2008年10月01日

「アントニ・タピエス展〜さあ、いっしょに考えよう。タピエス版画の世界〜」 | ミウラート・ヴィレッジ

企画展開催要項
「アントニ・タピエス展〜さあ、いっしょに考えよう。タピエス版画の世界〜」

外観イメージイメージ
 ▲イメージ

1.趣旨
 この度、スペイン現代美術の巨匠、「アントニ・タピエスの作品展〜さあ、いっしょに考えよう。タピエス版画の世界〜」を開催させていただくことになりました。
 ミウラート・ヴィレッジは三浦工業グループの創業者である故三浦保氏が企画し、建設した美術館です。氏は事業家として企業の拡大発展にその生涯を賭けると共に、一方で芸術活動に取り組まれ、多くの美術工芸品を収集されました。特に100点以上に上るタピエス作品を、生前、目にされ、手に入れられた折には、大喜びされたとのことです。
 氏が美術館完成を待たれずに、他界されたことで、残念ながら実現することはなかったのですが、美術館にこれらの作品を展示し、自らもオリジナルの陶板のデザインを楽しむひと時をと、想い描いておられたことは推測に難くないことです。解説や編集の協力を得て、タピエス展作品の内容を制作年代別等にまとめためた図録を制作させていただきました。諸手続きを含め、企画から約5年を掛け、一応の完成を見ることになり、どうにか展示会開催の運びとなりました。
 ご覧いただく方々に、「タピエス」がより身近に理解していただく機会になれば幸いです。


2.会期
2008年9月7日(日)〜11月2日(日)
休館日:月・火曜日(9月15日・23日、10月13日は開館)
時間:午前9時30分〜午後5時まで(入館は午後4時45分まで)   
          
3.会場
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)(松山市堀江町1165-1)  

4.主催
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)      

5.共催
株式会社ミウラ

6.後援(予定)
愛媛県教育委員会、松山市教育委員会、愛媛新聞社、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、FM愛媛

7.観覧料
一般800円(前売り600円)、高大生500円、小中生300円、未就学児無料

8.関連イベント
10月5日(日)15:00〜
三線を楽しむ会 (出演:宮古島三線クラブ)
※電話、FAX、メールにて要予約。入場料のみでご覧いただけます。

9.連絡先
三浦工業株式会社 ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)  
館 長:白石省三
副館長:本浄嘉章
担 当:学芸課 米屋、山本

〒799-2651 愛媛県松山市堀江町1165-1
Tel.089-978-6838 Fax.089-978-0323
E-mail fvbm2360@mb.infoweb.ne.jp

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

阿波銀行(別窓)百十四銀行(別窓)伊予銀行(別窓)四国銀行(別窓)
ミュージアム88カードラリーin四国運営事務局 伊予銀行 営業統括部内
〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地
TEL:0120-886-465 FAX:089-946-9104
(受付時間 平日10:00〜17:00)