に伝わる忍者の活動を、史料をもとに紹介します。

2.忍者の歴史
忍者に関する史料をもとに、学術的な研究によって明らかになった「真実の忍者」の歴史を紹介します。

特別展「シン・忍者展」史料
3.忍者の道具
忍者が使⽤した道具(忍具)を展⽰。忍び刀や手裏剣、水蜘蛛など様々な資料を紹介します。
また、忍者の心得や武器の使い方を伝えた忍術書も展⽰します。

特別展「シン・忍者展」忍び足イメージ
4.忍者の知恵体験
いまだ謎の多い忍術を、STEAM教育の視点から横断的に探究し、忍術の修行と体験を通じて現代にも生かせる様々な知恵や知識を身につけます。
・Science 科学の忍術
・Technology 技術の忍術
・Engineering 工学の忍術
・Art 芸術・教養の忍術
・Mathematics 数学の忍術

5.忍者試験場
ここまでのSTEAM忍術修行をクリアして入手したバラバラの暗号を解読する最終ミッションに挑戦します。見事に合格すれば、STEAM忍者認定証が授けられます。

特別展「シン・忍者展」手裏剣
6.手裏剣体験
STEAM忍者の一員となって手裏剣を体験します。
また、フォトスポットではARで現れる忍者と一緒に記念撮影をしましょう。

特別展関連ワークショップ

特別展「シン・忍者展」ストラップ

特別展関連ワークショップ
「和風ストラップ」

■日 時  6月1日(土)〜6月23日(日)の土日
       10:00〜12:00/13:00〜15:30 ※受付は30分前まで
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回先着20名
■内 容  和柄のストラップを作ります。

特別展「シン・忍者展」手裏剣コマ

「手裏剣ゴマ」
■日 時  6月1日(土)〜6月23日(日)の土日
       10:00〜12:00/13:00〜15:30 ※受付は30分前まで
■場 所  エントランスホール
■料 金  300円
■定 員  各回先着20名
■内 容  手裏剣柄のコマに色を塗ります。

【プラネタリウム】

忍たま

「忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT やっぱり地球は回っていた!の段」

ある日、イタリア・ピサから来たという少年・レオ(ガリレオ)が現れる!天文学者のコペルニクスが記した「地動説」にまつわる本を読んでいたところだったという。忍術学園の遠眼鏡(とうめがね)で木星の衛星の動きを確かめたレオは、地動説の真実を知ることができるのでは、と考える。そんなレオの前に、あやしげな雰囲気をまとった乱太郎がやってきて…!?

6月特別展休館日
6月3日(月)、4日(火)、5日(水)、10日(月)、17日(月)




阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9104
(受付時間 平日10:00〜17:00)